専門分野を持っているwebライターは強い!

専門分野を持っているwebライターは強い!

専門分野の資格を持っていたり専門分野での経験が豊富だったりしたとしても、その人に適した仕事場が得られるとは限りません。仕事を得たとしても専門知識を活かせるとは限りません。また、転職が上手くいかないこともあるでしょう。

そういったことに悩んでいる人は、専門分野の知識や経験を活かして専門分野のwebライターになることをおすすめします。

ここでは、専門分野を持つwebライターになることの魅力について紹介します。

専門分野があることで仕事の依頼が来やすくなる

専門分野を持っているwebライターのメリットの1つ目は依頼が得やすくなることです。「この分野であればこの人」というように、その分野の仕事が発生した場合は、真っ先に依頼してくれるようになる可能性があります。

依頼する方としては、依頼したい分野について知識や経験をまったく持っていない人よりも、知識や経験が豊富な人に依頼した方が希望したレベルの記事を書いてくれることにつながると考えるのが普通です。もちろん、仕事の質は期待された以上のものを提供しなければ継続して依頼を受けることはできませんが、自分が得意な専門分野についてライティングするわけですから、一定以上の質を確保してライティングをすることは難しくないはずです。

webライターの生命線はどれだけ「あなたに記事を書いてほしい」という指名が得られるかにかかっているといっても過言ではないでしょう。専門分野を持っているwebライターであれば、指名を得る確率を高めることができますので有利に仕事を進められるでしょう。

専門分野での経験が文章に説得力を持たせる

専門分野を持っているwebライターのメリットの2つ目は、専門分野の経験が、書く文章に説得力を持たせることです。

今の時代、ネットで検索すればたいていのことは素早く的確に調べることができます。そのため、いくら専門分野について知識を持っているといっても、知識だけで他のライターと差別化をしていくことは難しいといえます。まったく専門知識がないライターでも、ネットで調べた情報をきれいに整理するだけで、一見専門家が書いたかのような記事に仕上げることができるのです。

しかし、専門分野を持っているwebライターには、ネットで知識を得るだけの素人ライターにはない強みがあります。それは経験です。専門分野での経験があったうえで、専門知識を活かして書く文章には説得力が生まれるものです。専門分野を持っているライターの強みは説得力がある文章が書けることでしょう。他のライターと差別化するためにも、専門分野での経験を活かして文章を書くように意識することをおすすめします。

ライティングを続けることで専門性を高めることができる

専門分野を持つwebライターのメリットの3つ目は、ライティングを続けることが専門性の維持向上につながることです。専門家といえども、その分野に関して勉強を続けなければ専門家として名乗り続けていくことは難しいでしょう。その専門分野で新しい知見が発表されればそれを勉強して取り入れていく必要がありますし、専門家同士のコミュニティーに参加して情報交換するといった形で専門性を保ち、人的なネットワークを維持する努力も必要です。

その点、専門分野を持つwebライターは、その分野に関する記事を書き続けることによって自然に知識レベルの維持向上ができる点がメリットといえます。ライティングを依頼されるテーマは、その時代を反映した新しいテーマであることも多いですので、必然的にその専門分野の新しい動向を把握してライティングする必要があります。そういった活動はそのまま、専門分野の新しい情報を仕入れて専門性をメンテナンスすることに直結するといえるでしょう。

▼専門知識がある人、「〇〇オタク」と名乗れる人、
webで記事を書くライターになりませんか?詳細はこちらから
468_60

こぶたのまとめ

  • 専門分野を持っているライターは依頼が来やすいというメリットがある
  • 専門分野での経験があることで書いた文章に説得力が生まれる
  • 専門分野に特化してライティングを続けることで専門性に磨きがかかる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ戻る