【主婦必見】仕事と家事や育児を両立したい!無理なく稼げるオススメの働き方

主婦の仕事

家事や育児に専念している主婦でも、家計を助けるために働きたいと考えるのは決して珍しいことではありません。自分に合った働き方を選んで、無理なく仕事を続けてステップアップをしている主婦はたくさんいます。

主婦が仕事を探すときは、家事や育児と両立できることなどを条件とするのが必須になります。その上で、必要な収入をしっかり得られる職業を選ぶことも大切です。主婦には時間的な制約もありますが、工夫次第でしっかり働くことも可能です。

今回は、主婦が働くときに押さえておきたいポイントやおすすめの仕事について紹介します。

主婦が仕事をする上で押さえておきたい3つのポイント

主婦が仕事をするなら、どのような仕事を選んだらよいのでしょうか。主婦は、仕事とともに家事や育児なども行う必要があります。主婦が仕事選びをする際に押さえておきたい3つのポイントについてみていきましょう。

その1:家事や育児と両立できること

主婦が仕事を探すときは、家事や育児と両立できる職を見つける必要があります。もちろん、夫婦共働きとなる場合は、家事や育児について夫に助けを求めることもできます。ただし、実際には、妻が家事や育児を行う割合が多くなるのが一般的です。

そのことを考慮すると、身体的・精神的に無理のない範囲でできる仕事でないと、主婦にとっては厳しいでしょう。睡眠時間を削るなど、極端な無理をすれば、残業ありのフルタイムでバリバリ働くこともできるかもしれません。

しかし、それでは、家庭環境や自分自身の健康に悪影響が出る可能性が高くなります。家族の日常生活を守るのも、主婦の大切な役割だと言えるため、余裕をもって取り組むことができる仕事を選ぶべきです。

その2:限られた時間で収入を得られること

主婦が仕事をするなら、限られた時間の中で収入が得られることも重要な条件となります。主婦は、家事や育児に多くの時間を割く必要があるため、長時間働くのは難しいです。とくに、育児では緊急事態が発生することも少なくありません。このことを考えると、時間の融通が利くということも大切です。

主婦が限られた時間の中で必要な収入を得るには、短い時間でしっかり収入が得られる仕事を選ぶ必要があります。具体的には、時給が低すぎる仕事は選ばないほうがよいでしょう。また、通勤に時間がかかる仕事も避けるべきです。通勤時間には給料が発生しないため、貴重な時間を無駄にすることになります。

その3:資格や得意を活かして続けられること

主婦の職探しでは、資格や得意なことを活かせる仕事を選ぶべきです。苦手なことを仕事にすると、うまくできないことでまわりの目が気になったり、たくさん叱られて精神的ストレスがかかったりすることもあります。

その上、仕事が忙しく、肉体的にハードであれば、長く続けることはできません。家計を助けることが働く目的である場合、働く期間が短くなってしまっては、まとまった収入を得ることができないという問題もあります。

一方、資格や得意なことを活かせば、無理なく長期的に仕事を続けることが可能です。うまく仕事をこなすことができれば、それだけ高時給の仕事に就ける可能性も高くなります。そうなれば、効率的に収入を得ることにもつながるでしょう。

フルタイム?それともパート?気になる主婦の働き方

仕事と家庭を両立するのは難しいと思う人も多いかもしれません。しかし、働き方によっては、仕事と家事や育児のすべてきちんとこなすことも可能です。さまざまな制約がある中で、主婦が無理なく働くには、どのような働き方をしたらよいのでしょうか。それぞれの働き方について考えてみましょう。

フルタイム(正社員・契約社員・派遣社員)

主婦の働き方として、フルタイムの勤務について考えてみましょう。フルタイムで働く場合は、正社員や派遣社員、契約社員として企業で働くことになります。フルタイムで働けば、毎月安定的に収入を得ることができます。

企業によっては、家庭の事情を理由に早退したり、定時で帰宅したりしやすいところもあります。また、仕事と家庭を両立している同世代の仲間と日常的に交流することもでき、刺激やヒントを得られることもあるでしょう。

しかし、フルタイムでの勤務となると、どうしても仕事を優先せざるを得ないこともあります。重要な会議や自分が主導しているプロジェクトなどがあれば、残業が必要なこともあります。

