大学生にオススメ!忙しい大学生でもすき間時間で稼げる在宅バイト4選

大学生にオススメ在宅バイト4選

遊びやデート、サークル活動など、大学生は何かとお金がいる時期です。しかし、ゼミや部活で時間を取られてしまい、バイトのシフトを入れづらい学生もいるのではないでしょうか。

そんな学生には在宅バイトがおすすめです。在宅バイトなら、拘束時間が短いので忙しい毎日の隙間で仕事ができます。また、高単価の在宅バイトも多いので効率よくお金を貯められます。この記事では、在宅バイトのメリットや、仕事内容について解説していきます。

在宅バイトの魅力とは?

在宅バイトの魅力として、「家で好きなタイミングでお金を稼ぐことができる」「未経験でもできる仕事がある」などのポイントが挙げられます。ただし、他のバイトと比べてデメリットを感じる瞬間もあるでしょう。特徴をしっかり踏まえて、大学生にとって正しい働き方を見出せると在宅バイトは非常に便利です。

メリットについて

在宅バイトのメリットは「パソコンだけで稼ぐことができる」点です。在宅バイトにはさまざまな種類があり、以前は「シール貼り」「造花づくり」などの単純作業が中心でした。しかし、時代とともにパソコンを使った作業が在宅バイトを占めるようになりつつあります。

とはいえ、難しいスキルが要求される仕事ばかりではないので、自分のレベルに見合った作業から始めてみるといいでしょう。最初は簡単な仕事でペースをつかみ、徐々に難易度の高い仕事へと切り替えていくのがおすすめです。

在宅バイトは、求められるスキルと単価が比例する傾向が顕著です。スキルがつけばその分収入が増えるので、向上心を持って取り組めるのが魅力といえます。また、在宅バイトを通してパソコンやインターネット、ソフトウェアなどの知識も学べます。これらのスキル、知識は社会に出て役に立つことが多く、就職活動にも有利になる要素です。

在宅バイトは、他のバイトのわずらわしい問題も解消してくれます。たとえば、職場の人間関係に苦労したり、ノルマや制限時間に追われながら仕事をしたりするバイトにうんざりしている学生も多いでしょう。在宅バイトは自分のペースで作業ができるので、プレッシャーから解放されます。

また、隙間時間にできるのでバイトを続けやすくなります。締め切りさえ守っていれば、深夜にバイトしようと、早朝にバイトしようと誰からも文句は言われません。学校の休み時間に作業するのもアリです。好きなことを犠牲にせずできる在宅バイトは、学生にぴったりの内容です。

デメリットについて

どんな仕事にもデメリットはあり、在宅バイトも例外ではありません。たとえば、「経験を重ねないと多くは稼げない」のはデメリットのひとつでしょう。在宅バイトは精度を求められる仕事が多く、一定の質をこなせなければ仕事を回してもらえません。そのため、初心者には複雑なスキルを必要としない作業が推奨されます。専門性の低いバイトはこなすのも楽ですが、そのぶん単価も安くなります。まずは、地道に簡単な作業をこなし、能力を身につける努力をしましょう。

次に、「自己管理の必要性」が問われるのも在宅バイトならではの問題です。お店や工場のバイトでは、指示を出してくれる上司がいます。わずらわしく感じられる瞬間もあるものの、「仕事を導いてくれる」という意味では楽ともいえます。在宅バイトでは自分で自分のモチベーションを高めて作業しなくてはいけません。「遊びに行きたい」「ゲームをしたい」などの誘惑に打ち勝ち、誰も見ていない状況で仕事をするのが苦手な人もいるでしょう。

パソコン作業が苦手な学生は、はじめのうちがつらく思えるでしょう。そして、作業時間でプライベートの時間がとられるのも覚悟する必要があります。特に、自分の不得意分野を受注してしまうと、作業にかかる時間はますます長くなり、予定に支障をきたします。

逆に、自分の得意分野を受注したり、経験を重ねてスキルアップしたりできたなら、在宅バイトは非常に楽だと思えるでしょう。

在宅バイトで気をつけるべきこと

在宅バイトは他のバイトと比較して、特殊なポイントがたくさんあります。うっかりしていると、後々トラブルに発展しがちです。以下のような問題を考慮して、安全に在宅バイトを進めていきましょう。

税金について

毎年、2月から3月にかけて「確定申告」があり、日本国民は収入に対して一定の割合で所得税を納めなければいけません。もちろん、バイトで得た収入も確定申告の対象です。ただし、通常、多くのバイト先では税金分の金額を差し引いて給料を支払ってくれています。

しかし、在宅バイトの給料システムはクライアントやクラウドサービスによってさまざまです。場合によっては、大学生が自分自身で確定申告を行い、税金を納めなければいけません。給料がどのような流れで支払われるのかは、十分に調べておきましょう。

在宅バイトである詐欺とは?

