主婦が稼ぐにはパートよりも在宅のWebライターがおすすめ!!

主婦が稼ぐにはパートよりも在宅のwebライターがおすすめ!!

家計を助けるために、また自分で使うお金のために主婦の方でも働きたい、稼ぎたいと考えている方は多いでしょう。

働く方法はいくつかあり、特にパートとして外で働くという方法が一般的ですが、ほかにも在宅で稼ぐ方法があります。その1つがWebライターとして働く方法です。

Webライターは最近副業として注目されているジャンルですが、実際にパートに出て働く場合とWebライターの仕事をする場合ではどちらの方が稼げるのでしょうか。また、Webライターになることで主婦に嬉しいメリットなども見ていきます。

パートで稼ぐかWebライターで稼ぐか

主婦がお金を稼ぐとなると、家事や子育てとの両立を考えて仕事を選ぶことでしょう。その中で、短時間でも働きに行けるパートは主婦でも始めやすい働き方であると言えます。しかし、家に居ながらにして仕事ができるWebライターという働き方を選ぶ方も増えてきました。

そこで気になるのは、パートとWebライターのどちらがより稼げるのかということです。どうせ働くなら効率よく稼げる仕事の方が良いはずです。では、パートとWebライターの収入についてざっくりと比較してみます。

条件として週3日程度、1日4時間程度で考えます。時給が850円のパートだとすると、850円×4時間で1日3,400円、それが週3日続きますから、3,400円×3日で週に10,200円稼げる計算になります。

一方Webライターの場合、案件によって単価が異なりますがだいたい時給にして1,000円とすると、1,000円×4時間で1日4,000円、週3日働けば4,000円×3日で週に12,000円稼げます。
もちろん、案件の単価や個人の仕事のペースによって時給換算分も変動しますが、概算ではWebライターの方が効率よく稼げることになるのです。

Webライターはどれくらい稼げる?

上記のような稼ぎ方が主婦の誰でもできるわけではありませんから、Webライターとしての収入もそれぞれに異なってきます。主婦でWebライターとして活躍されている方の収入は、月3万円程度の方もいれば月20万円程度稼ぎ出す方もいるのです。これは、案件の単価だけではなく個人がこなせる記事の執筆量や時間の取り方でも変わってくるものです。

Webライターの報酬は、記事の文字数と1文字当たりの単価で決定します。この文字当たりの単価は案件によって0.2円~0.3円くらいのこともあれば、1円以上の高単価のものもあります。できるだけ高単価の仕事をこなせるかどうかも収入の差となるでしょう。

また、仕事を続けてクライアントとの関係を築いていければどんどん高単価の仕事を任されることもありますし、自分が文章を書くスピードもアップします。最初は稼げないと思っても、続けていくことで収入をアップさせることは可能なのです。

▼どんな案件があるんだろう?まずは無料で会員登録
468_60

Webライターの仕事で注意すべきこと

パートに出るのに比べてWebライターの方が効率が良い稼ぎ方ができますし、主婦には嬉しいメリットもあります。ただし、いいことばかりではない面も覚えておきましょう。

例えば、パートに出ていると拘束時間内の管理は責任者が行ってくれますし、仕事の指示を受けてそのとおり動けばよいわけですが、Webライターは時間や仕事の進め方などの管理は自分自身で行う必要があります。自分1人ではついだらだらしがちという方には大変かもしれません。

また、執筆する記事には締め切りが設定されていますから、その期限を厳守することも求められます。そこまでのスケジュール管理ができるか否かはWebライターの仕事を続ける上で鍵となるでしょう。

また、体調を崩してしまったときに、誰かが代わりに記事を書いてくれるわけではありません。うっかり数日間寝込んでしまって記事が書けず、締め切りに追われることになったとしても、その責任は全て自分が負うこととなってしまうのです。そのことを心にしっかりと留めておいて、自己管理を行いながらWebライターの仕事を進めていくことが大切です。

Webライターなら主婦でも効率よく稼げる

Webライターの仕事の大きな魅力は、時間に縛られなくてもよい点です。パートで働くと拘束時間に加えて通勤時間も必要となり、その時間に合わせて家事や育児を行わなければなりません。

しかしWebライターの仕事なら自分の空いた時間に取り組めますから、家事の合間や子供が寝ているときなど、ちょっとした時間にコツコツと仕事ができるのです。

報酬の支払いに関しては、多くのクライアントでは月末締め・翌月末払いと設定しているところが多いですが、案件やクライアントによっては案件を納品した後にすぐ報酬が支払われる場合もあります。

