ライターの活躍で企業の売上が変わる!?SNS案件のポイント

ライターの活躍で企業の売上が変わる!?SNS案件のポイント

ライティングの案件は幅広いので、TwitterやFacebookなどのSNSに投稿するための記事を執筆する案件もあります。以前、私自身もTwitterに投稿する記事は手掛けたことがあります。

それは、特定の商品について140字で紹介する内容の記事で、クライアントさんが一人でも多くの人の目に留まるように頑張って拡散してくれていました。今回のテーマは「SNS投稿の仕事を請けたときの対応」なので、企業がSNSを利用する理由やSNSの特徴、特徴に応じたライティングのポイントなどをお伝えします。

企業にとってSNSはとても重要な広告ツール!

個人的にSNSを活用した宣伝には、面白い情報を発信して購買意欲を促進するものとクーポンなどを配布して購買意欲を促進するものの2種類があると思っています。

この区別は難しく、いずれの性質も兼ね備えている広告が多数あるでしょう。ただ、ライターの功績によって売上が変わるのは前者に限られています。そのため、クーポンを配布する広告の多いLINEなどのSNSではなく、文章を発信するメールやTwitterなどがライターの主な活躍の場所となるはずです。

Twitterを使用した広告は企業にとっても重要で、たとえば、Twitterのタイムラインを見ていると広告もほぼ必然的に目に入ります。広告の個別ツイートに対して「この広告に興味がない」をタップすると表示されなくなりますが、非表示にする時点で一度はその広告を目にしているわけです。

加えて、気軽にリツイートできるTwitterの拡散力は、SNS随一といっても過言ではないでしょう。さらにTwitterの広告の料金システムは良心的で、タイムラインに広告を表示させても料金は発生せず、リツイートなどのアクションで料金が発生します。

つまり、ほぼ確実に多くの人の目に留まらせることができる一方で、商品やサービスに興味を抱く人がいた場合にだけお金が発生するので、効率的に宣伝できているといえるでしょう。

拡散力はSNS随一!?Twitterにおける注意点

Twitterユーザーにとっては、もはや“当たり前”といえそうですが、Twitterには字数制限があります。2017年11月から英語などでは280字に字数が拡大されましたが、日本語では1ツイートは140字に限られています。これは情報の錯綜する現代において必要な情報を厳選することを重視する開発者の願いが込められており、Twitterを利用した広告を執筆するうえでは「情報の取捨選択」がとても大切になります。

情報を取捨選択するには、まず情報をとにかく多く打ち出してみるのが大切だと思います。その次に、その広告に興味を持ってほしいのはどのような人かをイメージします。もしその分野について詳しい人をターゲットにしたいなら、思い切って基本と呼べる情報を斬り捨てていきます。逆に、その分野の知識が全くない人をターゲットにするならば、その分野の初心者になったつもりで、核となる情報以外を斬り捨てていくのが良いでしょう。

また、こちらもTwitterユーザーなら誰もが知っているように、ツイートには写真を添付することもできます。その写真の選別までライターが担当するかは事案によりけりでしょうが、ライターが写真を選ぶならば、奇をてらったものよりもその商品やサービスに関わるオーソドックスなものを選ぶことをおすすめします。

一部の人であれその写真を見た人が不快になるかもしれない写真は避けたほうが無難です。通常そのツイートを見る人の目に真っ先に入るのは文ではなく写真なので、頑張って文章を考えても写真が不快なものであればユーザーに読み飛ばされ、最悪運営に広告を通報されてしまいかねません。

信頼度の高いFacebook!記事執筆のポイントは?

私は執筆したことはないのですが、Twitter以外のSNSだとFacebookの案件があるかもしれません。基本的にFacebookはリアルの友人・知人でつながっているので、もし一人のユーザーが広告の内容に興味を持ちシェアした場合、それは信用性を持って広まっていくでしょう。

さらに、Twitterのユーザーは10~30代の若者が多いのに対し、実名で行うFacebookは30~50代が多いように感じます。そのため、Twitterのように砕けた文章ではなく、比較的硬い文章のほうがユーザーに好まれる傾向にあります。Twitterと異なりFacebookには字数制限はありませんが、簡潔な文章が好まれる点は共通しています。欲張らずに1つの記事では1つのテーマだけを扱い、言いたいことがきちんと伝わるように配慮しましょう。

企業のアカウントで公開される記事を執筆する案件もあれば、自分のアカウントで公開する記事もあるでしょう。公開までを担当する場合には、公開時刻にまで配慮することでより宣伝効果を高めることができるはずです。わざわざその時間に公開ボタンを押さなくても予約投稿で簡単に公開時刻を調整できるので、ターゲットに応じて時間を調節しましょう。

▼短い文章の案件も多くあります。
サグーワークスの詳細チェックと無料ライター登録はこちらから
468_60

こぶたのまとめ

Twitterに投稿する記事の作成のポイント

  • 情報の取捨選択が大切!
  • 写真を一緒に投稿するなら万人受けしそうなものを選ぶ!

Facebookに投稿する記事の作成のポイント

  • 簡潔な文章を心がける!
  • ターゲットに応じ投稿時刻を選ぶ!
ページトップへ戻る