ビーグレンは乾燥肌でも大丈夫?乾燥肌に効果的な製品を紹介!

ビーグレンは乾燥肌でも大丈夫?乾燥肌に効果的な製品を紹介!
カテゴリ:2018/11/29

乾燥肌で悩んでいても、なかなか自分の肌に合うものがなくて諦めていませんか。潤いのあるお肌になるためには、正しいスキンケアが大切です。

ここでは、ビーグレンの乾燥・保湿ケアセットは「どのような製品なのか」「乾燥肌にどんな効果があるのか」など詳しくご紹介します。毎日の正しいスキンケアで、潤いのあるきれいなお肌を手に入れましょう。

公式サイトで乾燥に特化したトライアルセット販売中!
ビーグレンの公式サイトへ

トライアルセットは1,980円(税込)!

ビーグレンの乾燥・保湿ケアとは?

そもそも乾燥肌は何が原因なのかご存じですか。乾燥肌とは、ドライスキンとも呼ばれ肌に潤いがなくなり水分・皮脂が不足している状態のことをいいます。肌の潤いを保っているのは角質層にある「バリア機能」と呼ばれるものです。

しかし、肌の乾燥が進行してしまうとバリア機能が低下し、紫外線などの刺激から肌を守れずに肌荒れを起こしてしまいます。また、バリア機能がうまく働かなくなると、しわやシミなどの肌トラブルの原因にもなるのです。そうならないためにも、正しいスキンケアで日々のお手入れが必要になります。間違ったスキンケアを続けていると、知らないうちに肌トラブルを引き起こす原因になるので注意しましょう。

ビーグレンの乾燥・保湿ケアは、ビーグレン独自の浸透技術を活かしてバリア機能を高めます。角層の奥まで浸透させ、乾燥した肌を潤いの続く若々しい肌に導いてくれるプログラムです。乾燥肌のスキンケアのポイントは、2つあります。

1つ目は刺激や摩擦などのダメージを避けることです。洗顔の際に直接顔にシャワーをあてることも肌にダメージを与えてしまいます

。2つ目は、洗顔と保湿をしっかりすることです。洗顔後の肌は皮脂膜が失われているので、水分が体からすぐに出て行ってしまいます。そのため、洗顔後は肌が湿っているうちに化粧水で保湿をし、潤いが逃げないようにクリームを塗りましょう。

ビーグレンの乾燥・保湿ケアは、乾燥肌のスキンケアがシンプルなお手入れで済むように考えられて作られています。自分の肌に合うか心配な人は7日間のトライアルセットを試すのがおすすめです。ビーグレンでは24時間サポートや365日間の返金保証もついているので、安心して試すことができます。

ビーグレンの中でもひどい乾燥肌におすすめの商品は?

乾燥肌といっても症状は人それぞれです。ビーグレンの商品はひどい乾燥肌でも使用できるのでしょうか。実は、ビーグレンのクレイシリーズはアトピー性皮膚炎の人を考えられた商品なのです。そのため、刺激が少なく皮膚がむけるひどい乾燥肌の人でも、安心して使える製品になっています。

クレイの洗顔料は、汚れだけを取り除いて必要な潤いを残してくれるのでおすすめです。また、保湿力の高い化粧水で保湿をした後にエイジングクリームで水分が蒸発しないようにふたをするとより効果的になります。

皮膚はむけるほどではなく、ひどい乾燥肌の場合は、まずはクレイのクレンジングクリームがおすすめです。脱脂力の強い洗顔やクレンジングを使用したことにより、肌の保護膜が破壊されて乾燥肌になった場合があります。そのため、正しい洗顔を続けて肌の保護膜を徐々に回復させることで乾燥が緩和されていくのです。

乾燥肌になる原因は使用しているクレンジングや洗顔、スキンケアが間違っている場合があります。肌の調子が悪いと感じたら、早めに使用している商品の見直しや、正しいスキンケアができているかなどのチェックをしましょう。

スキンケアを続けているのに乾燥するときの対処法!

毎日スキンケアを続けているのに、肌の乾燥が全く改善されない人は、「スキンケアのやり方が正しいかどうか」を確認してみましょう。乾燥肌のケアのポイントは、洗顔・保湿・整肌・保護です。スキンケアの仕方が間違っていると、どんなに良い商品やお手入れに時間をかけても効果は得られません。

まずは、乾燥肌を改善するために重要なのが洗顔です。洗顔料は洗浄力が強すぎてしまうと汚れと一緒に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。洗顔するときの重要なポイントは「ぬるま湯」で洗うことです。

ぬるま湯は35~36度くらいが洗顔には適切な温度になります。これよりも冷たすぎると、毛穴が閉じて汚れが落ちにくく、熱すぎると毛穴が開きすぎで必要な皮脂まで洗い流されてしまうのです。

また、汚れを落とそうとゴシゴシと強くこすってしまうと肌を傷つけ、肌がつっぱる原因にもつながります。洗顔をするときは優しく洗うように心がけましょう。洗顔後にタオルで拭くときも、タオルに水分を吸わせるようなイメージで優しく拭きとることがポイントです。入浴後や洗顔後は肌が潤っていると感じますが、内部の水分は不足しています。

そのため、寝る前に化粧水をつけるのではなく、洗顔後の肌がまだしっとりしているうちに化粧水で保湿するようにしましょう。化粧水の付け方も、肌をたたくようにつけたのでは浸透力は上がりません。手のひらで化粧水を人肌に温めた後、包み込むように顔につけていきましょう。整肌ができればターンオーバーが整われ、乾燥の連鎖を断ち切ることが可能になるのです。そして、保湿をした後は水分が蒸発しないようにクリームでふたをしてあげます。

効果が感じられないときは、これまでお伝えした正しいスキンケアが行えているかを確認してみてください。また、ビーグレンでは24時間サポートがあるので、わからないときや悩んだときは相談することをおすすめします。乾燥のしない潤った肌を手に入れるためにも、ビーグレンの乾燥・保湿ケアセットを試してみてはいかがでしょうか。

乾燥には乾燥・保湿ケア トライアルセットがすすめ!

ビーグレン 乾燥・保湿ケア

公式サイトが一番お得に購入できます
ビーグレンの公式サイトへ

トライアルセットは8種類から選べて1,980円(税込)!