忙しさの中でどう技術を磨く?会社員におすすめのwebライティング勉強法4つ

会社員ライターの勉強法

会社員でありながら副業でwebライターを務めている場合、忙しい毎日で執筆の時間が確保しづらいものです。そして、ライティング以外にも勉強をする時間が不足しがちになるでしょう。フリーランスのwebライターなら、勉強にもたっぷりと時間を注げますが、仕事も家庭もある副業ライターにとって、短い時間で効率よく勉強する方法が求められます。

ここでは、副業ライターにおすすめのwebライティングの勉強法についてまとめました。

通勤電車の中で勉強する

忙しい会社員は、社内で副業の勉強などできないのは当然として、家に帰る時間も遅くプライベートの時間もままならないでしょう。勉強する時間があれば休息にあてたり、少しでもwebライティングを進めたいと考えたりするのが自然です。

そこで、有効利用したいのが通勤電車の往復時間です。一日数十分ほどでもライター関連の啓発本に目を通せば、十分な勉強になりえます。「満員電車で本を読むことなどできない」という人でも、スマホさえあれば電子書籍で簡単に勉強ができます。

また、携帯オーディオで自己啓発のCDを聞くこともwebライティングに活かせます。毎日、電車通勤にうんざりしている人も、退屈な時間を勉強に活用しましょう。

目にする文章を深く分析する

会社に来てしまえば表立ってライティングの勉強はしにくいものです。しかし、意識を少し変えるだけで勉強のチャンスはあちこちに転がっています。

たとえば、会社に置いてある商品パンフレットや企業ガイドなどの文章です。webライターの視点から「どんな目的で書かれているのだろう」と考えてみましょう。そして、「自分ならどう書くだろうか」とシミュレーションしてみます。これだけでも、webライターとしての思考回路を鍛えられます。

営業先に出たときでも、ふと立ち寄ったコンビニや書店で立ち読みし、記事を深く読んでみるといいでしょう。オフの時間を設けずに目につく文章全てと向き合ってみることが勉強です。そして、気づいたポイントを副業に取り入れてみましょう。

仕事の経験をwebライターに置きかえてみる

webライターが副業を歓迎している仕事なのは「少ない時間でできる作業だから」というだけではありません。webライティングではさまざまなジャンルの記事があります。そのため、多種多様な経験を持つライターを確保しておいたほうが、クライアントの要望に応えやすくなるのです。

つまり、文章力を鍛える以外にも、社会人としての自分を磨くことがそのままwebライターとしてのスキルアップへとつながります。事実、webライティングではビジネスマナーや就職活動、営業力向上などのテーマにも需要があります。優秀なビジネスマンの観点から書かれた記事には説得力が宿るでしょう。本業を頑張りながら、副業に応用できるポイントがないか探ってみるのも一つの方法です。

とにかく実践で学ぶ!

もしも、どんなに頑張っても勉強する時間が作れないなら実践あるのみです。とにかく大量の案件をこなして、執筆しながらwebライターのノウハウを学んでいきましょう。

とはいっても、実力に見合わない案件を引き受けて運営やクライアントに迷惑をかけるのはNGです。ライター初心者は、ボリュームの少ない案件を受注してwebライティングに慣れていきましょう。執筆した記事は運営や校正者が添削し、欠陥があれば修正指示を送ってくれます。素直に他人の意見を受け入れていくと上達も早くなるでしょう。

ある程度スキルが身についたら、今度はあえて苦手なジャンルにも挑戦してみるとライターとしての幅を増やせます。時間がない副業ライターは、勉強よりも執筆を優先させるのも有益です。

こぶたのまとめ

多忙な会社員ライターの勉強法は

  • 通勤電車で本を読む
  • 目につく文章全てを意識する
  • 自分の本業を活かせないか考える
  • とにかく実践から学ぶ

webライターは忙しい人の副業としてもおすすめの仕事です。

この記事をシェアする

ページトップへ戻る