誤用率が非常に高い「~たり」の用法!その正しい使い方とは!?

言葉は時代と共に変化していくものです。誤用とされてきた言い回しが、いつの間にか世間の共通語になっていたということも珍しくありません。

その一例として「~たり」の用法が挙げられます。これがどのように誤って使われ、そして、正しい使い方はどうであるかを説明していきましょう。

「~たり」の正しい用法を知っていますか?

「~たり」という言い回しは、日常でも頻繁に使用されています。問題はそれが正しく使えているかどうかです。

「先週の日曜日は本を読んだり、散歩をするなどして過ごしました」

上の文を読んで、何か変だと感じましたか?もし、どこがおかしいのかさっぱり分からないというのであれば、「~たり」用法を学び直す必要があります。

実は、この「~たり」というのは並列助詞、あるいは並立助詞と言って、「~たり、~たり」と繰り返すのが通常の使い方なのです。「飛んだり跳ねたり」や「寝たり起きたり」、あるいは「踏んだり蹴ったり」などといった言い回しは耳にしたことがありますよね?この「~たり~たりする」という表現には、同程度のことが繰り返し起こっていることを示しています。
したがって、先の文の正解はこうです。

「先週の日曜日は本を読んだり、散歩をしたりして過ごしました」

また、「たり」を使用しないのであれば、以下のように書き直すこともできます。

「先週の日曜日は、読書や散歩などをして過ごしました」

その他にも、「煮るなり焼くなり好きにしてくれ」の「~なり」や「嬉しいやら哀しいやら」の「~やら」も同じ使われ方をする並列助詞です。

「~たり」のもうひとつの用法

誤用の代表例として、どうして「~たり」という表現を取り上げたというと、間違って使っているケースが非常に多いからです。正しい日本語を使っていると誰もが思っているニュース番組ですら、後ろの「~たり」が抜け落ちていることが頻繁にあります。実際、用語集などでも「~たり~たり」は誤用率の高い用法だと指摘があるほどです。

しかし、なぜ、誤用がここまで広がっていったのでしょうか?

ひとつには、「~たり」は単独でも使用できる場合があるため、その用法と混同している可能性があります。

「先週の日曜日は本を読んだりして過ごしました」

この文には「~たり」が1度しか使われていませんよね?しかし、これは誤用ではありません。「本を読んだり」の後ろにそれと同類のことが他にもあることを暗示する副助詞的用法として、使用が認められているのです。「~たり」を複数回使用するのは、あくまでも具体例が複数ある時に限られます。これを混同して、「~たり」は繰り返さなくても別に良いのだと思いこんでいる人もかなりいるのではないでしょうか。

長文になるほど多くなる「~たり」の誤用

「~たり」の用法を間違って使用している原因としては、もうひとつの可能性があります。

「日曜日はいつも本を読んだり、近くの山に登ってそこから見える風景を楽しみながら散歩するのが日課となっています」

比較的短い文では違和感を覚える人でも、このような文章の場合には「~たり」がひとつしかないことを見落としてしまうことが多々あります。なぜなら、「本を読んだり」の後に続く「近くの山に登ってそこから見える風景を楽しみながら」の部分が長いために「~たり」の存在を忘れてしまうからです。

「日曜日は本を読んだり、近くの山に登ってそこから見える風景を楽しみながら散歩したりするのが日課となっています」

こう書くと、逆に、後半の「散歩したり」の「~たり」の存在に唐突感すら覚えますが、もちろん、こちらが正しい使い方です。しかし、実際には、長文になれば、なるほど間違った使い方が増えていく傾向があります。あまりにも間違いが多いので、「~たり」がひとつの方が正しい使い方なのかと錯覚してしまうほどです。

 誤用に対するライターの心構え

それでは、ライターの立場としては、この「~たり」の用法についていかに対処するべきでしょうか?誤用が一般的になっているのであれば、特に気にする必要がない、誤って使ってもさほど問題がないと思いますか?確かに、この誤用は世間的に広がりを見せています。
もしかすると、あと数十年もたてば、正式な用法として認められるようになるかもしれません。
しかし、実際にそうなるまでは、ライターは正しい用法を使い続けるべきなのです。

