韓国旅行のお土産は人気のフェイスパックで決まり!空港の購入場所も紹介します【2019年保存版】

韓国コスメおすすめフェイスパック
カテゴリ:2019/03/05

韓国といえば美容大国!人気コスメやスキンケアなど美容グッズがたくさんあり、ショッピングするのも旅行の楽しみの1つですよね。

今回はそんな豊富な美容グッズの中でも、自分用にもバラマキ系のお土産にもピッタリな今人気のフェイスパックを紹介します。

ソウルや釜山などの空港でも買えますので、購入場所も紹介していますので是非チェックしてください。

たくさんあって迷っちゃう!
お土産用フェイスパックの選び方は?

お土産用のフェイスパックを購入する場合、人気の高いものや新作を選ぶのがコツです。種類が多いだけに一風変わった成分を使用しているフェイスパックもあるのですが、なかには強烈な臭いのものがあるので注意が必要だからです。

sachiko
お土産にするには、ちょっと不安だな…

変わったフェイスパックをお土産にするには、一度自分で試してから検討したほうが良いでしょう。人気の高いものならそれだけ多くの人が気に入っているということなので、使い心地や香りで失敗することはほとんどありません。また、美容コスメが好きでトレンドに敏感な人へのお土産であれば人気ブランドの新作パックを選ぶと喜んでもらえます。

ちなにみ、フェイスパック1枚の価格は100円前後で比較的安価なものが多いので、何枚かセットにすれば渡す側は選ぶ楽しみが増えますし、もらう側の喜びも倍増するはずです。同僚など複数の人に気持ちとしてちょっとだけお土産を渡したい場合は、セット売りのフェイスパックをばらして配るという方法もあります。

それでは、韓国で今人気のフェイスパックを価格順に紹介します。

ホリカホリカ ピュアエッセンスシートマスク

<価格>1枚80円前後

ホリカホリカのフェイスパックは、韓国の人気美容系番組でマスク特集で1位に輝いた商品です。ホリカホリカのフェイスパクにはいくつかのシリーズがありますが、プチプラなのに肌がうるおうということで「ピュアエッセンスシートマスク」の人気が高くなっています。日本円で1枚約80円前後なのでとてもお得ですよね。

sachiko
まとめ買いすると、おまけしてくれるお店もあるよ!

毎日フェイスパックを使用している人なら、自分用お土産として大量に購入しておくと良いかもしれません。

このシリーズは10種類で「ストロベリー」「レモン」「アサイー」「アボカド」「きゅうり」のほか、「ライス」といった食べ物系が多くあります。ほかには、「ローズ」「真珠」「緑茶」「シアバター」など、美容に良さそうな素材が揃っています。パッケージがキュートなので、使うたびにワクワクできるのではないでしょうか。

メディヒール

<価格>1枚100円前後

メディヒールはフェイスパック専門のメーカーで、全部で13種類あります。開発には皮膚科医もかかわっており、累計販売数10億枚を突破するほど人気の高いフェイスパックです。

定番は「N.M.Fアクア」で、肌にうるおいを与えすこやかに保ってくれます。ニキビやテカリが気になる人には「ティーツリーケアソリューション」、はりを改善したいなら「コラーゲンインパクト」、保湿重視なら「ヒアルロンアクア」です。美白を意識する人には「ビタライトビーム」、肌をすこやかにする「PDF ACドレッシング」「I.P.Iライトマックス」「E.G.Tタイムトックス」もあります。

なお、メディヒールは世界26カ国で発売されており、日本で購入できるものもありますが、日本未発売の種類もあります。

sachiko
日本では販売されてない種類をゲットするのがポイント!