在宅バイトには「内職商法」と呼ばれる犯罪が潜んでいます。作業を行ったにもかかわらず、対価が支払われない事件は後を絶ちません。よりひどい悪徳業者になると、大学生や主婦を対象にして「お金をだましとる」こともあります。在宅バイトに登録した人に「まずは教材を買い取ってください」「作業に必要な材料費を買ってください。

費用は給料に含めます」などと触れ回り、お金を入金させます。しかしその後、お金が返金されることはなく、業者も姿をくらましてしまうのです。こうした詐欺には引っかからないよう、信頼できる業者を見つけましょう。

在宅バイトは成果報酬制が多い

在宅バイトの多くは「成果報酬制」を採用しています。これは、行った作業の質に対して相応の対価を支払う仕組みです。時給制のように、拘束された時間に対して給料が支払われるわけではありません。そのため、同じ作業を行った2人でもそれぞれ報酬が変わってくるという事態も起こりえます。

また、非常に作業時間がかかった仕事でも当初設定された以上の報酬は支払われません。クライアントが「作業に満足できない」と考えれば、報酬が支払われないケースすらありえるのです。クライアントの求めるレベルを踏まえて、能力に合った仕事を選ぶようにしましょう。

在宅バイトを選ぶ際は報酬に注目!

単価が安すぎる在宅バイトも考えものですが、報酬が高額すぎるかどうかもチェックしたいところです。報酬が高いと喜んでしまいがちですが、相応のスキル、知識が求められるともいえます。本人にそれだけの能力があるならともかく、引き受けてから「できません」と答えてしまうと大きなトラブルになりかねません。

また、作業が簡単であるにもかかわらず報酬が不自然に高いときは詐欺の可能性も疑いましょう。作業内容と報酬のバランスが取れている仕事に申し込むのが理想です。

働く上で見ておくべきこと

在宅バイトは一人で仕事をするので働く環境が重要です。分からないことがあってもなかなか人に聞けないので、在宅バイトをするなら仕事の進め方や支払い方法、ノルマがあるかどうかなど疑問点をきちんと確認しておきましょう。ノルマが厳しいバイトで、毎日の負担が大きくなるような事態は避けたいところです。

働き方と支払い方法が明確かどうか

在宅バイトではまず「働き方」について確認をしましょう。「在宅バイト」の利点は拘束時間が短く、パソコン1台で作業を進められる点です。多くの在宅バイトがそれらの点をPRしていますし、だからこそ忙しい大学生も在宅バイトに惹かれるわけです。

しかし、バイトの募集要項をよく読めば、まったく「拘束時間が短い」とはいえない場合があります。また、バイトに登録してから理不尽な現実に直面することもありえます。

たとえば、「1日8時間は絶対に作業をしてほしい」「週5日は対応してほしい」などの条件が書かれていたとすれば、普通に拘束されている状態と変わりがありません。それに、バイトを始めてみるとクライアントから頻繁に連絡が来て、自分の時間を持てなくなるのも「話が違う」状況でしょう。

こうした働き方は、「楽でマイペースに仕事ができる」と期待して登録した大学生の希望とは真逆です。在宅バイトの実状は、登録する前に深く調べておきましょう。

また、「報酬の支払い」も在宅バイトでよくもめる点です。「報酬は時給なのか、成功報酬なのか」「どの時点で支払われるのか」「締日と支払日はいつなのか」など、気をつけるべき要素はたくさんあります。在宅バイトのサイトでは作業に応じて「ポイント」が加算されていくシステムも広まっており、ポイントが貯まったら自分で換金するなどして報酬を得ます。換金システムについても理解しておかなければ、せっかくの報酬が支払われないまま終わる事態を招くでしょう。

ノルマはあるの?

学生にノルマがある在宅バイトはハードルが上がってしまいます。ノルマ達成のため、クライアントからプレッシャーをかけられますし、仕事のクオリティも高くしなければいけません。ともすれば、他のバイト以上の集中力、体力を使うことになるので、まったく「楽なバイト」とは呼べなくなるでしょう。マイペースで稼ぎたい人は「ノルマなし」の職種を選ぶと、精神的にリラックスして在宅バイトを続けていけます。

まず、在宅バイトの定番であるwebライターはおすすめです。webコンテンツ用の記事を作成する仕事で、編集者が記事の概要を投げかけてくれるため、取材や企画まで行う必要はありません。

基本的な文章力さえあれば、未経験者でも一定の報酬は得られます。執筆に締め切りはあるものの、そもそも1記事あたりの文章量が少ないので、無理をしなければこなしていけます。執筆に慣れ、質とスピードが向上するにつれて報酬も高くなっていくでしょう。

「テレワーク」と呼ばれる、電話を使った仕事もノルマとはほぼ無縁です。テレワークでは、「消費者センターのオペレーター」など、電話対応を中心とした仕事が人気です。マニュアル通りに仕事を進めればいいので、初心者でも比較的早く仕事を覚えられます。ただし、企業によっては在宅バイトにも厳しく教育されることがあるので、志望先の選び方は大切です。

人気の在宅バイト4選!

