米肌とライスフォースの違いは?価格や特徴、成分を比較!

カテゴリ:2019/05/16

米肌とライスフォースはどちらも保湿系のスキンケア化粧品として有名です。また、名前を見ても分かる通り、両者ともお米のエキスが配合されている点でも共通しています。加えて両方とも人気商品です。そのため、どちらを使ってよいのか迷ってしまうという人も多いのではないでしょうか。

そこで、化粧品選びの参考になるように、米肌とライスフォースの特徴や違い、そして、どちらを選択するかを決める際のポイントについて解説をしていきます。

トライアルセットは公式サイトがお得!
米肌の公式サイトはこちら

トライアルセットは1,527円(税込み)

価格が安いのはどちら?

ライスフォースと米肌の価格を比較してみると、全体的にライスフォースのほうが高めです。たとえば、化粧水を比較した場合、米肌の『潤滑化粧水』120mlが5,500円(税込み)なのに対してライスフォースの『ディープモイスチュアローション』120mlは8,000円といった具合です。その他にも、米肌の美容液『肌潤改善エッセンス』30mlが7,700円、保湿ジェル『肌潤ジェル』40gが,500円なのに対して、ライスフォースでは同量の美容液『ディープモイスチュアエッセンス』が1万円、保湿クリーム『ディープモイスチュアクリーム』が8,000円となっています。米肌と比べるとライスフォースのほうが5割程度高いといった印象です。これは結構な差なので手軽に使ってみたいという場合は米肌に軍配が上がります。

しかし、忘れてはならないのがトライアルセットの存在です。化粧品を選ぶ際に重要なのは自分の肌に合うかどうかです。それを確かめるためにも試供品は欠かせません。試供品の値段に関しては米肌のほうが安価に設定されています。両者とも化粧水・美容液・クリームの3点がトライアルセットとして提供されていますが、米肌が14日分1,527円に対してライスフォースは10日分1,400円です。これは1日分に換算すると米肌は約109円、ライスフォースは140円となります。

ライスフォースの場合はなんと定価の8割引で試供品が提供されているのです。まずは手軽に試してみたいという人にとって、これは大きな魅力ではないでしょうか。

(2020年5月現在)

成分の違いは何?

米肌とライスフォースにはどちらもライスパワーNo.11というライスパワーエキスが含まれています。ちなみに、ライスパワーエキスとはお米のエキスを抽出して麹菌・酵母・乳酸菌を加えて発酵と熟成をさせた成分のことです。その中でも、ライスパワーNo.11はセラミドの生成を助ける働きがあり、医薬部外品の効能としての水分保持機能改善効果が認められています。しかし、「同じ成分が含まれているのなら両方とも似たようなものでは?」と思うかもしれませんが、実はその含有量に大きな差があるのです。

米肌の化粧水にはライスパワーNo.11だけではなく、発酵コンプレックスや乳酸Na、グリコシルトレハロースなど、さまざまな成分が豊富に含まれています。これらには美容成分の浸透(※角質層まで)を促進し、潤いが逃げないように密封する働きがあります。ただ、逆に言えば、ライスパワーNo.11の含有量そのものは比較的少なめです。そのため、美容液のみが医薬部外品で、他は化粧品扱いになっています。

それに対してライスフォースはライスパワーNo.11の含有量が多く、全アイテムが医薬部外品扱いです。医薬部外品とは医薬品よりは効果が緩やかであるものの、人体に対する改善効果や予防効果があると厚生労働省が正式に認めたものです。つまり、そのアイテムが化粧品か医薬部外品かによって期待できる効果に大きな違いがあるわけで、そのことから判断してもライスフォースの成分構成がいかに優れているかをうかがい知ることができます。

使用感の違いはある?

ライスフォースの化粧水を使用した際に気になるのが中の液体がなかなか出てこないという点です。容器をしっかりと振れば出てくるのですが、手のひらにある程度の量を出すまでには少し時間がかかります。しかし、視点を変えれば、一度に大量に出てしまうのを防いでくれるので、少量だけ使いたい場合には便利だといえるのではないでしょうか。一方、米肌の方は容器を振らずとも傾けただけで中身が出てきます。手軽に使うことができますが、倒すとすぐにこぼれてしまう点は注意が必要です。

次に、テクスチャーですが、ライスフォースのほうはべたつきが多少気になるかもしれません。それに対して、米肌のほうはライスフォースよりもとろみを感じるのにベトつかず、肌になじみやすいのが魅力です。また、両者とも抜群の保湿力で、朝までしっとりした肌を持続することができます。さらに、浸透力も抜群で、成分が肌の角質層まで行き渡る感覚を味わえます。保湿力と肌への浸透具合に関しては両者とも高いレベルで、甲乙つけがたいといったところです。

米肌とライスフォースのどちらを選ぶべき?

両者を比べた場合、水分保持機能改善効果に優れているのはライスフォースのほうです。したがって、深刻な乾燥肌に悩んでいる人、あるいは30代や40代の人はライスフォースのほうが適しているといえます。一方、乾燥がそこまで気にならず、予防目的で使いたいという場合は米肌のほうが向いているのではないでしょうか。

ただし、化粧品は実際に使ってみないとわからない部分があるのも確かです。そこで、両方のトライアルセットを試してみて、自分に合うと思ったほうをそのまま使い続けることをおすすめします。自分にとってベストのスキンケア化粧品を選択して、理想の肌を目指していきましょう。

トライアルセットは公式サイトがお得!
米肌の公式サイトはこちら

トライアルセットは1,527円(税込み)

>