オルビスユーの口コミを調査!トライアルや最安値の価格も比較しました

オルビスユー
カテゴリ:2018/10/31

多くのスキンケア商品が販売されている現代では、自分の肌に合ったものを探し出すだけでも容易なことではありません。人によって肌の悩みはさまざまなので、それぞれに合わせたスキンケア商品を使うべきだからです。一般的なスキンケア商品は、特定の悩みに特化して作られていることがほとんどです。そのため、自分に合っている商品を選べなければ、せっかくスキンケアをしてもあまり良い結果が見込めなくなってしまいます。

しかし、オルビスユーは肌のあらゆる悩みを複合的に着目して作られています。多種多様な悩みに対して、オルビスユーが個々に合わせた悩みを狙い撃ちしてくれるのです。オルビスユーとは一体どんな商品なのか、その魅力を探っていきましょう。

オルビスユーの公式サイトはこちら

オルビスユーとは?

オルビスユーの最大の特徴は、さまざまな肌の悩みの総合的な問題に着目して作られているということにあります。肌の悩みは、個々の肌の弱点がどこにあるのかによって変わってきます。その弱点をしっかり理解することができなければ、効率的なスキンケアはできないのです。しかし、大抵の女性は自分の肌の悩みは理解していてもその根本的な弱点までは把握できていません。そのため、なかなか肌の悩みを解決しにくくなっているケースが多いのです。

オルビスユーは、肌の見た目年齢に差が出てくるポイントを6つに絞りました。

それは、「透明感」「キメ」「ハリ」「うるおい」「バリア」「なめらかさ」です。

これら6つの要素がよい状態に保たれている肌は、見た目年齢も理想的となります。このことから、この6つの要素のバランスこそ、見た目年齢を左右するカギであると考え商品が作られました。しかし、この6つの要素のどれが弱点となっているのかは、人によって全く異なります。そこで、オルビスユーは6つの要素のバランスを整えることに着目しました。

HSP(ヒートショックプロテイン)と呼ばれる成分を配合し、肌の弱点にアプローチできるような商品にしたのです。HSPは肌の弱点を集中的にトリートメントできる特徴があるため、肌のバランスを整えることが可能となっています。これによって、使う人によって違う弱点にも、オルビスユーが弱点に合わせてアプローチしてくれるのです。

また、保湿にもこだわって作られていて、濃密ウォータージェリーや低分子ヒアルロン酸、浸透感アップ成分(角質層まで)などを配合しています。このこだわりの配合によって、乾燥しやすい肌にも水分をしっかりと補給します。

肌の水分量が十分であれば、バリア機能も正常になりキメも整いやすくなります。肌の健康の大元といえるのが、いかに十分な水分が含まれているかということです。だからこそ、オルビスユーは保湿にも強いこだわりを持って開発されました。こうしたこだわりから生まれたオルビスユーは、使う人の悩みに寄り添ってアプローチできる商品なのです。

オルビスユーのスペックを詳しく調査!

オルビスユー

オルビスユーには、「洗顔料」「化粧水」「保湿液」の3つのステップがあります。

洗顔料

洗顔料はブライトニングジュレウォッシュと呼ばれ、泡立たないジュレタイプとなっています。このジュレに含まれるWうるおいビーズによって、毛穴の汚れを洗浄してくれるのです。肌の汚れをしっかりと落とすことは、スキンケアの基本です。ブライトニングジュレウォッシュは、泡立てるという手間がないにも関わらず肌をしっかり洗浄できる洗顔料といえます。

容量 120g(トライアルセットは20g)
成分 水、DPG、グリセリン、イソステアリン酸PEG-20グリセリル、ジグリセリン、PEG-7(カプリル/カプリン酸)グリセリズ、オレンジフラワー水、酵母エキス、ローヤルゼリー、加水分解シルク、ポリエチレン、結晶セルロース、BG、カルボマー、水酸化K、トコフェロール、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン

化粧水

化粧水は、モイストアップローションです。高吸収型化粧水とされ、少量でも伸びがいいことが特徴となります。とろみのあるテクスチャーながらべたつかないので、とても使いやすい化粧水といえるでしょう。

