ヒフミドの化粧水やクリームの口コミを調査!最安値の価格も比較

hifmidヒフミドトライアルセット
カテゴリ:2018/10/31

湿度の低下や誤ったケア、加齢などが原因で乾燥肌や敏感肌に悩む人は多いでしょう。保湿効果を謳っているスキンケアアイテムもたくさんの種類が販売されています。ところが、それらを使っても効果を実感できないというケースが少なくありません。それは、保湿力の高い有効成分を配合していても、肌になじまなければ潤いを届けられないからです。そこで、小林製薬が注目したのが「ヒト型セラミド」です。

小林製薬は人間の肌にあるセラミドと近い構造を持つ「ヒト型セラミド」を配合したスキンケアシリーズ「ヒフミド」を作ったのです。セラミドはいろいろなスキンケア製品に使われている保湿成分ですが、製品によってセラミドのタイプが異なります。ヒト型セラミドは違うタイプのセラミドと比べて、3倍も高い保水力を持つと言われているのです。高い保湿力で乾燥肌や敏感肌を内側から潤してくれます。肌の乾燥はかゆみやたるみ、小じわといったあらゆる肌トラブルの原因になり得ます。ヒフミドで徹底的に保湿ケアすることで肌のトラブルを和らげ、すこやかな肌に近づけるでしょう。ヒフミドの特徴やメリットについて紹介していきます。

ヒフミドトライアルセットの公式サイトはこちら

3種のヒト型セラミドで保湿力アップ!ヒフミドの特徴

セラミドはもともと人間の皮膚にある保湿成分の一種で肌に潤いを与えたり、バリア機能を維持したりします。そのセラミドが減少すると、バリア機能が低下し肌トラブルも起こりやすくなるのです。そこで、すこやかな肌を保つためには不足しているセラミドを補うことが重要になります。

しかし、スキンケア製品によって配合されているセラミドの種類が異なるのです。化粧品で使われているセラミドは天然セラミド、植物性セラミド、ヒト型セラミド、合成セラミドに大別できます。セラミドは種類によって肌へのなじみやすさに差があるので、セラミド配合のスキンケア製品を使ったからといって肌に十分潤いを与えられるとは限りません。

つまり、セラミド配合のスキンケア製品を選ぶときは、セラミドの種類が重要ということになります。セラミドの中でも高い保湿力を持っているのが、人間の肌にあるセラミドと構造が近いヒト型セラミドなのです。(※合成セラミドとの比較による)

ヒフミドはヒト型セラミドが使われているスキンケア製品ですがマイルドクレンジング、ソープ、エッセンスローション、エッセンスクリーム、UVプロテクトベースの5つのアイテムがあります。全ての製品にヒト型セラミドが配合されていますので、単体で使用するよりもライン使いのほうが保湿力を高められるでしょう。また、ヒフミドはセラミドの成分の中でも3種類のヒト型セラミドを高配合しているため、角質層まで浸透しやすく保湿力をより高めます。

ヒフミドには「ヒフミドトライアルセット」がありますので、実際に使って肌との相性を確かめてみましょう。トライアルセットは5つのアイテムが全て揃っており、1週間分使えるようになっています。

全ての製品にヒト型セラミドを配合!ヒフミドラインナップを紹介

ヒフミドトライアルセットは、ヒフミドの全ラインナップを約1週間試せるサイズです。マイルドクレンジングは、良く伸びてメイクとなじみやすく肌への負担が少ないミルクタイプのメイク落としです。ヒト型セラミドが肌に潤いを与えながら、ゴシゴシとこすらなくてもマスカラや口紅も落としてくれます。メイク落としには以下の成分が配合されています。

水,パルミチン酸エチルヘキシル,DPG,グリセリン,ステアリン酸ポリグリセリル-10,イソノナン酸イソノニル,ジグリセリン,ペンチレングリコール,セラミド1/セラミド2/セラミド3,アルテア根エキス,ゼニアオイ花エキス,グリチルリチン酸,2K,BG,オリーブ油脂肪酸セテアリル,オリーブ油脂肪酸ソルビタン,(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー,カルボマー,キサンタンガム,フェノキシエタノール,水酸化K