ここでは、在宅バイトの人気職を見ていきましょう。いずれも「仕事のやりやすさ」「報酬」などの魅力があるバイトです。自分の性格、資質に合ったバイトを選び高額報酬へとつなげましょう。

データ入力のバイト

データ入力とは、指示された数字、文章をその通りに入力していく作業であり、パソコンを使った「内職」ともいえます。ただし、タイピングの精度やスピードは飛躍的に向上するので、社会で役立つスキルを伸ばせます。データ入力は1字1円に満たない案件が多いバイトですが、数をこなせるので努力次第で1時間1000円以上の報酬が期待できます。コツコツと地道に努力できる人向きの仕事といえるでしょう。

モニターバイト

モニターバイトでは新商品、試験薬などを使用して、感想や反応を伝えます。化粧品や医薬品が開発されるプロセスを体験できるので、業界に興味がある人には勉強になるでしょう。モニターバイトの報酬はさまざまであり、医薬品など人体に影響をおよぼす可能性がある仕事に関しては1日10000円を超えることもあります。とにかく短期間で高収入を得たい人にはおすすめです。

採点バイト

予備校などで行った試験について「採点」や「添削」を行うバイトもあります。単に解答の成否だけをチェックする「採点」と、コメントまで添える「添削」では単価が変わります。ただし、採点が1時間で1000円前後稼げるとして、添削は単価が上がる分、1枚当たりの時間もかかるので、総収入はさほど変わらない可能性があります。ただし、「時給制」を導入しているバイトでは「添削」が稼げるでしょう。几帳面で集中力に自信がある人にはおすすめのバイトです。

ライティングのバイト

在宅バイトではさまざまな「ライティング」の仕事があります。ブログの代筆、説明書の作成、インタビュー記事からwebメディア用の記事まで、仕事の豊富さでいうと在宅バイトの中でもトップクラスでしょう。

報酬は作業の難易度によって変わり、1字0.1円ほどの安価なものから、1字5円の高額案件まで募集されています。そのため、1日に10000円以上稼ぐことも可能なバイトです。文章力に自信があるだけでなく、クライアントとのコミュニケーションにも問題がない人に向いているでしょう。

大学生おすすめ!ライターのバイト

大学生が行う在宅バイトとしては、ライティングが理想的でしょう。収入が悪くないうえに実践的なスキルも身につきます。以下、口コミをまじえながらライター業のメリットを深く見ていきましょう。

ライターのバイトをしている大学生の口コミや体験談

大学生で在宅バイトのライターをしている人は少なくありません。以下、大学生ライターたちの口コミをまとめてみました。期待と違う面もあったようですが、自分なりの働き方を見つけられると楽しい仕事になるようです。

  • 「誰にも縛られない。自分のペースで仕事ができる
  • 「文章を書くのは好きだったが、書きたい文章ばかり書けるとは限らない」
  • 「ボツになったり、添削を受けたりする基準が分かりません」
  • 「いくらでも文章を書けるので、まったく苦痛にならない」
  • 「編集者が親切。記事の方向性を丁寧に教えてくれる」
  • 「スキルが上がれば、時給換算で他のバイトよりもはるかに稼げる」
  • 「気分が乗らない日は全然仕事にならない」
  • 「国語力があまり関係ないと思った。大切なのはクライアントに応える能力」
  • 「仕事を続けていて、文章力や読解力が上がったと感じる」

ライターは稼げるの?

本来、ライターとは文章力、取材力、企画力など多角的な資質が求められる仕事です。それらに加えて、独自の視点を生み出すための社会経験も重要です。しかし、未経験でもwebライターなら特別なスキルはいりません。自分の好きな分野や得意分野の記事だけを選んで稼げるので、楽しみながらお金を稼げます。

また、ライターを始めた時点では不得意だったジャンルも、意識的にチャレンジを続けていけば知識がそなわってきて、得意分野に変えられます。

webライターを通して身につく力は?

在宅バイトでライターを続けていると文章力はもちろん、「リサーチ力」が身についていきます。ライターは不正確な記事を納品できません。そこで、執筆中に自分で事実を確認し、裏づけを取る作業を行います。これが「リサーチ」であり、主にインターネットを利用します。

リサーチは社会に出て資料を作成したり、マーケティング分析をしたりする際にも重要な作業です。また、自分で物事を考える力がつくので、偏った報道や情報に惑わされず、冷静に時代と向き合えるようになるでしょう。

学生にwebライターはオススメ

データ入力、モニター、採点などの在宅バイトも「マイペースで楽に稼ぐ」という点では悪くありません。しかし、報酬や経験の濃密さ、得られる知識を比べたときにはライターがもっとも社会で実用的な力がつくバイトといえます。

また、ライターはスキルアップするにつれて単価が高くなっているメリットもあるので、モチベーションを保って続けられるのが魅力です。大学生が在宅バイトをするなら、ライターを中心に仕事を探してみましょう。

▼大学生のアルバイトにおすすめ!サグーワークスはこちらから
学生さんの会員登録

この記事をシェアする

ページトップへ戻る