それは「プラセンタ リバイタル エッセンス」「D:NAプロアチン アクアリング」「R:NAブライトニング」「P:EPプロアチン ファーミング」「A:PEプロアチン スムージング」です。

種類が多いだけでなく、価格は日本円で1枚100円程度とお手頃ですよ。一度使用して病みつきになったという人が続出なので、自分用にも友人用にも、ぜひ1枚は取り入れてみてください。

I’m SORRY For MY SKIN

<価格>1枚300円前後

ネーミングとパッケージが何ともインパクト大なフェイスパックですが、中身はとっても真面目です。

価格は日本円で1枚300円程度で種類は4つあり、それぞれのパッケージの意味を知るとおもしろいですよ。

1つ目はビールが描かれた「リバイタライジング」。アルコールを飲むと体内の水分が奪われるので、肌が乾燥してしまう可能性があります。そこで、肌の乾燥が気になる人にはビールのパッケージが向いています。2つ目はコーヒーの「ブライトニング」で、カフェインはビタミンCを破壊してツヤを失うというイメージのようです。そのため、ツヤ肌を目指す人に向いていますよ。3つ目はタバコの煙が描かれた「リラクシング」で、敏感になった肌を鎮静させたいときに向いています。そして、4つ目がスイーツの「ポアケア」で、糖質や脂質を摂取しすぎて毛穴が気になる人のためのパックです。

sachiko
ワインやスイーツ好き女子へのお土産にピッタリ!

何かと負担をかけている肌に対してごめんねの意味を込めて、パックでしっかりケアしてあげましょう。ジェリーマスクなので液だれしにくく、肌への密着度が高いので使い心地も気持ち良いですよ。アルコールが好きな人にはリバイタライジング、スイーツが好きな人にはポアケアなど相手ぴったりのタイプが選べます。

ブリスキン

<価格>1枚300円前後

見た目の可愛らしさと高い実力で、発売早々話題になったブリスキンのフェイスパックは1度は試してほしい商品です。こちらのパックは一般的なフェイスパックの素材と異なり、ココナッツウオーターが主原料の100%天然素材でできています。

パック自体はとても薄くて、包装から取り出すとメッシュシートのようなものが出てきますが、そのまま使用するわけではありません。実は、網目状のシートが本体をはさみ込んでいる形になっているので、シートを剥がしてから使用するのです。はじめに片方のシートを剥がし、顔に乗せて密着させたらもう1枚のシートも剥がします。使い方は複雑ですが、極薄のプルプルパックで肌への密着度はピカイチです。

sachiko
薄くて密着するタイプが好きな人にはとてもおすすめ!

価格は日本円で1枚300円程度で、「ホワイト」「ピンク」「ショッキングピンク」「レッド」の4種類があります。ホワイトはトラブルケア用に、ピンクは保湿重視の人に向いています。ショッキングピンクは肌のトーンアップを意識している人、レッドは弾力を求めている人に向くので肌質に合ったものを選びましょう。なお、どの種類にも緑茶エキス・どくだみエキス・ツボクサエキスが含まれています。韓国コスメらしいキュートなカラーが揃っているのでインスタ映えしそうですね。

イニスフリー 火山灰パック

<価格>1本1,000円前後

顔に塗ってしばらくしたら洗い流すタイプのパックなので、シートタイプよりは少し手間がかかってしまいますが、おすすめしたいアイテムです。済州島でしか採れない火山灰を使用しており、肌をなめらかにしてくれます。洗い流すパックは肌がつっぱるという人もいるかもしれませんが、イニスフリーの火山灰パックは洗い流してもうるおいが残っている印象です。

sachiko
お風呂で使えるよ!

