ビーグレンCセラムは乾燥する?特徴と使い方のポイントをご紹介

ビーグレンCセラムは乾燥する?特徴と使い方のポイントをご紹介
カテゴリ:2019/06/06

ビーグレンのCセラムは、独自技術による高濃度のピュアビタミンCが配合されている点が注目されている化粧品です。しかし、口コミでは「乾燥する」といった内容が目立つことから、購入を検討する人も多いのではないでしょうか。

Cセラムによって肌が乾燥する原因と、肌トラブルにアプローチするための正しい使用方法について紹介します。

↓Cセラムが入ったトライアルセット!↓
ビーグレンの公式サイトへ

全8種類で各1,980円(税込)

ビーグレンCセラムの特徴からみる乾燥の原因とは?

安全な成分を配合していてアレルギーテスト済のビーグレンを使用していても、100%安全であるとはいえず、肌が荒れるなど副作用の症状が出てしまうリスクはあります。どれほどよい成分を使用している化粧品であっても、肌への相性があることを認識しておかなければなりません。

ビーグレンにはさまざまな種類がありますが、悪い口コミに書かれている内容の多くは「乾燥が悪化する」というものです。ビーグレンによって肌が乾燥してしまう原因は、Cセラム(ビタミンC美容液)が原因である可能性があります。

ビーグレンのCセラムとはどんな商品?

ビーグレンCセラム

ビーグレンCセラム/15m 5,170円 (税込)

Cセラムとはビーグレンで人気の美容液です。
独自開発された、整肌成分である「ピュアビタミンC」が高濃度で配合されているため、毛穴の開きやくすみ、たるみなど肌のコンディションを良くすることが期待できます。

基本的に、市販されている化粧品に配合されるビタミンCは「ビタミンC誘導体」が使用されています。しかし、ビタミンCは、空気や紫外線の影響を受けやすく成分が変形しやすい不安定な成分です。

そのため、ビタミンCが変形しにくいように開発された成分「ピュアビタミンC」を配合し、ビタミンCが肌の角質層まで浸透しやすいように作られています。

ビタミンC誘導体が乾燥の原因に?

ビーグレンCセラムは、QuSomeと呼ばれる独自技術を利用し、ビタミンCをカプセルに包んで肌の角質層まで浸透させる方法を用いた化粧品です。

ビタミンC誘導体ではなく、ビタミンCそのものを角質層まで浸透させるため、ビタミンCの「皮脂の過剰分泌を抑制する」特徴が、肌の乾燥を招くリスクが上がってしまいます。

つまり、もともと皮脂が少ない乾燥肌や敏感肌の方は、皮脂が抑制作用によって、逆に乾燥や刺激を感じてしまう恐れがあるということです。

そのため、ビーグレンのCセラムを使用後に肌が乾燥したと感じる人や、もともと敏感肌や乾燥肌の人は、使用時に工夫をしなければなりません。特に、空気が乾燥する季節には保湿ケアにも力を入れましょう。

ビーグレンCセラム正しい使い方と注意点

ビーグレンCセラムを使用する際には、いくつかの注意点や押さえておくべきポイントがあります。

日焼け止めを塗る

まず、日中の外出前に使用することは避け、外出する場合には必ず日焼け止めを使用しましょう。こちらは、公式サイトにもCセラムの使い方として記載があります。

日中お使いになる時は必ず日焼け止めをご使用ください。また、乾燥が気になる部分は少量のご使用をおすすめします。

ライン使いしない場合は油分に注意!

Cセラムは、化粧水で肌のキメを整えたあとに使用します。普段のスキンケアにオールインワンジェルなどを使用している場合、油分が多い化粧品には注意が必要です。油分を抑えた処方の化粧水などを使用しましょう。

美容液を複数使用するときは成分に注目

複数の美容液を併用している人は、使用する美容液を絞ることも重要です。美容成分の浸透には限りがあるため、複数の美容液を使用しても無意味になってしまうことがあります。Cセラムを中心に検討するのであれば、手持ちの美容液で成分が重複しているものは使用しないなど、使い方を工夫する必要もあるでしょう。

使用期限を守る

さらに、Cセラムに含まれる成分は非常にシンプルであり、使用期限を過ぎると成分の効果が低下します。商品ごとに記載されている期限を守って使用することも大切です。

ビーグレンCセラムを使ったオススメのスキンケア方法

使用前には、皮脂などの汚れをしっかりと洗い流します。肌を清潔な状態にしてから使用することが重要です。

ビーグレンCセラムの正しい使い方

  1. 洗顔をしたあと、Cセラムを約2cmの量を手の平にとります
  2. 両手に広げて、顔を包み込むように乗せ、なじませます
  3. 目元や口元、小鼻にも指先で丁寧に伸ばしましょう
  4. 最後も顔全体になじむようにやさしくプレス。

使用してみて、肌が極端に乾燥している場合には使用を中止し、敏感肌や乾燥肌などで不安がある場合には少量から使用しましょう。Cセラムを塗り終えたら、蒸発する前に美容クリームでふたをしてスキンケアは完了です。

おすすめ美容クリーム

step8

↓Cセラムが入ったトライアルセット!↓
ビーグレンの公式サイトへ

全8種類で各1,980円(税込)

ビーグレンのトライアルセットで試してみる

ビーグレンのCセラムは乾燥などが気になるものの、どの肌にも合うようにと研究開発された商品です。使ってみて自分の肌に合えば、肌悩みが解消されるかもしれません。

ビーグレンでは、肌悩み似合わせた8種類のトライアルセットが用意されています。

ビーグレンのトライアルセット一覧

スキンケアプログラム名 セット 内容量
トライアルセット1
ホワイトケア
スキンケアプログラム トライアルセット 1
  • クレイウォッシュ
  • QuSomeローション
  • Cセラム
  • QuSomeホワイトクリーム1.9
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム
トライアルセット2
たるみ・ほうれい線ケア
ビーグレン毛穴ケア
  • クレイウォッシュ
  • QuSomeローション
  • QuSomeリフト
  • Cセラム
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム
トライアルセット3
ハリ・シワケア
ビーグレン毛穴ケア
  • クレイウォッシュ
  • QuSomeローション
  • QuSomeリフト
  • Cセラム
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム
トライアルセット4
毛穴ケア
ビーグレンニキビ跡ケア トライアルセット
  • クレイウォッシュ
  • QuSomeローション
  • Cセラム
  • QuSomeモイスチャーゲルクリーム
トライアルセット5
ニキビケア
ビーグレンニキビケア トライアルセット
  • クレイウォッシュ
  • QuSomeローション
  • Cセラム
  • QuSomeモイスチャーゲルクリーム
トライアルセット6
乾燥・保湿ケア
ビーグレン 目元ケア
  • クレイウォッシュ
  • QuSomeローション
  • Cセラム
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム

Cセラムはすべてのトライアルセットに含まれていますので、ご自身の悩みに近いもので試してみて効果を感じてみるのがおすすめです。

トライアルセットは1人1回までですが、違う種類を注文することはできます。(6種類ありますので最大8回まで)

乾燥などが気になる方も7日間分使えますので、いろいろ試して自分に合う商品を見つけてくださいね。

↓まずはトライアルセットから始めよう!↓

ビーグレンの公式サイトへ