トライアルキットのマイルドクレンジングの内容量は10gです。
洗顔で使用するのはヒフミドソープです。ネットを使用しなくても弾力のあるクリーミーなキメ細かい泡が作れ、毛穴の奥の汚れや余分な皮脂をすっきりと洗い流してくれます。洗顔後の肌もツッバリ感がなくしっとりとするのが特徴です。洗顔石鹸には以下の成分が含まれています。

カリ含有石ケン素地,水,ラウリン酸,セラミド1,セラミド2,セラミド3,ダイズステロール,ポリクオタニウム-51,加水分解ローヤルゼリータンパク,グリチルリチン酸2K,コンフリー葉エキス,フユボダイジュ花エキス,ボタンエキス,グリセリン,スクワラン,セルロースガム,フェノキシエタノール,イソステアリルアルコール,エチドロン酸4Na,酸化亜鉛,酸化チタン,シリカ水酸化Al,デキストリン,トコフェロール,クエン酸

トライアルセットの石鹸は13gです。
エッセンスローションは手に取るとさらりとしたテクスチャーに感じますが、肌に付けるとぐんぐん馴染んでいくのがわかるほどです。2〜3回重ね付けすることでより保水力がアップするでしょう。エッセンスローションには以下の成分が配合されています。

水,BG,グリセリン,ジグリセリン,ベタイン,ペンチレングリコール,メチルグルセス-20,セラミド1,セラミド2,セラミド3,グリセリルグルコシド,カンゾウ葉エキス,ポリクオタニウム-51,ポリクオタニウム-61,ナットウガム,オレイン酸,PEG-60水添ヒマシ油,アルギン酸Na,キサンタンガム,ポリアクリル酸Na,フェノキシエタノール,トコフェロール,クエン酸Na

トライアルセットには化粧水が20ml入っています。

エッセンスクリームはヒト型セラミドを4%と高配合しているのが特徴です。ヒト型セラミドを使用したスキンケア製品は他にもありますが、1%にも満たない配合量であるものが少なくありません。また、ヒト型セラミドは1%以上配合しようとすると他の成分に溶けにくいなど、扱いが面倒なのです。小林製薬の技術と研究を駆使して高濃度のヒト型セラミド配合に成功したのが、エッセンスクリームです。さらっとした使い心地でベタベタ感がなく使用感は軽めですが、肌にしっかり潤いを与えてくれます。エッセンスクリームには以下の原料が使われています。

水,BG,ミリスチン酸ポリグリセリル-10,グリセリン,セラミド2,ダイズステロール,イソステアリルアルコール,ペンチレングリコール,ホホバ種子油,スクワラン,セラミド1,セラミド3,グルコシルセラミド,ポリクオタニウム-51,ポリクオタニウム-61,キハダ樹皮エキス,PCA-Na,マカデミア種子油,マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル,α-グルカン,カルボマー,フェノキシエタノール,トコフェロール,水酸化Na

エッセンスクリームにはホホバ種子油やスクワラン、マカデミア種子油などのセラミド以外の保湿成分も配合されています。エッセンスクリームはトライアルセットでは4g入っています。

紫外線は肌にダメージを与えて乾燥をすすめる原因となりますので、日焼け止めで肌を保護する必要があります。UVプロテクトベースは日焼け止めだけでなく、化粧下地としても使用できます。紫外線をしっかりカットしながら、紫外線吸収剤や界面活性剤を使用していないのもうれしい点です。少量でもよく伸びてべた付きにくく、くすみや色ムラまでカバーしてくれます。UVプロテクトベースには以下の成分が配合されています。

水,グリセリン,トリエチルヘキサノイン,酸化チタン,BG,オリーブ果実油,ベヘニルアルコール,ペンチレングリコール,含水シリカ,ジメチコン,セラミド1,セラミド2,セラミド3,ダイズステロール,カンゾウ葉エキス,ヒメフウロエキス,アルカリゲネス産生多糖体,エチルヘキシルグリセリン,ポリクオタニウム-51,オレイン酸フィトステリル,セチルジメチコン,バチルアルコール,ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル),カルボマー,グリチルレチン酸ステアリル,酸化鉄,シリカ,トコフェロール