また、早く帰る予定をしていても、急ぎの仕事が入ることで帰れなくなることもないとは言えません。そうなると、仕事と家事や育児を両立するのは、とても大変です。

また、フルタイムで働くためには、パートナーからの理解が必要不可欠です。家事を分担し、子どものお迎えなどの育児についてもパートナーと協力することが大前提となります。

時短勤務(正社員・契約社員・派遣社員)

企業で働く場合、フルタイムでの勤務以外にも時短勤務という選択肢があります。時短勤務は、産休から復帰する場合や時短を条件に就業できる場合に、定時より早い15~17時に帰宅できるという制度です。働く時間が短くなる分、当然ながら給料は少なくなります。

しかし、それでも毎月安定的な収入を得られるというのは大きなポイントです。家に早く帰ることができるため、家事や育児にもしっかり対応することができます。

ただし、すべての企業が時短勤務の制度を導入しているわけではありません。時短勤務を条件に就職活動を始めても、希望するような企業に採用されない可能性もあります。また、仮に時短勤務で働くことができても、肩身の狭い思いをすることもないわけではありません。多くの人が遅くまで仕事をしている最中に、1人だけ早く帰宅することをよく思わない人もなかにはいます。

もちろん、会社の制度に基づいて時短勤務をしているなら、臆する必要はありません。しかし、会社で働いていると、そういった評判はどうしても気になってくるものです。

パートタイム・アルバイト

主婦として家事や育児を行っている人は、パートやアルバイトという働き方を選ぶことが多いです。パートやアルバイトは、正社員や契約社員よりも希望する仕事に就きやすいです。

また、シフト制であることも多く、時間の融通が利くというメリットもあります。正社員や契約社員などは、ある程度長期的に働くことを前提として採用されますが、パートやアルバイトは短期間の勤務も可能です。

ただし、パートやアルバイトでも、職場によってはシフトに自分の都合を反映できないこともあります。また、無理な労働を強いられることもないとは言えません。とくに、飲食店などでの勤務となれば、何時間も立ちっぱなしになるなど、肉体的な負担が大きいです。

さらに、パートやアルバイトの時給はピンからキリまでさまざまです。中には通勤手当が出ないこともあります。そのため、仕事を選ぶときは、働く時間と時給、通勤にかかる時間や費用をよく吟味する必要があるでしょう。

フリーランス・在宅ワーク

主婦として働くなら、フリーランスや在宅ワークで働くという方法もあります。資格や技術があれば、家にいながら働くことが可能です。家での仕事なら、通勤時間を確保する必要がありません。また、働く時間帯にも縛りがないため、家事や育児の合間のすきま時間を活用し、無理なく仕事を進めることができます。

とくに、インターネット上のサービスを経由すれば、すぐに仕事を探すことができます。家で自分のペースで仕事に取り組むことができるため、身体的にも精神的にも負担が少ないです。フリーランスや在宅ワークは、家事や育児と両立するのに一番適した働き方だと言えます。

ただし、フリーランスや在宅ワーク向けの仕事として募集されている案件の中には、単価が低いものもあるため注意しましょう。自分のレベルや作業できる時間を見極めて、満足のいく収入が得られるような仕事を見つけなければなりません。

また、フリーランスや在宅ワークは基本的に源泉徴収がないため、自分自身で確定申告を行う必要があります。税の仕組みは複雑で、初めての確定申告に苦戦する人は多いです。

とはいえ、税務署などに相談すれば、きちんとした方法を教えてもらうことができるため、早めに準備すれば問題が起きることはありません。

求人にはどんなのがある?主婦むけの仕事・職種

主婦向けの仕事には、どのような求人があるのでしょうか。働き方によっては、収入にも大きな違いがあります。どの程度の収入が見込めるのかというポイントに触れながら、主婦が働くことができる求人について確認してみましょう。

一般企業の営業や事務職

一般企業での仕事を選べば、正社員や契約社員、派遣社員などとして働くことになります。フルタイムで働くことをいとわないのであれば、多くの企業の幅広い職種の中から仕事を選ぶことが可能です。

こういった仕事を選ぶと、安定的にある程度しっかりした収入が得られる期待をもつことができるでしょう。求人が多い職種を大別すると、外勤では営業職、内勤では企画職や事務職があります。

