ビーグレンは乳液がない?ビーグレンのスキンケア商品の正しい使い方

ビーグレン 化粧水乳液
カテゴリ:2018/12/20

化粧水と乳液はセットで使うイメージがありますが、それぞれの役割をご存知ですか。スキンアをしていく上で、製品の正しい使い方や知識を知っておくことが大切です。

ここでは、ビーグレンの製品の紹介や化粧水と乳液の役割、ビーグレンの乳液について詳しく紹介していきます。

正しいスキンケアの知識を身につけて、効果的なお手入れを手に入れましょう。

公式サイトではスキンケアの相談もできます
ビーグレンの公式サイトへ

ビーグレンの製品紹介

スキンケアプログラム トライアルセット 1

ビーグレンは「浸透深度」という発想から、肌を若返らせる製品を開発しています。どんなに良い製品を使ってスキンケアをしても、肌の奥まで浸透しなければ意味がないのです。そこで、ビーグレンはQuSome(キューソーム)というビーグレン独自の浸透テクノロジーを活かした製品を取り扱っています。QuSomeは、角層の奥まで美容成分を届け、肌の中に長時間とどまることで効果を持続させることを可能にした技術です。

QuSomeをスキンケア製品に採用することで、ビーグレンの製品を使う上で4つのメリットが得られます。

メリット1:肌になじみやすく、即効性が期待できる

QuSomeは水溶性と油溶性の成分を交互に重ね合わせており、同時に多くの美容成分を届けることが可能です。多くの美容成分が同時に届くため、効果が早く実感できます。

メリット2:安定した効果の発揮

超微小カプセルに美容成分を包むことで、肌への負担を軽減し、安定的に効果を発揮させます。

メリット3:必要な場所に必ず成分が届く

皮脂に近い成分で包むことで、肌に浸透しにくい成分も角質の奥まで浸透させることができます。

メリット4:しっかり留まり、効果が続く

スローリリース機能という、何層にも包み込まれた成分を徐々に放出することにより、長い時間効果を保つことができます。

化粧水と乳液の使い方の違い

ビーグレン 化粧水乳液

普段何気なく使っている化粧水と乳液ですが、あなたはどんな役割があるか知っていますか。よく知られているのが、「化粧水で保湿をして、乳液で蓋をする」ことではないでしょうか。しかし、化粧水と乳液の役割はそれだけではありません。

化粧水の役割

化粧水は「失われた水分を補う」役割をしています。化粧水の8割ほどは水分で作られており、水に溶けやすい美容成分が配合されているのです。化粧水は肌の保湿だけでなく、洗顔後に失われた水分を補給し、肌の角層に浸透させることで整肌してくれます。水分を補給するだけでなく、一緒に美容成分も肌に届かせて、乳液の成分も浸透させやすくする働きがあるのです。

乳液の役割

乳液は、「肌の内側に水分と美容成分を閉じ込める」役割を持っています。乳液は化粧水と違い、水分と油分で作られているのです。洗顔後は、水分の蒸発を防いだり外部からの刺激を受けにくくしてくれたりする「皮脂膜」が、洗い流されている状態になっています。そのため、乳液に含まれる油分で膜を作ることにより、化粧水の水分と美容液を閉じ込めることができるのです。また、乳液は皮脂膜が作り出されるまでのつなぎになり、潤い成分であるセラミドを肌に届けてくれます。

 

このように、化粧水と乳液をセットで使うことはスキンケアでとても大切なことです。化粧水をつけるタイミングも、洗顔後すぐにつけることで肌に潤いが保てます。

肌が乾燥したままにしていると、毛穴が開く原因や肌を守るために皮脂が過剰分泌し、毛穴詰まりの原因になってしまうので注意しましょう。正しいスキンケアを続けることで、いつまでも若々しい肌を保つことができるのです。

ビーグレンの乳液とは?