パックの種類は7種類でテクスチャーは3種類あります。まず、軽いつけ心地のウィータージェルクレイタイプ「イエロー(ブライトニング)」「ブルー(水分)」「ピンク(生気)」です。

それから、クリームタイプの「グリーン(多機能)」「パープル(鎮静)」で、柔らかいテクスチャーなので肌への負担も少なくなります。

そして、水に触れると泡ができるトレンスフォーミングタイプの「ホワイト(なめらかなキメ)」「ブラック(洗浄)」です。

ちなみに、この火山灰パックのポイントは、使い心地の良さや種類の多さだけではありません。自分で塗ることと7種類あることを活用して、オリジナルのケアができるのです。例えば、TゾーンはテカりやすいのにUゾーンは乾燥するという人は、Tゾーンにホワイトを塗り、Uゾーンにはブルーを塗ります。

シートパックとは異なり、一気に顔全体を覆ってしまわないため自由にカスタマイズできるというわけです。70ml入りで日本円で1本約1,000円前後とお手頃なので、まとめ買いもしやすいですよね。

SUM(スム)37°シークレットプログラミングマスク

<価格>1袋(8枚入)9,000円

スム37°は日本ではあまり見かけることがないものの、韓国の芸能人で愛用している人が多いブランドなんですよ。自然発酵化粧品のブランドとして人気を誇り、コスメはちょっと高価なアイテムが多い印象です。フェイスパックも8枚入りで日本円にして約9,000円と高価ですが、美容に関する意識の高い人にはスペシャルケア用としておすすめします。

sachiko
1枚1,125円もするけど、使ってみて損はなし!

シークレットプログラミングマスクはスム37°の数種類あるフェイスパックのなかの1つで、シークレットエッセンスという美容液がたっぷり含まれています。ちなみに、シークレットエッセンスは自然発酵成分が80種類以上も配合されており、肌をなめらかにしてくれる美容液です。

化学成分は極力使用しないことにこだわった贅沢な美容液で、実際に使用した人の口コミを見ると評価が高く、確かな品質ということが分かるアイテムです。そんな美容液を10倍濃縮したフェイスパックなので、使用後の肌を触るのが楽しみですね。

なお、美白を意識したい人には「ホワイト アワード ルミナスマスク」、少しだけ低価格の「ウォーターフル ディープ ハイドレイティング ゲルマスク」もあります。予算や好みで使い分けてみるのも良さそうです。

現地でフェイスパックを購入できる場所はどこ?

現地でフェイスパックを購入できる場所はどこ?

フェイスパックを購入するなら旅行の帰り際にも寄りやすい、空港周辺のドラッグストアなどで購入するのがおすすめです。

例えば、仁川国際空港(ソウル)の地下には「OLIVE YOUNG」というドラッグストアがあります。(第1ターミナル、第2ターミナルともに地下1階)コスメの種類が豊富でフェイスパックも充実しているので、時間の許す限り買い物を楽しめるでしょう。

また、金浦国際空港(ソウル)内には薬局しかないので、隣接する複合型ショッピングモールのロッテモールがおすすめです。「LOHB’S」というフェイスパックが充実しているドラッグストアがありますよ。さらに、韓国コスメのブランド店が建ち並ぶ一角もあり、コスメ好きにはたまらないショッピングモールになっています。

金海国際空港(釜山)の周辺では電車を利用して10分程度で行ける大型ディスカウント店Eマートへ向かいましょう。タイミング良くセール中に行ければ、よりお得にお土産をゲットできるはずです。

済州国際空港(済州島)の近くにも「OLIVE YOUNG」というドラッグストアがあります。空港周辺の観光をしながらでもチェックできますよ。

種類豊富なフェイスパックなら楽しみながら選べそう!

種類豊富なフェイスパックなら楽しみながら選べそう!

今回紹介したフェイスパックは、膨大な種類のなかでも人気のあるものばかりなので、きっと気に入ってもらえるはずです。もちろん、自分用のお土産としてもおすすめですよ。韓国のフェイスパックは個性的で、部屋に置いておくだけでもテンションが上がりそうなパッケージが多いため、いろいろな種類を集めてみるのも楽しいのではないでしょうか。

また、スペシャルケアで使いたい高価なパックだけでなく、毎日惜しみなく使えるようなお手頃価格のパックでもこだわって作られているのがうれしいポイントです。渡す相手の好みも考慮しつつ、韓国ならではのパックを選んで楽しい思い出のおすそ分けをしましょう。