また、フルタイムで主婦に人気が高い仕事の平均年収をあげると、保険の外交員は407万8000円、営業サポートは318万円、人事は478万円、一般事務は252万円、旅行会社の店舗販売員は400万円前後などとなっています。

さらに、常にいずれかの職種の求人を出しているという企業も多く、選べる仕事の幅は非常に広いです。たとえば、メーカー、IT・インターネット、不動産、金融などさまざまな業種の中から仕事を選ぶことができます。そのため、自分の興味や得意分野を生かしやすいというメリットもあります。

長く働けば、責任ある仕事を任せてもらうこともできるため、やりがいを感じながら働くこともできます。

スーパー・飲食店のスタッフ職

パートやアルバイトには、いろいろな種類の職種があります。時給は地域によって異なりますが、パートやアルバイト全体の平均時給は、たとえば、東京都では1091円となっています。

具体的には、スーパーやコンビニのレジ打ち・品出しなら1030円前後、ファミレスや居酒屋のホールスタッフなら1070円、ファミレスや居酒屋のホールスタッフなら1052円です。東京近郊の首都圏であれば、パートやアルバイトの時給が1000円を超えていることが多いです。

しかし、地域によっては、パートやアルバイトの時給が低いこともあるため注意が必要です。あまりにも時給が低すぎると、満足のいく収入が得られないこともあるでしょう。パートやアルバイトを選ぶなら、なるべく時給が高く、通いやすい場所で働くことを条件とすべきです。

その上で、仕事内容について「多くの人と接したい」「もくもくと作業したい」といった大まかな希望を叶えられるような仕事を探すと、無理なく続けることができます。

デザイナーやライターなどのクリエイティブ職

フリーランスや在宅ワークには、年収や時給などといった概念はありません。1つの案件を納品するごとに、その仕事に対する対価を受け取ることができます。

たとえば、デザイナーなら、ロゴデザインは1万円以上、バナーデザインは5000円以上が単価の相場です。また、Webデザインなら、相場が5~10万円を超えることもあります。また、イラストレーターであれば、A4のカラー原稿1枚で11783円が相場となります。さらに、プログラミングができるなら、プログラマーとして活動することが可能です。

使用する言語や実績といったスキルにもよりますが、月の手取りとして40~60万円の報酬が得られます。

なお、こういった特別な技術がなくても始めやすいのは、記事を書くライターです。雑誌など紙媒体への執筆なら1件5000円以上、取材も行う必要のある記事なら1万円以上が目安となります。こういった案件以上に始めやすいのは、Web上に掲載される記事の執筆です。

Web上には、生活、美容・健康、ファッションといったさまざまなジャンルを取り扱うメディアがあるため、ライターの需要は高いです。Webライティングは、文字単価で計算されることが多く、1文字0.3~1円前後が相場となっています。

ただし、それぞれの単価の相場はあくまでも目安です。クリエイティブ職の単価は人によって大きく差が開いていることが多く、実力を示して交渉を行い、大幅に単価をアップさせることも可能です。

▼Webライターならサグーワークス!無料ライター登録はこちら
468_60

仕事探しはネットで!主婦向けの仕事の探し方

実際に主婦が仕事を探すときは、インターネットを利用すると便利です。インターネットを活用すれば、家事や育児が忙しくても、ちょっとした時間で自分に合った仕事を検索することができます。

フルタイムや正社員はエージェント

求人の探し方としては、求人サイトに登録し、条件に合う求人を自分で探して応募するという方法もあります。しかし、求人サイトはフルタイムの求人数が少なかったり、自分にとって好条件の求人が見つからなかったりすることもあります。

そのため、フルタイムの仕事を探すなら、転職エージェントを利用するとスムーズです。転職エージェントとは、いわゆる人材紹介サービスのことです。

転職エージェントを利用すると、スタッフが転職の相談に乗ってくれたり、条件にマッチした求人情報を紹介してくれたりします。転職エージェントからは、ほかにはない好条件の求人情報が紹介されることも多くあります。

また、採用可能性の高い求人が紹介されるため、就職活動が効率よく進むでしょう。なお、転職に限らず、ブランクがある人でも利用できます。さらに、転職エージェントは、人材を採用したい企業から報酬を受け取る仕組みとなっているため、求職者は最初から最後まで無料で利用することが可能です。

