化粧品の使用期限を知っておこう。ビーグレンはどれぐらい?

化粧品の使用期限
カテゴリ:2018/12/20

あまり知られていませんが、食べ物に賞味期限があるように、化粧品にも使用期限というものが設定されています。しかし、使用期限を過ぎていると具体的にどういう問題が起こるのかよくわからないという人もいるのではないでしょうか。

また、商品によっては使用期限が記載されているものと、記載されていないものがあります。これらは何が違うのでしょうか。そこで、この記事では化粧品の使用期限の状況と、20代~40代の働く女性にとくに人気の高いビーグレンの製品の使用期限を紹介します。

bisaco
ビーグレンの使用期限は未開封の状態で2年」、開封後は3カ月以内を目安

化粧品に使用期限が決められている理由と記載するときのルール

まず、先にビーグレンの使用期限についてですが、「未開封の状態で2年」「開封後は3カ月以内を目安」と記載がありました。

化粧品に使用期限が決められている理由は、「古くなったものを使用すると肌トラブルを起こす恐れがあるから」です。化粧品には油脂などが含まれています。料理に使う油が時間の経過とともに劣化するように、化粧品に含まれている油脂も古くなると酸化してしまいます。

そうなると、過酸化油脂という成分に変化してしまい肌を必要以上に刺激するのです。また、化粧品が古くなったことによって、活性酸素が発生します。活性酸素は毛穴の開きやシワを促進したり、肌をかさつかせたりする性質があるのです。つまり、古くなった化粧品を使用すると、肌の健康のために使用するという本来の目的とは逆行して、肌の老化を加速させる可能性があります。

化粧品の使用期限は一般的に箱や本体に記載されています。実は化粧品の使用期限を記載する条件というのは、法律によって決められているのです。

その法律とは略称で「医薬品医療機器等法」と呼ばれるもので、名前のとおり化粧品以外の医薬品なども同じ法律でルールが決められています。医薬品医療機器等法は化粧品を製造する際は「内容量」「原産国」「厚生労働大臣の指定する成分」とともに、「使用期限」についても記載するよう求めています。

しかし、「製造又は輸入後適切な保存条件のもとで3年以内に性状及び品質が変化するおそれのある化粧品」という但し書きがついているのです。そのため、製造してから3年以内に品質が低下しない化粧品であれば、箱や本体に使用期限を記載する必要はありません。

箱を捨ててしまったりして使用期限が解らない場合は、未開封であれば適切に保存すれば製造年月から3年以上経過していても使用に問題がないといえます。

開封すると使用期限が短くなる?

開封すると使用期限が短くなる?

食料品の賞味期限でよく見かけるのが「開封後はお早めにお召し上がりください」という表示です。実は開封すると食料品の品質の低下が速くなるのと同じで、化粧品の品質が落ちるのも早くなります。本体や箱などに表示されている使用期限は、あくまでも「未開封のままで使用できる最終期限」というだけです。

つまり、開封を前提として決められた日付ではありません。それは、製造している段階では、その商品が売れるかどうかもわからないうえ、購入者が確実に使用するという保証はどこにもないからです。また、本体や箱などに表示されている使用期限は、その期日まで、購入した化粧品が適正な効果を発揮することを保証するものではありません。そのため、開封後の使用期限については、化粧品に同封されている説明書などに別途記載されていることが多くなっています。

では、反対に未開封であれば使用期限を過ぎていても使用して大丈夫かというと、そうとも言い切れません。なぜなら、使用期限は基本的に化粧品に含まれている成分によって決められているからです。一般的に使用期限は化粧品に含まれている有効な成分が適切に効果を発揮できる範囲で記載されています。

そのため、いくら未開封のものであっても使用期限が過ぎていれば、適切な効果を発揮してくれない恐れがあります。さらに使用期限が記載されていない化粧品についても、購入から3年以上経過していれば使用するのはやめておいたほうが無難です。

医薬品医療機器等法によると、3年以内に品質が劣化しないものについては使用期限を記載しなくても良いことになっています。しかし、逆にいうとどれぐらいの期間効果を持続してくれるかはわかりません。未開封・開封どちらの場合であっても、あまり古い化粧品を使わないほうが良いといえます。

ビーグレンの使用期限とは

気になるビーグレンの使用期限ですが、公式ホームページによると「未開封の状態で2年」「開封後は3カ月以内を目安」となっています。ビーグレンの製品は比較的容量の大きいものが多いので、口コミなどを見ても「3カ月で使い切るのは難しい」という意見もあります。

しかし、あまりにも節約して使っていたのでは本来の美容効果が期待できない可能性もあります。使い切るのが難しいと感じる人は、いつもより多めに使ってみてはいかがでしょうか。

また、公式サイトではビーグレン製品をお得に購入できる「定期お届けコース」が利用できます。定期お届けコースでは、発送周期を「30日、45日、60日」の3つのなかから選べるのがメリットです。お届け予定日は5日前までに連絡すれば、お届け日を最大で60日まで延長できます。開封後3カ月以内に使い切ることを基本に考えて、使い切れなければ延長するといった方法で利用すれば便利でしょう。

どうしても使い切れなくて手元にビーグレンの化粧品が余ってしまう場合には、「直射日光の当たらない涼しいところに置く」ことで長持ちさせられます。その際に気を付けるべきなのは「冷蔵庫に保管しないこと」です。冷蔵庫は直射日光も当たらず、室温も低いので長期保存に向いていそうですが、そんなことはありません。商品によっては成分が結晶化するなどの不具合が生じるケースがありますので、注意しましょう。

化粧品の使用期限は守らないと、肌荒れを起こす原因となることがあります。

ビーグレンの使用期限は「未開封で2年」「開封したら3カ月」が目安

使用期限を守って正しく使うようにしましょう。

公式サイトでキャンペーン情報をチェック!
ビーグレン公式サイトへ

トライアルセットは8種類から選べて1,980円(税込)!