UVプロテクトベースは、0.5g入りが5包分入っていて使い切りです。

知っておきたい!ヒフミドの保水力を高める使い方

正しい使用方法が知りたい

ヒフミドは全てのアイテムに保湿成分が含まれています。しかし、使用方法によっては保湿成分が働きにくくなってしまいますので適切に使うようにしましょう。マイルドクレンジングはメイクとのなじみを良くするために、手や顔を濡らさずに使用するのがコツです。また、適量を守らないとメイク落ちが悪くなりますので注意しましょう。手のひらにさくらんぼ大の大きさの量を出して、顔全体に付けてメイクとよくなじませます。メイクとなじんできたらぬるま湯でよく洗い流します。

次にクレンジングで落とし切れなかった汚れや余分な皮脂汚れを、洗顔で落としていきます。ヒフミドの洗顔ソープは泡立てネットを使用しなくても十分泡立つのですが、泡立てネットを使ったほうが短時間でもこもこの泡が作れて便利です。作った泡を顔に乗せて泡を転がすようにして、顔全体を洗っていきます。その後ぬるま湯で十分に泡を洗い流しましょう。

洗顔後、軽く水気を拭き取ったら手のひらに10円玉大のエッセンスローションを出して、軽くおさえるようにしながら顔全体になじませていきます。このときに肌をたたいてしまうと肌に負担となりますので、顔に押し当てるようにしてハンドプレスします。特に乾燥している部分には2〜3回重ね付するといいでしょう。化粧水が肌に馴染んだら仕上げにエッセンスクリームを付けます。使用量の目安はパール粒大です。クリームを手に取って優しく顔全体になじませていきましょう。

クリームを塗ったらメイク前にUVプロテクトベースを付けます。パール粒小が目安の使用量ですので手に取って顔全体に薄く伸ばしていきます。目元や鼻筋は紫外線に当たりやすい部分ですので、重ね付けしておくと安心です。洗顔、エッセンスローション、エッセンスクリームは朝晩共通、クレンジングは夜、UVプロテクトベースは朝のお手入れで主に使用します。

使った人の感想は?SNSやwebの口コミ・評価をチェック

口コミ
新しくスキンケアアイテムを試すときに、実際に使用した人の口コミはとても参考になります。

Twitter

Twitterではおすすめポイントとして、ニキビ肌の改善がみられたという投稿が何件かみられました。赤みを帯びたニキビ肌でしたが、ヒフミドを使って1カ月ほど経ったら、かなりニキビ跡がなくなってきたそうです。ニキビとニキビ跡でかなり赤くなっていた肌がヒフミドおかげで落ち着いてきたというコメントもありました。他にも、ヒフミドを使ってから実年齢よりも若くみられることが増えたという意見もあります。メリットも多いですが、UVプロテクトベースが肌に合わず使用すると顔がパリパリになるというコメントもみつかりました。

Instagram

Instagramでは、今まで何をやっても改善しなかった頬の乾燥が落ち着いてきた、使い始めてインナードライ肌が変わってきたという保湿力の高さを褒めるコメントがいくつか見られます。他にも、クレンジングミルクはメイクとのなじみが抜群で頑固なメイクもきれいに落としてくれるといったコメントがありました。使い心地に関して可もなく不可もなく、思ったほど効果がなかったという辛口コメントも寄せられています。

@コスメ

@コスメではかなりの敏感肌、乾燥肌の人でも肌の赤みやかゆみが落ち着いてきた、肌の調子がよくなった、肌が柔らかくなったという意見がありました。また、人によってはクリームのべとつきが苦手、値段が高いというコメントもみられます。
※個人の感想ですので、効果や効能が保証されるわけではありません

ヒフミドトライアルセットを最安値で購入する方法

購入できる店舗やサイトは

通販サイト 取り扱い
公式サイト
Amazon
楽天 ×
Yahoo!ショッピング

(2019/8/22現在)

