子どもの貧困を解決できる?在宅ワークの可能性

子どもの貧困

現代は格差社会といわれていますが、格差の広がりに応じて子どもの貧困も増加傾向です。100円均一やファストフードなどの存在のおかげで、見た目的にはそれほど格差を感じさせません。むしろ、貧困家庭にある子どものほうがチャラチャラしていて遊んでいるといったイメージを持たれることもあります。

中学生くらいの子どもは貧困の中でものびのびと育つ傾向ですが、10代の半ばを過ぎたあたりから社会からドロップアウトをしかけるケースも出てきます。見た目では格差がわからないために、社会から放置されてしまうという問題が発生しているようです。

ここでは、子どもの貧困を在宅ワークが解決する可能性があるということを紹介します。

在宅ワークなら空いた時間で収入を増やせる?

資産を増やすための1つの方法として投資がありますが、投資では逆に資産を減らしてしまうリスクもあります。投資で失敗して資産を減らしてしまったら、ますます家計が厳しくなります。

在宅ワークは投資ではなく、働けば働くほど収入を増やせるものなので、ほぼ確実に家計の助けとなります。フリーランスという扱いになり、最低賃金の適用はありません。1時間仕事をすれば最低でも800円は稼げるといった保証がないことが最初のうちはデメリットと感じることでしょう。

しかし、1時間あたりの給料が設定されていないということは、逆に1時間で2000円以上の高い収入を得られる可能性もあるというメリットにもなります。特別なスキルや経験を持っていない人でもライターとして経験を積んでいけば高い収入を実現できる可能性があります。空いた時間で自由に仕事ができるので、家事や子育てで忙しい主婦の人にも向いています。

在宅ワークは子どもも働くことができる?

クラウドソーシングではほとんどのサイトで年齢制限がついています。サグーワークスの場合ですと、18歳以上(高校生不可)という条件を満たしている必要があります。上限年齢については設定されていません。

クラウドソーシングサイトに登録をするためには年齢条件を満たしている必要があるので、基本的には高校生以下の子どもは登録をすることができません。サイトによっては15歳以上という条件になっており、高校生ならばお小遣い稼ぎができることもあります。

年齢条件が15歳以上となっているクラウドソーシングサイトの場合、アプリをダウンロードしたり、無料の会員登録をしたりしてポイントを稼ぐようになっているので、どちらかといえばポイントサイトと呼んだほうが適切でしょう。

本格的にクラウドソーシングでお金を稼ごうと思ったら、やはり18歳以上でないと難しいようです。

プラチナライターになれば専属案件を任せられる

クラウドソーシングでライターの仕事をやっていると高い確率で直面する問題が、書ける案件がないということです。例えば、主婦の人が家事や子育てを終えて仕事にとりかかろうとしたところ、書ける案件が1つもなくせっかくの空いた時間を有効活用することができないということが起こり得ます。

この問題の1つの解決策としては、それまでやったことがないジャンルの案件にも挑戦をしてみることです。得意なジャンルを増やしていくことで時間を有効活用できる可能性が上がるでしょう。

また、サグーワークスのプラチナライターになれば専属案件の依頼を受けられるようになります。専属案件はその名の通り専属契約となるので、他のライターに先を越されるということがなく、時間があるときにじっくりと取り組むことができます。ただし、納期に間に合うようにしないと次の依頼が来なくなってしまうので注意が必要です。

子どもと一緒にいられる時間が増える

貧困家庭にある子どもは、夜に親が自宅にいないために一人で夕飯を食べている割合が多い傾向にあります。なにか困ったことがあったときに相談ができる親がすぐ近くにいるということは子どもにとって重要です。在宅ワークならば子どもの近くにいながらインターネットで仕事をして収入を得ることができます。

webライターの仕事でもスキルを向上させていけば、正社員として働いている人と同じくらいの収入を得られる可能性もあります。子どもと一緒にいられるようになり、収入も増えたなら一石二鳥です。

▼まずは無料ライター登録!サグーワークスはこちら
468_60

こぶたのまとめ

  • 在宅ワークなら確実な収入となる
  • 在宅ワークは18歳以上という年齢制限がついていることが多い
  • 専属案件はメリットが大きい
  • 子どもの近くにいられる

この記事をシェアする

ページトップへ戻る