20代フリーターの平均的な貯金はどれぐらい?お金を増やすための効率的な方法とは

20代フリーターの平均的な貯金はどれぐらい?お金を増やすための効率的な方法とは

自分の好きなことを好きなだけできるのがフリーターの良いところですが、実際問題としてお金に困っている人は少なくありません。フリーターの平均年収はおよそ150万円だといわれており、将来的なことを考えると不安になる人もいるでしょう。

また、他人の貯蓄額はどれだけ仲の良い友人であってもなかなか聞けるものではありません。同年代の人がどれぐらいの貯蓄をしているのか気になっていてもわからないケースが多いです。

そこで、比較的フリーターの多い20代を中心とした平均貯蓄額とお金を効率的に貯める方法を紹介します。

気になる20代フリーターの貯蓄額はどれぐらい?

フリーターの平均貯蓄額については、ライフネット生命やITmediaビジネスが調査したものが参考になります。それらの調査資料によると、20代フリーターの平均貯蓄額は「50万円未満」と答えた人が最も多く、全体の70%程度となっています。

つまり、ほとんどの20代のフリーターには大きな貯金がないということです。実際に貯金がまったくないと答えているフリーターもおよそ20%います。たしかに、この世代は働き始めて間もない人が多いので、それ以上の世代と比べると貯金する期間が短いというハンデはあります。

また、ファッションや娯楽などによって出費が多くなりがちなので、貯蓄額が低いのは致し方ない部分もあるでしょう。しかし、同調査では30歳~34歳の平均貯蓄額の調査を行っていますが、20代の平均貯蓄額と大差ない結果となっているのです。つまり、フリーターとして長い間働くと20代の間だけでなく、将来的に貯金をするのが難しくなるといえるでしょう。

正社員も含めた20代の平均的な貯蓄額は?

金融庁の調査によると、正社員も含めた20代全体の平均貯蓄額は平均値で183万円、中央値で30万円です。平均値と中央値で大きな差がありますが、実態には中央値のほうが近いといわれています。

平均値では大きな貯蓄額を持っている人に左右されやすいですが、中央値ではそのようなことがないからです。つまり、20代全体の平均的な貯蓄額を中央値である30万円だと仮定すると、フリーターの平均的な貯蓄額と大差ないということがわかります。

一般的に20代は新入社員や若手が多く、管理職になっている人はほとんどいません。そのため、給与が大幅に上がっている人が少なく、フリーターとの収入差がほとんど生じていないためだと考えられます。20代のうちは正規・非正規に限らず50万円も貯金できない人が多いのが現実だといえるでしょう。

ただし、フリーターとそれ以外の人の格差は30代以降になってから開くケースが多いです。30代全体の平均貯蓄額の中央値は130万円程度に跳ね上がり、50万円未満の多いフリーターと比べると2倍以上になります。

お金を貯める2つの方法とは?

20代の間はフリーターも正社員も貯蓄額には大きな差がないことがわかりました。しかし、時給で働くフリーターは病気や会社の都合などでシフトに入れなくなると収入が減るため、貯金ゼロでいると危険です。

そのため、フリーターは20代のうちからコツコツとお金を貯めておくのが将来的に自分のためになるでしょう。お金を貯めるときの主な方法は「支出を抑える」「収入を上げる」の2つです。支出を抑える代表的な方法が「実家暮らし」だといえます。実家に住むことによって、家賃、水道光熱費、食費といったさまざまな支出を抑えられます。

住んでいる地域にもよりますが、これだけで月に数万円は節約できるでしょう。仮に毎月5万円節約できれば、それを全額貯金にまわすと年間で60万円になります。これだけで、平均貯蓄額50万円未満から脱出できてしまうのです。

収入を増やすためにはアルバイトの掛け持ちをする以外に、副業を行うという方法もあります。

副業は収入を増やすための効率的な手段

アルバイトと副業の違いは雇用関係にあるかどうかです。

一般的に会社に雇われて働く人をアルバイトやパートなどと呼び、自らが主体となって稼ぐ方法を個人事業(本業が別にあれば副業となる)と呼びます。アルバイトでは上司の指示を聞かなければいけませんし、シフトを組むときも自分の思い通りにならないときもあるでしょう。

しかし、自分が主体となって働くような副業であれば、いつ働くかを自分の思い通りにできます。アルバイトをかけもちするよりも気軽に始められるのです。

副業にはさまざまなものがありますが、最も簡単に始められるのがインターネットを利用したクラウドソーシングだといえます。そのなかでも、初心者でも問題なく始められて単価の高いお仕事としてwebライターという仕事があります。

サグーワークスはwebライティングに特化したサービスで、非常にわかりやすいのが特徴です。実際に多くのフリーターの人たちも利用しているので、これから副業を始めようとしている人は検討してみてはいかがでしょうか。

▼面接なし・テストなしですぐにwebライターとしてお仕事ができます!
まずは詳細チェック&無料でライター登録↓
468_60

参考元:
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1102/15/news073.html

こぶたのまとめ

20代フリーターの平均貯蓄額
・50万円未満が70%
30代から貯金額の差が大きくなるので、20代のうちからお金を貯める方法を実践しよう!

この記事をシェアする

ページトップへ戻る