アイキララはほうれい線にも使える?上手な活用法とは!

カテゴリ:2019/06/06

女性が抱える顔の悩みで上位に入ることが多いのが「ほうれい線」です。アイキララは、目元のハリ不足解消を目的として開発されたクリームですが、目元と同じようにほうれい線にも効果があればうれしいですよね。今回はアイキララの特徴とともに、ほうれい線にも効果が期待できるのかどうかについて紹介していきます。

アイキララの特徴とは?

アイキララは、目の下の悩みを解決するために開発されたアイショットクリームです。加齢とともにコラーゲンの減少などの理由によって、目元のハリは失われていきます。目元のたるみは顔の印象に大きく影響を与えるため、年齢よりも老けて見られてしまう原因にもなります。

アイキララは目の下のハリ不足だけでなく、目の下が青や茶色、黒くなっているといった悩みにも効果が期待できるクリームです。目の下のたるみやくすみは、メイクで隠すことが難しいため、日々のケアで改善を目指すことが大切です。

目の下の悩みは人によって症状が異なるうえ、その原因が1つではないことも多々あります。しかし、アイキララはさまざまな原因にアプローチできるよう研究・開発された製品です。品質にはかなりこだわっており、効能評価試験も済ませています。

その結果は論文としてまとめられ、研究誌に掲載をされました。また、4年連続でモンドセレクション金賞を受賞するなど、外部の団体によっても評価されています。

ほうれい線ができる原因は?

ほうれい線ができる大きな原因の一つは加齢です。加齢による筋肉の衰えによって頬がたるむことで、深いほうれい線ができてしまいます。

また、加齢によって肌の弾力を支えるコラーゲンやエラスチンの減少・劣化により、肌のハリが失われることもほうれい線ができる原因です。肌に影響を与えるのは加齢だけではなく、紫外線や乾燥なども肌がハリや弾力を失う原因となる可能性があります。

服に覆われている体の部分とは違い、顔は紫外線や乾燥の影響を受けがちなため、日頃から意識して対策をしていないと、ほうれい線ができやすい状態になってしまうでしょう。

さらに、生活習慣もほうれい線に影響してきます。下を向いている時間が長いと重力によって頬がたるみ、ほうれい線ができやすくなります。例えば、スマホを見ている時間が長い、猫背気味でいつも下を向いて歩いている、というような人は要注意です。

若いときはこうした生活習慣を続けていても、肌に弾力があるので影響を受けているように感じませんが、年齢を重ねてくるとたるみが現れやすくなります。

ほうれい線の原因はこのようにさまざまですが、一つだけではなく複数の要素が重なっている可能性もあります。

アイキララはほうれい線にも効果が期待できる!

アイキララに含有されているハロキシルやMGAには、コラーゲンの生成をサポートする働きがあるといわれています。さらに、ビタミンC誘導体の一種であるMGAは、ハリや弾力を覚醒させる効果が期待できる成分です。

これら以外にもKコンプレックスという成分が含まれており、血流を整え、肌に潤いを与えることで乾燥による肌のダメージを軽減してくれます。こうした理由から、ほうれい線の原因にもアイキララの成分が効果を発揮できるといえます。

アイキララは目の下にできたクマへの効果に注目が集まりがちですが、血行不良などによる色素沈着の改善を促すだけではありません。肌のハリや弾力の回復が期待できる成分も多く含まれているので、ほうれい線が気になる場合にはアイキララを試してみると良いでしょう。

アイキララを上手に使うコツ!

アイキララには肌に良い効果をもたらす成分が多く含まれていますが、より効果を高めるためには正しい方法でケアをする必要があります。

アイキララは1日に2回、朝晩のケアの際に使用します。使うタイミングは洗顔やクレンジングのあと、化粧水と乳液の間です。アイキララはクリームですが、独特な容器に入っており、注射器のような形をしています。1回につき1プッシュが適量となっており、一般的なクリームとは違って「1回に使う量が分からない」という悩みも生まれません。

クリームを肌になじませるときには、薬指の腹を使います。ほかの指では力が入りすぎてしまい、摩擦によって肌にダメージを与えて、肌荒れを起こす原因となってしまうため注意しましょう。目元やほうれい線にアイキララを塗ったら、こすらずに薬指の腹で押さえるようにしてなじませます。

そして、手のひらで優しく包み込み温めます。しっかりと温めることで、アイキララの美容成分が角質層までを浸透することをサポートできます。短い時間でケアできるので、目元が終わったあとほうれい線のケアをするのも手間ではありません。ほうれい線が気になる方は、忘れずにアイキララを塗りましょう。

ほうれい線ケアにもアイキララを活用しよう!

アイキララは目元だけでなく、ほうれい線にも効果が期待できるというのは、一石二鳥でとてもお得感がありますよね。アイキララを使ってのスキンケアはとても簡単なため、忙しくて肌のお手入れに時間を掛けられない人でも続けやすくなっています。

目元とほうれい線の両方を一度にケアすることで、さらにスキンケアも楽になります。アイキララを上手に使って、効率的に美顔を目指していきましょう。

↓アイキララは全額返金保証!↓

アイキララの公式サイトはこちら