ビーグレンのQuSomeローションはセラミドを増やしてくれるって本当!?

ビーグレンのQuSomeローション
カテゴリ:2018/12/19

うるおいに満ちた、すこやかな美肌をつくるために必要な成分といえばコラーゲンやヒアルロン酸が有名ですよね。確かに、肌の弾力をキープしたり水分を保持したりするためには欠かせない成分ですが、美肌に必要な成分はそれだけではありません。

すこやかな美肌をつくるためには「セラミド」の力が必要なのです。今回は、セラミドの役割についての説明や、セラミドを増やして定着させる働きが期待できるビーグレンのQuSomeローションについて紹介します。

知っていますか?セラミドの重要性!

セラミドは一言でいうと、肌の角質層にある接着剤のような存在です。そもそも、角質層は角質細胞という細胞がたくさん重なってできています。セラミドは、その角質細胞のすき間に存在していて、水分や角質細胞同士をつなぎとめる役割があるのです。

ちなみに、角質細胞のすき間に存在しているのはセラミドだけではありません。天然保湿因子(NMF)や皮脂膜もセラミドとともに存在して肌のうるおいを守っており、これらは細胞間脂質といわれています。そして、セラミドは細胞間脂質の約50%を占めている成分です。

実は、セラミドは約2億2千年も前に生まれた成分とされています。海にいた生物が陸に上がるという進化の途中で、乾燥から体を守るための成分が必要になり生まれたというわけです。そのため、肌の水分蒸発を防いだり、水分保持機能の改善をしたりといった働きのほか、外部の刺激から肌を守るバリア機能の役割も果たします。

充分な量のセラミドがなくなると、肌は乾燥するだけでなく、バリア機能が働かなくなり、肌荒れや肌の老化を招くので注意しましょう。

なお、セラミドは肌の奥から自然につくり出されますが、加齢や間違った洗顔・クレンジングによって減ってしまいます。40代になると20代の半分ほどに減ってしまうという報告もあるので、年齢を重ねれば重ねるほど意識したい成分といえそうですね。

また、洗顔・クレンジングでは肌に刺激を与えないよう心がけることが大切です。刺激の強い成分が含まれている洗顔料やクレンジング剤を使用することはもちろん、熱いお湯で洗顔をしてしまうこともセラミドを減らす原因となります。ほかにも、睡眠不足や紫外線によるダメージもセラミド減少の原因となる可能性があるので気をつけなければいけません。

セラミドは1種類だけじゃない!?

セラミドはすこやかな肌に必要不可欠な成分ですが、1種類だけではありません。実は、人の肌には7種類ものセラミドが存在しています。セラミド1はバリア機能や水分保持機能に優れ、セラミド2は水分保持機能が特に高い種類です。

セラミド3は水分保持のほか、シワを軽減してくれます。脂質バリア層をつくり、保持するのがセラミド4とセラミド5の2種類です。セラミド6はターンオーバーの促進やシワの軽減、セラミド7には細胞の増殖分化をコントロールする働きがあります。どのセラミドも重要な役割を果たしてくれているんですね。

また、化粧品のなかにはセラミドが配合されているものがあり、原料は大きく分けて4つです。1つ目は天然セラミドといって馬などの動物由来のセラミドで、親和性や浸透が良いのが特徴ですが、価格は高めになっています。

2つ目は植物性セラミドで米やコンニャクから作られており、コンニャク由来のタイプは安価でつくられるため注目されています。とはいえ、どちらも人の角質層に存在しているセラミドとは異なるため、効果には疑問が残ります。

3つ目は酵母からつくるバイオセラミド、4つ目は化学的に合成してつくる合成セラミドですが、この2つも本来肌にあるものとまったく同じというわけではありません。やはり、人の肌にあるセラミドの働きを得るためには、自分の肌でセラミドを生成できるのが安心といえるのではないでしょうか。

ビーグレンのQuSomeローションならセラミドを増やせる!?

セラミドの生成を促すには、ターンオーバーの促進や食べ物を意識する必要がありますが、QuSomeローションなら保湿をしながらケアできます。QuSomeには「保湿型ビタミンC誘導体」と「QuSome®」が配合されており、セラミドの生成をサポートしてくれます。

保湿型ビタミンC誘導体はセラミドの生成をサポートし、うるおいが続く肌に整えます。QuSome®はビーグレン独自の浸透技術で、スキンケア成分を角質層までしっかり届けて長時間滞在させることができるのです。また、QuSomeローションには、うるおいを保つアッケシソウエキスや、肌環境を整えて水分をより蓄えられるようにしてくれるアクアタイドも含まれています。疑似的なセラミドを外から補うのではなく、自分の肌で生成されるセラミドが増えるなんて魅力的ではないでしょうか。

さらに、ビタミンC誘導体にはコラーゲンの生成を促す作用や抗酸化作用、メラニンの生成を抑制する作用が期待できます。QuSomeローションなら、うるおいをアップさせながらワントーン明るい肌に導いてくれる期待ができます。QuSomeローションでセラミドの生成量アップが目指せるとはいうものの、セラミドを意識した製品はほかにもいくつかあります。そのため、ほかの製品と比べることなく、いきなり現品を購入してしまうのは勇気がいるという人は少なくないはずです。

そこで、おすすめするがトライアルセットです。QuSomeローションが試せるトライアルセットには、ローションのほかに洗顔料や美容液、クリームがたっぷり7日分入っています。7日間も使用できるので、QuSomeローションの実力をしっかり見極められそうですね。

すこやかな美肌をつくるにはセラミドが欠かせませんが、間違った洗顔・クレンジングや加齢によって減少してしまいます。しかし、ビーグレンのQuSomeローションならセラミドの生成量アップが期待できます。QuSomeローションで自分の肌でセラミドの生成を増やし、うるおいに満ちた肌を目指しましょう。

QuSomeローションはトライアルセットにも入ってます!
ビーグレンの公式サイトへ

トライアルセットは6種類から選べて1,980円(税込)!