パートやアルバイトなら求人サイト

パートやアルバイトの求人を探すときは、求人サイトを利用するのがよいです。それは、企業がパートやアルバイトの求人を募集する際は、求人サイトで募集を行うのが一般的だからです。パートやアルバイトの募集が掲載されているサイトにはたくさんの種類があります。

たとえば、主婦向けの求人に特化しているサイトや特定の地域のみの求人を扱っているサイトなどさまざまです。

自分の求める条件に合う求人が多く掲載されていそうなサイトを選べば、仕事探しが効率的に進みます。なかにはアプリをダウンロードできる求人サイトもあります。これを活用すれば、家事や育児の合間にスマートフォンから手軽に求人情報を探すことができて便利です。

なお、パートやアルバイトの求人は、直接店舗などに貼り出されていることもあります。家の近所でパートやアルバイトの募集をしている店舗がないか、普段から目を光らせておくことも大切です。

フリーランス・在宅ワークは直接登録

フリーランスや在宅ワークを選ぶ場合は、企業やスキルを求める人が発注を行うサービスに登録すると仕事を見つけやすくなります。

とくに、デザインやプログラミングといったスキルを活かしたいなら、クラウドソーシングサービスを利用するとよいでしょう。クラウドソーシングサービスに登録すると、たくさんの案件の中から自分のスキルに合った案件を見つけて応募や提案を行うことができます。

専門的なスキルがないという人でも、ライターとしてならすぐに活動を始めることが可能です。ライターは未経験でもパソコンさえあれば始められる仕事なので、自分の力を試しながら取り組んでいくことができます。過去に編集などの経験があれば、クラウドソーシングサービスで仕事を探すことも可能です。

ただし、クラウドソーシングサービスに掲載されている案件を受注すると、それぞれ別の発注者とやり取りを交わすことになります。顔や素性がはっきりしない相手とやり取りをすることに抵抗がある場合は、記事を直接投稿することで稼げるサービスを利用するとよいでしょう。

家でできる仕事も!主婦にオススメの仕事ランキング

主婦が無理なくお金を稼ぐには、どの働き方がベストなのでしょうか。ここでは、忙しい主婦が無理なく働くことができる仕事ベスト3を紹介します。いずれも、無理せず毎月5~10万円程度を稼ぐことができる仕事です。

1位:Webライター

主婦が無理なく働くことができる仕事の1位は、Webライターです。Webライターは、日本語の文章さえ書けるなら誰でもなることができます。

パソコンがあれば、いますぐ始めることも可能です。家で仕事の全てを完結させることができ、記事を納品することで報酬が発生するため、提出期限内であれば自分のペースで仕事に取り組むこともできます。時間の融通がきくので、幼い子供の世話をしながら10~20分のスキマ時間を活用して、コツコツ作業を行うことも可能です。

お小遣いとして月5万円以下の収入を目指すのもよいですし、より多くの時間を費やして月10~20万円を稼ぐこともできます。自分の頑張り次第で収入を調整できるのも嬉しいポイントです。より高単価の案件を得ることで収入が増し、主婦がフリーランスや自営業として開業するケースも多くあります。

2位:事務スタッフ

主婦が無理なく働くことができる仕事の2位は、事務スタッフです。具体的には、経理サポート、データ入力、営業サポートといった仕事があります。仕事内容の専門性が高いわけではないため、一般的なビジネスマナーさえ身に付けていれば気軽に始めることができます。座っての作業がほとんどなので、体力的な心配も必要ありません。

もともと主婦に人気のある職種であるため、同じ境遇で仕事と家事や育児を両立する仲間に出会うことができる可能性も高いです。

企業によっては、業務委託など時短勤務ができるポジションとして求人を出しているところもあります。未経験の場合は、マイクロソフトオフィススペシャリストなどの資格を取得すると、スキルのアピールにつながります。

3位:受付スタッフ

主婦が無理なく働くことができる仕事の3位は、受付スタッフです。受付スタッフの仕事は、クリニック、薬局、不動産の展示場など、さまざまなところで募集されています。事務スタッフ同様、一般的なビジネスマナーが身に付いていれば問題ありません。