もしすぐにお金が欲しい、また早く自分の仕事の成果を手にしたいという方はこうしたクライアントの案件を受けるとよいでしょう。パートではなかなか給与を即時払いしてくれるところもないでしょうから、案件やクライアントの選び方によってはWebライターの方が有利とも言えます。

また、Webライターへ発注される記事の内容には恋愛や結婚、育児や美容といったものが多くあります。自分が持っている知識を最大限に生かしながら、それをクライアントの要望に沿うように記事にするWebライターの仕事は、得意分野を生かすという意味でも主婦の方には始めやすいですし、やりがいのある仕事となるでしょう。

サグーワークスでは、さまざまなジャンルの案件が用意されているため、自分が得意な分野のものを選んで執筆することができます。さらに、プラチナライターのテストを受けて合格すればさらに高収入が狙えるため、自分の空き時間や得意ジャンルを生かしながら効率よく稼ぐことも可能なのです。

▼合格すれば高単価案件を請けられる!いきなりプラチナライターテストに挑戦してみる?
サグーライティングプラチナ テストに挑戦

スキルがつくと、次のキャリアも開ける!

Webライターとしてスキルをつけ、良い記事とは何かが理解できる・書けるようになると、さらに次のキャリアへの道も開けてきます。

記事の企画を行い、ライターに指示出しをする「編集の仕事」、ライターの記事チェック・修正指示を行う「校正&校閲の仕事」などは、ライター経験者にぜひ挑戦してほしい仕事です。1案件あたりの単価も高く、収入アップも望めます。

▼編集・校正・校閲のお仕事についての詳細はこちら
サグーライティング校正・校閲者

こぶたのまとめ

主婦の方でもしっかりと稼ぐために、サグーワークスは強い味方になってくれます。
まずは登録することから始めてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

みんなの感想文

この記事は役立ちましたか?
はい・・・9人 / いいえ・・・1人
  • 育児や家事で忙しい主婦の方にはWebライターという仕事は向いてるとわかりました。パートとWebライターとの違い、メリットデメリットもわかりやすくまとめてあって空いた時間で効率的に稼ぐことのせきる仕事だと思いました。
  • 主婦は家事や子どもの世話などで時間が不規則でパートもやりづらい環境の方も多いのですが、ウェブライターは場所も時間も選ばないので魅力的な仕事だなと思いました。子育てや美容など書きやすい分野をしっかり見極めて効率よく稼ぎたいものです。
  • 確かに在宅ワークは非常に稼ぎやすくオススメの仕事だと思います。しかし必ずしもライティングが万能であることはなく、自分の生活に合った方法で稼ぐことが大切だと思います。自分にとってライティングが合っていればいいですが、そうでないこともあるので、パートが悪いわけではありません。
  • Webライターのメリットとデメリットをわかりやすく説明されています。Webライターは効率よく稼ぐことができますが、自己管理をきちんと行う必要があるのでその点に注意してWebライターの仕事を頑張っていこうと思いました。
  • 在宅ライターの魅力は、外に働きに出なくてもいい点だと改めて実感しました。主婦にとっては外で働くよりもライターのほうが時間を効率的に使えると思います。書くスピードがアップしたら外で働くパートの時給に近づけるかも、と夢を持てました。
  • webライターなどの在宅ワークに興味がある人には読んでほしいです。メリットとデメリットのどちらも書いてあります。在宅ワークはパートに比べると良くも悪くも自分次第で収入が決まる可能性が高いですが、長い目で見るとメリットのほうが多いと感じました。興味があるので、まずは登録してみようと思います。
  • 主婦の方でもサグーワークスは多彩な案件があって、自分の得意分野をいかせる案件を見つけることが手堅く稼げるのはいいなと感じました。しかし孤独な作業でもあるので、自己管理はしっかりして案件に取り組んでいきたいです。
  • 体調と時間管理については、思い当たる節があり、以後気をつけようと心に決めました。私はまだ、いわゆるタスク形式の案件しか挑戦したことがないため、納期やスケジュール管理については、あまり意識したことがないのですが、続けていくなら気をつけなければ、と思いました。
  • 主婦がWebライターをするメリットだけでなく、気を付けなければならないことも書かれていて非常にいいと思います。お給料の支払われ方などにも触れられていてすごく参考になります。分かりやすい文章で、すんなり頭に入ってきました。
  • パートだけでなく、在宅でも多くのお金を稼げることがわかりました。 私はお金を稼ぐには外に行って長時間働く必要があると考えていたのですが、在宅ワークは自由に働く時間を選べるので、ハードルも低く感じました。
ページトップへ戻る