容量 180ml(トライアルセットは20ml)
成分 水、BG、グリセリン、酵母エキス、PEG-75、プロパンジオール、加水分解ヒアルロン酸、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ポリグルタミン酸Na、ジグリセリン、PPG-24グリセレス-24、プルラン、PVP、キサンタンガム、クエン酸、クエン酸Na、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン

保湿液(日中用)

保湿液は2種類あり、朝用と昼用となっています。まずは、朝用から見てみましょう。朝メイクの前に使う保湿液はデイメモリーモイスチャーで、保湿だけでなく日焼けによるしみやそばかすを防いでくれます。伸びがよく薄いうるおいの膜を作り出してくれ、SPF20・PA++で日中の日差し対策も可能なのです。

容量 180ml30g(トライアルセットは8g)
成分 水、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、BG、シクロペンタシロキサン、マルチトール、酸化チタン、ジフェニルジメチコン、ベヘニルアルコール、酵母エキス、PEG-75、プロパンジオール、エクトイン、ドクダミエキス、グリセリン、キサンタンガム、ジメチコン、水酸化AI、トリメチルシロキシケイ酸、ハイドロゲンジメチコン、含水シリカ、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、トリステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアロイル乳酸Na、ココグリセリル硫酸Na、フェノキシエタノール、トコフェロール

保湿液(夜用)

夜用の保湿液は、ナイトメモリーモイスチャーです。形状記憶性のあるジェルで、ハリ成分によって肌にネットを形成します。ここからうるおい成分を放出するので、朝まで安心できる保湿液といえます。

容量 30g(トライアルセットは5g)
成分 水、グリセリン、BG、マルチトール、(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー、ジグリセリン、タルク、酵母エキス、PEG-75、プロパンジオール、加水分解コラーゲン、ハチミツ、オレンジフラワー水、ベントナイト、カルボマー、ポリアクリル酸Na、セルロースガム、アクリル酸Naグラフトデンプン、酸化チタン、フェノキシエタノール、メチルパラベン

オルビスユーの正しい使い方は?

オルビスユー 使い方

スキンケア商品は、その使い方がとても大切なポイントです。正しく使ってこそ、商品のよさが引き出されるからです。そこで、オルビスユーの正しい使い方を見ていきましょう。

オルビスユーの最初のステップは、洗顔です。ブライトニングジュレウォッシュを使って、まずは汚れを徹底的に落としていきましょう。洗顔料を手にとる前に、顔と手を水かぬるま湯で素洗いすると汚れが落としやすくなります。ブライトニングジュレウォッシュは泡立て不要の洗顔料なので、素洗いが終わったらパール1粒大ほどを手にとり、そのまま顔に乗せます。顔にのせたら、顔の中心から外に向けて優しくマッサージをするように洗いましょう。このとき、円を描くように心がけるとより汚れを落としやすくなります。10秒ほどを目安にマッサージをしたら、ぬるま湯で洗顔料をしっかりと落とすことが大切です。丁寧に洗顔料と汚れを落として、肌をまっさらな状態にしていきましょう。

洗顔をしたら、モイストアップローションの出番です。ティースプーン半分程度が使用量の目安ですが、少量ずつを2~3回にわけて使うといいでしょう。下から上に向かって、やさしく肌になじませていきます。モイストアップローションが肌になじんだら、次は保湿液を使う手順です。朝のケアの場合は、小豆1~2粒程度を手にとりやさしく顔全体になじませていきましょう。気になる部分は、重ねづけをして指先でなじませます。

夜用のナイトメモリーモイスチャーも、使い方は基本的に朝用と同じです。小豆1~2粒程度が使用量の目安となるので、手にとっていきましょう。ナイトメモリーモイスチャーの場合は、このとき手の上で一度ほぐしておくと顔になじみやすくなります。そして、ほぐした保湿液はすぐに顔にのせていきましょう。顔にのせたら下から上へ引き上げるイメージで、指全体を使ってなじませます。ナイトメモリーモイスチャーも、気になる部分には重ねづけしていくと安心です。