仕事内容も事務スタッフと似ていますが、よりお客様と接する機会が多いのが特徴です。

また、動き回る必要がほとんどないため、体力的に自信がない人でも安心です。さらに、基本的には専門的な知識がなくても始めることができます。もし余裕があれば、医療事務や調剤薬局事務など、安価かつ短期間で取得できる資格を取っておくと、より採用される可能性が高まります。

主婦が持っておくべき資格3選

仕事を始めるなら、資格があると有利になることも多いです。特にブランクがあったり、まったく未経験の仕事に応募したりする際は、資格が仕事を得るための突破口となるかもしれません。主婦がもっておくべき資格を3つ紹介します。

1:マイクロソフトオフィススペシャリスト

マイクロソフトオフィススペシャリストとは、Word、Excel、PowerPointなどのオフィス製品の利用スキルを証明する資格のことです。パソコンを使用する事務系の仕事に就きたい場合には、ぜひ取得しておきたい資格です。

とくに、事務職未経験なら、この資格を取得することで、スキルをアピールすることができるでしょう。なお、ライターとして活動する際も、Wordなどのオフィス製品を使いこなすことができれば、作業がスムーズになります。すでに独学でオフィス製品を使いこなしているなら、簡単に取得することができる資格です。

2:医療事務・調剤薬局事

医療事務や調剤薬局事務の資格を取得すれば、クリニックや薬局で働く際に有利になります。資格がある場合とそうでない場合で、給料に差が出ることも多いです。調剤薬局事務の資格は、学習すべき内容が「薬剤」に限定されています。

一方、医療事務は、「薬剤」のほか、「処理」「手術」「入院」といった幅広い内容を学習しなければなりません。そのため、まずは調剤薬局事務の資格を取得し、そのあとで医療事務にも挑戦するという流れを踏むとスムーズです。

3:簿記

簿記は、会計や経理業務の基礎知識です。そのため、簿記の資格を取得すれば、事務職の中でも、会計や経理業務といった専門性の高い業務のサポートが可能になります。

こういったサポート業務は資格がなくても採用される可能性がありますが、1つの求人に簿記の資格がある人とない人から応募があった場合は、有資格者が優先的に採用される傾向があります。

また、資格があることで、より高時給の求人に採用されることもあります。まずは、比較的簡単に取得できる、簿記3級の取得を目指すとよいでしょう。

主婦の仕事はほどほどに?扶養控除・社会保険料の基準に注意!

主婦が働くときは、年収に気をつける必要があります。それは、「130万円の壁」や「103万円の壁」と呼ばれる、社会保険料や税金の支払に関する基準があるからです。

まず、主婦の年収が130万円を超えると、夫の社会保険の扶養から外れることになります。そうなると、主婦は、年金や健康保険料を自分で支払わなければなりません。金額は状況によって異なりますが、年間の年金や健康保険料を概算すると、約20万円にもなります。

これほどの金額を負担しなければならないとなると、主婦は慎重に計算しながら仕事をする必要があるでしょう。なお、夫が大企業に勤めている場合は、この制度が適用になる基準が106万円となるため、仕事を始める前によく確認しておくべきです。

また、主婦の年収が103万円を超えると、夫が支払う税金において配偶者控除を受けることができなくなります。控除が受けられなくなると税金の計算の基準額が高くなるため、必然的に夫が支払うべき税金の金額が多くなります。

たとえ数百円でも基準を超えてしまうと、扶養控除や配偶諸控除が受けられなくなってしまうため、注意が必要です。

主婦業と両立するなら無理なく収入を得られる仕事を選ぼう!

主婦が仕事をするときは、家事や育児がおろそかにならないようにバランスをとることが大切です。夫の理解がどの程度得られるかにもよりますが、家庭内でしっかり相談して、協力できる体制づくりをしましょう。

また、主婦が仕事と家庭の両方を頑張り過ぎると、肉体的・精神的なストレスが大きくなることもあります。そのため、自分が無理なく長く続けられる仕事を選ぶことが最も重要です。

すべての条件を完全に満たすのは大変かもしれませんが、優先順位を決めて自分に合った仕事を選びましょう。

この記事をシェアする

ページトップへ戻る