メリットとあわせて知っておきたい!アイキララのデメリットとは?

カテゴリ:2019/06/06

目元の悩みにアプローチしてくれる「アイキララ」ですが、メリットだけでなくデメリットもあります。肌に直接塗って使うものなので、気になる点については実際に購入する前に知っておきたいですよね。今回は、購入前に知っておくと安心なアイキララのデメリットを具体的に紹介していきます。

アイキララのデメリットとは?

アイキララは、配合されている成分の働きにより、肌の内側(角質層)から目元のお悩み解消をサポートするアイショットクリームです。「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」といった目元のクマの解消を目的としており、さまざまな成分が配合されています。

たとえば、血液をスムーズに流すといわれる「Kコンプレックス」という成分は、血行不良で起きやすい青クマの解消が期待できます。また、「ハロキシル」という成分は、乾燥や目をこすってしまうことで生じる色素沈着や、古い角質層の蓄積が原因で起こる茶クマの悩みにアプローチします。そして、ビタミンC誘導体の「MGA」は、その働きにより肌にハリを与えます。その結果として、肌がふっくらとした印象となり、コラーゲンの減少などで皮膚が痩せ、影ができてしまう黒クマの解消を期待できます。

これらがアイキララの主な成分と特徴なのですが、あくまでもクマやくすみの悩みにアプローチするものだということを理解しなければなりません。つまり、目元の小ジワを目立たなくさせる効果は約束されていないのです。

コラーゲンの生成などで皮膚がふっくらし、結果的に小ジワが目立たなくなる可能性はありますが、最初から小ジワの解消を期待して使用するのはおすすめできません。小ジワ解消を主な目的としたスキンケア商品はほかにありますので、そちらの使用を検討すべきでしょう。

また、即効性がないという点もデメリットのひとつです。アイキララはあくまでもスキンケア商品であり、使用してすぐに高い効果が得られる医薬品ではありません。時間をかけて肌の内側から作用するタイプのアイテムであり、毎日根気強く使い続けて少しずつ自分の目指す肌へ近づいていくものなのです。

「明日デートだからクマを消したい」など、即効性を求める場合は思ったような結果が得られず、ガッカリしてしまう可能性が高いので注意しましょう。ただ、角質層から肌の状態をサポートしていけるため、時間はかかりますが根本的なクマやくすみの解消が期待できます。

即効性を求めるのではなく、長期的なスキンケアを計画している人にとっては、最適なアイテムだといえるでしょう。

さらに、成分が自分の肌質に合わず、肌荒れや炎症などのトラブルを招いてしまうおそれもあります。肌に大きな負担をかける成分は含まれていませんが、こればかりは実際に使ってみないとわかりません。肌の状態は個人差が大きいため、多くの人が問題なく使える商品であっても、人によっては肌トラブルが起きてしまうケースもあります。

ただ、肌に合わないというデメリットはアイキララに限ったことではありません。ほかのさまざまなスキンケア商品でも起こり得るトラブルであり、特別なデメリットではないので過剰に心配しすぎる必要はないでしょう。

アイキララにはメリットがたくさん!

デメリットがある一方、アイキララには魅力的なメリットもたくさんあります。たとえば、アイキララに含まれるMGAによって肌にうるおいが与えられるだけでなく、コラーゲンの生成が促されることで肌をすこやかに保てます。

目元の乾燥はシワやくすみなどさまざまな肌トラブルの原因となるため、アイキララでこのようなケアがしっかりできるのはうれしいポイントですね。

また、コラーゲンの生成を促す作用により、ハリを失ってくぼんでいたり痩せたりしていた肌をふっくらと押し戻すことが期待できます。肌がくぼんでいると、その部分に影ができてクマやくすみの原因になります。アイキララで肌がふっくらとした印象になると、影ができているときよりも目元が明るく、スッキリして見えるのです。

アイキララの効果は効能評価試験で測定されており、医学誌に論文も発表されています。商品の効果に関してこだわりを持ったメーカーに開発されたという点は、大きな魅力だといえるでしょう。

さらに、アイキララは敏感肌でも安心して使えるように、肌に優しい成分が使われたクリームです。着色料や保存料、防腐剤など肌に負担となる成分は一切使用されていないため、肌が弱い人にもうれしいアイクリームです。

アイキララを効果的に使う方法を紹介!

アイキララで素敵な目元を目指すには、正しい使い方をすることが重要です。まず、肌は一朝一夕でコンディションを改善できるものではありません。スキンケアはある程度の時間をかけて行うことを前提とし、アイキララも長期間継続して使うことを考えましょう。

なかなか効果が実感できない時期にはケアを諦めたくなりますが、グッと我慢です。また、アイキララを使う回数は1日2回とし、1回あたり1プッシュ分の量でケアしましょう。少ないように見えますが、目元のケアには十分な量です。

実際に目元に塗るときは、薬指を使って優しくなじませていきます。目元につける前に手の甲にのせて指の腹で5秒ほど抑えてクリームを温めると、浸透力のアップが期待できます。

ちなみに、アイキララを使うのは洗顔後に化粧水で肌を整えたあとです。アイキララを塗ったら、最後に乳液で仕上げましょう。

アイキララの特徴を知って気長に使おう!

どのスキンケア商品もそうですが、アイキララも使ってすぐに効果を実感できるアイテムではありません。肌のターンオーバーは28~55日程度という周期で行われているため、肌の内側(角質層)から作用するアイテムはある程度時間をかけないと正しい評価ができません。

アイキララを使うときもこのことを忘れず、気長にコツコツ続けていきましょう。

↓アイキララは全額返金保証!↓

アイキララの公式サイトはこちら