オルビスユーの口コミ・評価

口コミ

リピーターの声

twitterや@コスメの口コミ

オルビスユーの口コミでは、保湿力の高く肌の質感が変わったという声や肌の悩みが改善されたという声がとても多くありました。また、肌にスーッとなじむ使い心地は、多くの女性から好印象となっています。コスパがいいという点においても、多くの使用者から高評価となっていました。そして肌の角質層までの浸透力の高さには、嬉しい口コミがとても多く挙げられています。

ただし、中には肌に合わずに吹き出物やニキビなどの肌トラブルが出てしまったという口コミもありました。複合的な問題に着目しているオルビスユーですが、それでも肌に合わない女性もいるのです。また、伸びがいいという口コミが多い中で伸びがよくないという評価もいくつか見受けられました。テクスチャーについては、人によって感じ方に大きな差があるといえそうです。評価がよくない口コミでは、効果を感じられなかったという意見も挙がっていました。

総合してみると、オルビスユーはとても高い評価を得ている商品といえます。もちろん肌に合わなかったなどのよくない評価もありますが、それを加味しても全体として評価は高いといえるでしょう。肌の健康を維持するために必要な要素を多く取り入れているオルビスユーだからこそ、こうした評価を得られているといえそうです。
※個人の感想ですので、効果や効能が保証されるわけではありません

オルビスユーの価格はどれくらい?

オルビスユーは現時点で主なドラッグストアなどでは市販されていないので、インターネットでしか購入できない商品となっています。インターネット上では、公式サイトの他アマゾン楽天ショップでの購入も可能です。

定価は、洗顔料が1944円(税込)化粧水が3024円(税込)朝用保湿液が2916円(税込)夜用保湿液が3240円(税込)となっています。公式サイトでは、この他トライアルセットが1296円(税込)で販売されています。

アマゾンでは洗顔料と夜用保湿液が取り扱われており、さらに化粧水の詰め替えが2700円(税込)で販売されています。楽天市場では、洗顔料が最安で1989円(税込)となっています。化粧水の詰め替えは2940円が最安となり、夜用保湿液は3504円(税込)です。

その他、夜用保湿液の詰め替えも販売されており、2770円(税込)に送料648円となっていました。また、楽天ショップにはお試し用も販売されており、化粧水5回分と夜用保湿液5回分が、それぞれ226円(税込)+送料298円となっています。

公式サイトのトライアルセットならば、洗顔料なども全て試すことができますが、単品のお試しをしたい場合は便利かもしれません。

オルビスユーは、公式サイトでの定期購入のシステムがありません。そのため、継続して使うためには都度注文をしていく必要があります。定期購入ではないため、自分のペースで購入ができることは利点になりそうです。

オルビスユーを相場で比較した結果

オルビスユーを相場で比較すると、価格帯的にはそこまで高価ではないことがわかります。プチプラとまではいかないまでも、そのコスパのよさには定評があります。また、コスパがいいとされる理由としてはそのスペックの高さも理由の1つです。

肌のためを一番に考えた成分構成は、肌質を選ばず使うことができるでしょう。さまざまな肌の悩みにアプローチできるように作られているからこそ、スペックが高いながらもコスパのよさを実現できているといえます。特定の悩みに特化している訳ではなく複合的な悩みを対象に作られている特徴があるオルビスユーは、コスパにしても使い心地にしても納得している女性が多いのです。

オルビスユーならスキンケア商品選びに悩まない!

オルビスユーは、さまざまな肌の悩みにアプローチするスキンケア商品です。肌のバランスを整えることを基本とした商品ラインナップは、それぞれに特徴敵なものとなっています。特に、泡立てない洗顔料には戸惑う人も多いのではないでしょうか。泡立てない洗顔料だからこそ、オルビスユーは機能するのです。

こうして、それぞれの商品は肌のバランスを整えるための大切な1ステップを担っています。そんなオルビスユーは、スキンケア商品選びに悩まず使える商品といえるでしょう。さまざまな悩みに合わせて使えるオルビスユーだからこそ、肌の知識が少なくても使いやすいスキンケア商品なのです。

↓まずはトライアルセットから!!↓

オルビスユーの公式サイトはこちら