ビーグレンに含まれる成分は?安全性や気をつけるポイント!

ビーグレンに含まれる成分は安全?
カテゴリ:2019/07/09

ビーグレンは、成分を肌の角質層まで浸透させ、長時間お肌の理想の状態をキープすることに強いこだわりをもって作られたスキンケアの化粧品です。口コミでも評価が高く、肌の悩みに合わせて6種類のトライアルセットも用意されています。

しかし、ビーグレンをまだ体験していない人が気になるのが、ビーグレンに含まれている成分と副作用です。

bisaco
どんな化粧品も100%安全とは言えないので、心配な方はパッチテストを行いましょう!

ここでは、ビーグレンに含まれる成分の効果や、気になるポイントなどのビーグレンの安全性について紹介します。

ビーグレンのお試しセットは6種類!
ビーグレンの公式サイトへ

返品保証つきで1,980円 (税込)!

ビーグレンの成分が肌の角質層に届く仕組み

化粧水や美容液を使用した際、肌の表面に塗るだけでは、肌の角質層まで成分が浸透しません。表皮と呼ばれる肌表面にとどまってしまうため、実感しにくくなるのです。ビーグレンは、「浸透しなければよい成分が含まれている化粧品であっても効果は期待できない」として、ナノサイズのカプセルであるQuSome粒子を採用しています。
ビーグレン(b.glen)QuSome

QuSome粒子は、有効成分をカプセルで包むことで成分を肌の角質層にまで届ける働きをするものです。化粧品に含まれていても安定している丈夫なカプセルであり、肌に乗せてから角質層に届くまで、形が変わることはありません。

また、カプセルがとどまる時間が長く、最長17時間にもなるため、肌の潤いが長続きするというメリットもあります。

ビーグレンに含まれる成分に危険性はないの?

ビーグレンの成分で気になるのは、ハイドロキノンと防腐剤について、調べてみました。

ハイドロキノン

ビーグレンの一部製品には、ハイドロキノンが配合されています。ハイドロノキンは、主にホワイトケア化粧品に配合されているものです。白斑のトラブルをきっかけに注目を集めた成分なので、副作用や安全性に関して不安をいだく人も多いのではないでしょうか。

ハイドロノキンは皮膚科での治療に使用される成分です。医療現場で使用される場合の濃度は4%程度ですが、ビーグレンの化粧品の場合、配合率はわずか1.9%と少量です。

ビーグレンに配合されているハイドロキノンはナノカプセルに包まれています。そのため、少量であっても、ホワイトケア(メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと)を期待できます。

防腐剤

ビーグレンには防腐剤も含まれています。オーガニックコスメを中心に防腐剤を使用しない化粧品が流行しており、「防腐剤不使用」という点をキャッチコピーにしている化粧品も増えています。そのため、防腐剤を使用している化粧品は危険であると認識する人も多いのではないでしょうか。

しかし、防腐剤は化粧品1つを安全に使いきるためには必要な成分であり、現在でも多くの化粧品に配合されているものです。防腐剤を一切使用していない化粧品の場合、化粧品を開封した直後から雑菌の繁殖が進みます。どれほどよい成分を使用していても、雑菌が繁殖しているものを肌に塗ってしまえば肌トラブルを引き起こすリスクがあるのです。

ビーグレンはパッチテストをしてから利用しよう

どれほど高級な化粧品、有名メーカーの化粧品であっても、100%安全であるとはいえません。ビーグレンは、肌に有効成分を浸透させる技術や、サイエンスコスメといったワード、効果の高さから、「刺激の強い成分を使用しているのでは」と推測してしまう人が多いのです。

しかし、実際には危険な成分を過剰に配合していることはなく、ほかの化粧品と比較をしても問題点は見当たりません。とはいえ、心配な場合はパッチテストを行うなど、コストをかけずに使用感や安全性を確かめてみる方法が有効です。

ビーグレンは、「一人ひとり異なる肌質に可能な限りマッチするように」と、トライアルセットを8種類用意しています。

万が一、ビーグレンの化粧品を使用して肌トラブルが起こった場合、本製品、トライアルセットともに365日間であれば返金保証の対象になります。成分については過度に不安をいだく必要はないため、実際に使用して効果を確かめましょう。

スキンケアプログラム トライアルセット 1

ビーグレンのお試しセットは6種類!
ビーグレンの公式サイトへ

返品保証つきで1,980円 (税込)!