アイキララの使い方とは?正しく使って健康な目元を目指そう!

カテゴリ:2019/06/06

少し寝不足になっただけで、すぐにクマができてしまうと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そんな目元の悩みをサポートしてくれる「アイキララ」は、自己流で使うよりも正しい使用方法を守って使ったほうが高い効果が期待できます。今回は、より魅力的な目元を手に入れるために、アイキララの正しい使い方を紹介します。

アイキララ

↓アイキララは全額返金保証!3,278↓

アイキララの公式サイトはこちら

アイキララの特徴を知ろう!

目元は、私たちの体の中でも他人の視線が特に集まりやすい部位のひとつです。どんなにバッチリとメイクをしていても、目元が不健康に見えると残念な印象を持たれてしまうこともあります。

「目元を何とかしたい」と、日々スキンケアに力を注いでいる人も多いのではないでしょうか。そんな悩みをサポートしてくれる心強い存在が、アイショットクリーム「アイキララ」です。

「アイキララ」は、加齢によって衰えた目の下の皮膚に対してアプローチしてくれるアイショットクリームです。

目の下の皮膚は非常に薄く、年齢とともにハリが失われて痩せていきます。皮膚が薄くなると肌の下の色素が透けやすくなるため、目元が暗く感じるのです。隠そうとすればするほど厚化粧になり、余計に老けて見えてしまうこともありますよね。

アイキララは、このようなお悩み対策として、皮膚の内側(角質層)に働きかけてくれるアイテムです。

まず、配合されたビタミンC誘導体などの作用により、コラーゲンの働きがサポートされて肌にハリを与えます。これにより、肌がふっくらとして陰影がつきにくくなったり、皮膚の下の色素が透けにくくなったりすることで、くすみの改善が期待できます。

肌の外側からではなく、内側からアプローチすることで根本的なくすみの改善が期待できるため、原因がハッキリしない目元の悩みもアイキララを使えば解決できる可能性が高まるのです。

「スキンケアは本当に効果があるのか、わかりにくい」と思っている人も多いでしょう。この点、アイキララは効能評価試験を済ませています。目の下の状態に関する複数の項目において、アイキララを使用する前後で比較試験が行われました。

結果は論文にまとめられ、正式な研究誌に掲載されています。研究誌へ掲載された実績のあるアイキララは、十分信頼のおけるスキンケアのひとつなのです。効能評価試験を行っていないスキンケアも多い中で、これは安心できるポイントですね。

しかも、アイキララは3年連続で「モンドセレクション金賞」を受賞しています。モンドセレクションとは、厳しいチェック項目をクリアした優秀な商品に与えられる国際的な賞のこと。それを3年連続で受賞し続けているということからも、いかにアイキララが信頼できるスキンケアであるかがわかります。

目元ケアで注意したいポイントとは?

アイキララは高い効果が期待できるクリームですが、どのような使い方をしても良いというわけではありません。目元は体中の皮膚の中でも特に薄いため、刺激に弱い部位です。ゴシゴシと力を入れてケアすれば、かえって肌がダメージを受けてシワやくすみの原因になってしまいます。目元をケアするときは、できるだけ刺激を与えないように優しく行いましょう。

また、皮膚が薄い目元はコラーゲンなどの保湿成分も少なく、乾燥しやすいという特徴もあります。しっかりスキンケアをしているつもりでも、実はケアが足りずに乾燥を招いている可能性もあるのです。きちんと保湿するためにも、アイキララのような目元専用のケアアイテムを適切な量と回数で使うことが大切です。

目元も顔の一部なので、顔の他の部分と同じようなスキンケアを行ってしまいがちですよね。しかし、皮膚が薄くデリケートな目元には、特に慎重なケアが必要だと気付いていただけたのではないでしょうか。肌に負担をかけずにケアしたいなら、やはり目元のケアに特化したアイキララがおすすめです。

アイキララの正しい使い方を紹介!

効果的に目元をケアするには、アイキララの正しい使い方を知っておくことも大切です。まず、アイキララは1日2回を目安に使用しましょう。1回につき、1プッシュするだけで適量が取り出せます。1プッシュだけでも必要な量が十分に出るので、過剰にプッシュする必要はありません。

クレンジングでしっかりメイクや汚れを落としたら、化粧水で肌を整えましょう。それが終わったら、手の甲などにアイキララのクリームをプッシュして取り出します。

クリームを目元につけるときは、必要以上に力が入る心配のない薬指を使って目元になじませるのがおすすめです。このとき、指で目元をこすって肌にダメージを与えないようにしましょう。

指の腹でトントンと軽くなじませるのが基本ですが、できればクリームを温めるように手のひら全体で5秒ほど押さえましょう。指の熱で成分が溶け、より浸透しやすくなります。ケアが終わったら、美容液や乳液などで肌を整えて終了です。

自己流よりも正しい使い方をしよう!

皮膚が薄く乾燥しがちな目元は、非常にデリケートな場所です。だからこそ、自己流ではなく正しいケアの方法を知っておくことが欠かせません。せっかくのアイキララも、正しく使えなければ効果が低くなってしまう可能性があります。優れた効果を最大限発揮させるためにも、実際に使い始める前に正しい使い方をマスターしておきましょう。

↓アイキララは全額返金保証!3,278↓

アイキララの公式サイトはこちら