世間で浸透しているからといって、誤用に対して無頓着になると文章の意味に揺らぎが生じてしまいます。その言葉に対し、ライターと同じ認識の読者には分かってもらえたとしても、そうでない読者に対しては意味が通じにくくなってしまうでしょう。ライターの重要な役目のひとつに、必要な情報をできるだけ分かりやすく、できるだけ正確に、できるだけ多くの読者に伝えるということが挙げられます。そのためには、正しい日本語にこだわる必要があるのです。

ちなみに、ワードで記事を書く場合、「~たり」の誤用を防ぐことは、さほど難しいことではありません。間違った使い方をすると文章校正機能が働き、緑の波線を表示してそれを教えてくれるからです。したがって、この用法を正しく使えているか自信のない方は、提出前にワードで文章を表示し、チェックをしてみることをおすすめします。

▼誤用に気をつけて、ライティングしよう!
サグーワークスでライティング

こぶたのまとめ

正しい「~たり」の使い方

  • 同程度のことが繰り返し起こっていることを示している
  • 同類のことが他にもあることを暗示する副助詞的用法として使用する場合は1回OK

ワードで文章をチェックをしてみると、たくさん間違えがあるかもしれません!

みんなの感想文

この記事は役立ちましたか?
はい・・・10人 / いいえ・・・0人
  • 「たり」の使い方が、これほど奥深いものだとは想像もしませんでした。「〜たり、〜たり」と繰り返す必要があるのは知っていましたが、単独でも使用できる場合もあるのですね。これからは自分も気をつけてライティングをしたいと思います。
  • 「~たり」の正しい使い方は知っていましたが、自分が文章を書くときはそこまで意識して気を付けていなかったのでちょっと反省しました。用法のはなしより、心構えのはなしのほうが参考になりました。文章に限らず、普段から正しい日本語を使うように今後心掛けたていきたいです。
  • 「~たり」の正しい使い方が例文もあってわかりやすかったです。なんとなく知っているつもりでも、きちんと説明できるほどではなかったので、この記事を読んですっきりしました。また、世間に流されず正しい用法を使うべきだという考えには共感します。そのためにも、言葉の正しい使い方を勉強しようと思いました。
  • 「たり」という言葉は2回繰り返すことが一般的なルールであることを知りませんでした。確かに「飛んだり跳ねたり」と使っているので、なるほどなと感心しました。長文になればなるほど、「たり」を繰り返すことに意識をしたいです。
  • 自分も「~たり」を間違えて使っていましたので、とても勉強になりました。探してみれば他にも誤用が多くありそうです。ライターは正しい用法を使い続けるべきという言葉がとても印象に残りました。ワードで文章をチェックするというのはぜひやってみたいと思います。
  • 間違った用法を使用しているかは、チェックが難しいと思っていました。その都度辞書を引いて調べるわけにもいかず、四苦八苦しておりました。しかし、ワードでチェックするという方法は、当たり前のようでいて気づきませんでした。灯台下暗しとは真にこの事です。
  • 「~たり」の誤用率が多いと知り、自分も間違っていたことに気付きました。「~たり」は同程度のことが繰り返し起こっていることを示唆しているというのは覚えておきたいです。私も正しい日本語を心掛けて、これからライティングしていきたいです。
  • この記事を読んで自分も日本語の表現の使い方を間違えていたので非常に驚きました。同時に日本語の奥深さも感じることができ面白いなと感じましたが、今後はちゃんと日本語の用法を間違えないよう気を付けていきたいです。
  • 言い回しの誤用について、今まであまり意識していなかった点を教えて頂きました。ちょっとした誤用でも読み手に与える印象が大きく異なってくることに注意が必要だと感じました。自分のライティングについて見なおす良い機会となって良かったです。
  • 誤用率が高い「たり」の使い方について詳しく学ぶことができて、大いに参考になりました。過去の投稿記事を読み返してみると、こうした誤用が目立っていたので、今後はより慎重に使っていことう改めて肝に銘じました。
>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サグーワークス
ライティングで在宅ワーク!
                       
サグーワークスはweb上で気軽にできる、ライティングに特化した無料の記事作成ができる在宅ワークサービスです。在宅で好きな時間にお仕事できるので、すきま時間や副業などあなたの都合に合わせた稼ぎ方ができます!また、ライティングのテストを受けてプラチナライターになると、報酬もアップ!まずは、簡単なお仕事から始めてみませんか?いますぐ見に行く
ライター募集中