ビーグレンのスキンケアのステップは、洗顔料・化粧水・美容液・ゲル・クリームの順でつけていきます。

ビーグレンステップ

ステップを見てわかるように、ビーグレンのケアでは乳液がありません。ビーグレンでは乳液の代わりにゲルを使ってケアをします。

いくつか人気の商品を紹介します。

【化粧水】クレイローション

ビーグレンクレイローション

ビーグレンの化粧品は2種類あります。1つ目はこちらのクレイローション。ニキビなどの肌トラブルは、肌が紫外線などの外的刺激を受けやすい状態になっています。そのため、ビーグレンのクレイローションは傷んだ肌を刺激から守る「うるおいのひと膜」を作り、肌トラブルのないコンディションへと導いてくれるのです。

【高機能化粧水】QuSomeローション

QuSomeローション

2つ目の化粧水は、角層を整えるペプチドが配合されており、理想な水分量を17時間キープしてなめらかな肌へと導きます。角層の奥まで美容液のように濃厚な成分が届き、角層のコンディションを整えてくれるのです。届いた成分はエイジングサインにアプローチし、肌本来のバリア機能を高めてくれます。化粧水のあとは美容液を塗り、乳液の役割であるビーグレンのQuSomeモイスチャーゲルクリームを使います。

【美容液】Cセラム/QuSomeレチノA/QuSomeホワイトエッセンス


美容液は3種類あります。「Cセラム」はビタミンCの成分が含まれてあらゆる肌悩みに、「レチノA」は年齢によるハリの悩みに、そして最近開発された「ホワイトエッセンス」は紫外線のトラブルに着目した美容液です。

人それぞれの肌悩みに合った美容液が選べます。

【ゲルクリーム】QuSomeモイスチャーゲルクリーム

ゲルクリーム

QuSomeモイスチャーゲルクリームは、肌のよれ・ハリ・皮脂・毛穴・乾燥に有効です。

特に、1日中乾燥のしない潤った肌にするため、潤う力を根本から高めてくれます。潤いをコントロールする、アクアタイド・アリスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸の4つの美容成分が角層の奥まで届き、乾燥のスパイラルから脱却し潤いの続くお肌をサポートしてくれるのです。

 

代表的な商品を紹介しましたが、ビーグレンでは肌悩みに応じたトライアルセットが8種類あります。
どれを購入すべきか悩む方は、以下のトライアルセットの内容も確認してみてください。

ちなみに、トライアルセットは7日間使えて、全て

スキンケアプログラム名 セット 内容量
トライアルセット1
ホワイトケア
スキンケアプログラム トライアルセット 1
  • クレイウォッシュ
  • QuSomeローション
  • Cセラム
  • QuSomeホワイトクリーム1.9
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム
トライアルセット2
たるみ・ほうれい線ケア
ビーグレン毛穴ケア
  • クレイウォッシュ
  • QuSomeローション
  • QuSomeリフト
  • Cセラム
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム
トライアルセット3
ハリ・シワケア
ビーグレン毛穴ケア
  • クレイウォッシュ
  • QuSomeローション
  • QuSomeリフト
  • Cセラム
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム
トライアルセット4
毛穴ケア
ビーグレンニキビ跡ケア トライアルセット
  • クレイウォッシュ
  • QuSomeローション
  • Cセラム
  • QuSomeモイスチャーゲルクリーム
トライアルセット5
ニキビケア
ビーグレンニキビケア トライアルセット
  • クレイウォッシュ
  • QuSomeローション
  • Cセラム
  • QuSomeモイスチャーゲルクリーム
トライアルセット6
乾燥・保湿ケア
ビーグレン 目元ケア
  • クレイウォッシュ
  • QuSomeローション
  • Cセラム
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム

365日間の返金保証や、24時間サポート

ビーグレンでは、365日間の返金保証や、24時間サポートもあるので初めての人でも安心してスタートできます。

また、どれを選ぶべきか迷うという方も、公式サイトではスキンケアのコンサルタントに電話やメールで相談できるようになっています。

自分に合う納得のいく商品がきっと見つかりますよ。

公式サイトで詳細をチェック
ビーグレンの公式サイトへ

トライアルセットはすべて1,980円