ヒフミドトライアルセットの価格

ヒフミドトライアルセットを最安値で購入するには、金額のみ比較するとAmazonが安いですが、別途送料(400円)が必要です。

公式サイトも送料(324円)が必要になりますが、初回限定のセットだと花柄バッグのおまけつきで公式サイトが一番お得になります。そのほか、公式サイトではさまざまなキャンペーンが行われており、さらにお得に購入できる可能性があります。

販売サイト 商品価格
公式サイト 980円
Amazon 860円
楽天市場
Yahoo!ショッピング 1,180円

(2019/8/22現在)

キャンペーンや割引

公式サイトで現在もキャンペーン中の特典は以下で、割引やプレゼントが豊富です。

・初回限定で特別価格980円+送料

・1回の注文金額3,240円以上で送料無料

・花柄バッグ付き

・商品到着日より30日以内の返品・交換可能(不良品以外は送料負担)

他の通販サイトには、特典などはありませんので、公式サイトで購入するのが一番お得に安く購入することができますね。

万が一、お肌に合わない場合は返品交換が可能なのも公式サイトならではです。

商品本体価格の1%のポイントが付与され、年間累計利用金額が増えるほどポイントの付与率も上がります。(最大4%)

さらに小林製薬の通信販売では「シールためトクサービス」があり、明細書についている応募シールを集めるとプレゼントカタログから好きなものと交換できる特典があります。

もしトライアルセットを購入して商品を気に入った場合には、定期お届け便を利用すると最大16%の割引を受けることができます。定期お届け便は毎月・2か月・3か月のコースがあり、自分のペースで利用することが可能です。

送料について

送料は全国一律324円(税込)です。ただし、1回の注文金額が3,240円(税込)以上の場合は送料無料になります。

小林製薬の通信販売では化粧品の他、サプリや医薬品なども販売していますので、必要なものを一括で購入すれば送料無料にすることができますね。

購入金額 送料
3,240円未満 324円
3,240円以上 無料

価格や保湿成分は?人気の保湿化粧品と比較!

保湿力の高い有効成分が使われているスキンケア製品がいくつかありますので、ヒフミドと比較してみましょう。

コーセーから販売されている「米肌」は、肌が水分を保持する力を高めるために作られたスキンケアブランドです。人間の皮膚にもあるセラミドを配合するのではなく「ライスパワーNo11」を配合し、セラミドの生成を促すのが特徴です。化粧水の価格を比較してみるとヒフミドの保湿化粧水が120ml入りで税込3240円、米肌の肌潤化粧水は120mlで税込5400円です。

ayanasuも保湿化粧水として人気があります。ayanasuの化粧水もヒフミド同様にヒト型セラミドを配合しナノサイズにカプセル化することで、いっそう保湿力を高めています。ヒフミドでは3種類のセラミドが使われているのに対し、ayanasuではセラミドは1種類しか配合されていません。アヤナスローションコンセントレート(化粧水)は125ml入りで税込5400円です。

エトヴォスもヒト型セラミドを配合したスキンケアシリーズです。モイスチャライジングローション(化粧水)にはヒト型セラミドだけでなく「ホスホリルオリゴ糖Ca」「ヒアルロン酸」「植物性プラセンタエキス」といった天然の高保湿成分をたっぷり配合しています。価格も150mlで3456円とヒフミドと同じくらいの価格です。

乾燥肌や敏感肌にはヒト型セラミドを補給!

皮膚の天然保湿成分のひとつであるセラミドは、加齢などが原因で減少していきます。それが肌の乾燥やトラブルを引き起こす原因を作るのです。ヒフミドは人間の肌になじみやすいヒト型セラミドを配合し、内側から肌に潤いを与えてくれます。値段も他の高保湿スキンケア製品と比べてお手頃ですので、コスパも良く続けやすいです。乾燥肌や敏感肌対策にヒフミドを取り入れてみましょう。

ヒフミドトライアルセットの公式サイトはこちら