アイキララはまぶたにも使える?その効果と注意点とは!

カテゴリ:2019/06/06

アイキララは目の下をケアする商品として発売されています。これを目の下だけでなく、まぶたにも使用できれば一石二鳥ですよね。この記事では、アイキララがまぶたのお悩みにも対応しているのかを調べた結果と、使う際の注意点などについて解説していきます。

アイキララ

↓アイキララは全額返金保証!↓

アイキララの公式サイトはこちら

アイキララに配合されている3つの主成分の特徴

アイキララに配合されている主成分のなかには、特に注目しておきたいものが3つ挙げられます。

Kコンプレックス

1つ目は、「Kコンプレックス」と呼ばれる成分です。Kコンプレックスは、めぐりをサポートする成分。アイキララに含まれるKコンプレックスは肌に潤いを与えて柔軟性を保つ成分ともいわれています。

ハロキシル

2つ目の成分、「ハロキシル」はコラーゲン生成をサポートし、目元の委任小を明るくする成分です。

MGA(ビタミンC誘導体)

3つ目の「MGA(ビタミンC誘導体)」は、ハロキシルとの相乗効果でコラーゲンの生成をさらに高めるサポートしてくれるため、ふっくらとした目元を目指したい人には重宝される成分となっています。

公式サイト抜粋

アイキララはまぶたの悩みにも効果的?

アイキララは、クマやくすみなど、気になる目元のお悩みをケアしてくれる商品です。アイキララを使う場合、「まぶたの悩みにも効果があるのか?」という点が気になる人も多いでしょう。

実は、アイキララはまぶたの悩みにも力を発揮してくれます。「色素沈着」というと、目の下のクマやくすみなどをイメージする人が多いでしょう。しかし、まぶたにも色素沈着は起こる可能性があります。

まぶたの色素沈着は、アイメイクをする際に皮膚をこすってしまうことや、まつげ美容液の使用などが原因となる場合があります。まぶたの色素沈着は、顔が老けて見えることの原因になりかねません。そのため、目の下のケアと並行して、まぶたのケアも日常的に行うことが大切です。

まぶたの色素沈着には、アイキララに含まれるMGAという成分が役立ちます。ビタミンC誘導体の一種とされるMGAは皮膚に弾力を与えてくれる成分であるため、まぶたのたるみにも効果が期待できます。

つまりアイキララは、まぶたの色素沈着が気になる方、ハリがほしい方にも嬉しい商品といえるでしょう。加えて、まぶたがくぼんでしまうことは、コラーゲンの減少が主な理由といわれています。したがって、まぶたのくぼみが気になる場合にも、アイキララを使ったケアはおすすめできます。

アイキララをまぶたに使う場合の注意点とは!

アイキララをまぶたに使用する場合には、いくつかの注意点を守りながら正しく使用することが大事です。

目に入らないように気をつける

まず、アイキララをまぶたに塗るときは目に入る危険性が高いため、十分に注意する必要があります。万が一目に入ってしまったときは、水やぬるま湯で速やかに洗い流し、赤みや痛みなどがあれば早めに医師に相談するようにしましょう。

塗るときはこすらない

次に、アイキララをまぶた塗るときはこすらず、やさしく押し込むイメージで行うことがポイントです。目元やまぶたの悩みを抱えている人のなかには、化粧品に含まれる成分を浸透させようとしてゴシゴシこすってしまうという間違ったケアを続けている人もいます。

しかし、まぶたの皮膚はデリケートであり、摩擦に弱く敏感な部分といわれています。そのため、アイキララをまぶたに塗る場合は強い力でこすりつけないように、指でトントンと優しく塗ってください。また、アイキララをまぶたに塗った後は、色素沈着を防ぐためにもなるべくこすらず、指の腹や手のひらで優しく押さえると良いでしょう。

アイキララで魅力的な目を目指そう!

アイキララは目の下専用のケア商品として知られています。しかし、まぶたの悩みに対しても、アイキララを使ったケアは効果が期待できる場合があります。

まぶたの色素沈着や皮膚のたるみは、老いた見た目になるだけでなく、周囲の人に対して不健康なイメージをもたらすことにもつながりかねません。加えて、目の周りのくすみなどをコンシーラーやファンデーションで隠すことには、限界があります。

アイキララを上手に活用すれば、目の下のお悩み解決と同時に、まぶたの色素沈着やたるみなどのトラブル解消も見据えることができます。いつまでも若々しい目元でいるためには、適切なケアを続けることが欠かせません。アイキララを正しく使用して、魅力的な目元を演出しましょう。

↓アイキララは全額返金保証!↓

アイキララの公式サイトはこちら