ライターはどこで募集しているの?初心者でもライターとして活躍する方法

ライターはどこで募集しているの?

ライターの仕事にチャレンジしたいけれど、どこで仕事を探せばいいか分からずお困りではありませんか?

ライターの仕事は、自分の生活スタイルや希望の収入などに合わせて働き方を選ぶことができる点がメリットとされています。そのため、ライターは比較的自由度の高い仕事として多くの人から注目されているというのが現状です。

この記事では、ライターの仕事の探し方やライターに求められること、初心者からスキルアップしていく方法などについて解説していきます。

▼すぐにお仕事を始めたい方はこちらから
468_60

ライターの募集ってあるの?

「ライターの仕事をしてみたい」と思っている人でも、求人情報誌などで「ライター募集」の文字を目にする機会はあまりないのが現実です。

「ライターの募集自体、本当にあるのか?」という疑問や不安を解決するために、どんな企業が募集をしているか、またどんなジャンルがあるのかを知っておきましょう。

どんな企業が募集しているの?

ライターの募集をしている企業は、実はたくさんあります。

企業のWEBサイトの運営やコンテンツ作成、雑誌の編集・取材ライターの募集は常時行われているため、「希望に沿った求人があるかどうか」を常にチェックしておくと良いでしょう。

また、ひと口にライターといっても、働き方はさまざまです。具体的には、出勤が必要であったり、完全に在宅で作業ができたりするなど、幅広い働き方があると心得ておきましょう。

加えて、雇用形態もさまざまであるため、契約前にはしっかりと確認をしておくことが大切です。

どんなジャンルのお仕事があるの?

幅広いジャンルの仕事にチャレンジすることができる点が、ライターとして働くことの魅力のひとつです。たとえば、ファッション関連であれば雑誌やECサイトなどの仕事があります。

また、ニュースはまとめサイトや個人のサイト、旅の情報は旅行雑誌や個人のブログなどというように、ライターには幅広いジャンルの仕事があることが理解できるでしょう。

他には、子育てに関する情報は、専門的な育児サイトに限ったものではありません。子育てはお役立ち情報のまとめサイト、コラム記事についてはwebでも雑誌でもさまざまなジャンルから依頼があります。

ライターの仕事では自分の得意なことや専門知識を活かせたり、これまでの人生経験を役立てることができるため、ますます注目が高まっています。

未経験でもライターはできるの?

未経験でもライターとして活躍することは可能です。求人のなかには、経験者のみを募集しているものもあります。

しかし、未経験者の場合でも、これから経験を積みながらどんどんスキルを身につけていけば、ライターとして十分活躍できるようになるでしょう。

ただし、未経験者であっても自分でブログを書いてみたり、積極的にスキルアップのための勉強をしたりすることは欠かせません。

ライターの仕事はどうやって探すの?

ライターの仕事の探し方を心得ておけば、安定的に仕事と収入を得ることにもつながります。

ライターとしての求人を探すときには、企業や個人との直接契約や、クラウドソーシングサービスを利用するなどのようないくつかの方法が挙げられます。加えて、ライター経験の有無によっても求人の探し方は異なるといえるでしょう。

ライターの募集のなかには、ライター経験者のみを募集している求人も多く見られます。そのため、ライター未経験者は応募することができない求人があったり、初心者にはハードルが高かったりする点は注意しておくことが大切です。

自分の経験やスキルに見合った求人を見つけて応募し、契約を結ぶことが仕事を長期的に得るためには必要といえます。

企業や個人と直接契約する

求人情報サイトや企業のサイトを閲覧していると、ライター募集の求人を目にすることがあるでしょう。求人情報を詳細まで確認して、条件が合えば直接契約ができます。

ただし、求人情報サイトや企業のサイトに掲載されている求人のなかには、ライターとしての経験や実績を求めているものも含まれるのです。求人に応募する際には、これまでのライターとしての経験や成果物の提出を求められることもよくあります。

したがって、これらの求人への応募は、ライター初心者や未経験者にとってはかなりハードルが高いといえるでしょう。

クラウドソーシングサービスを利用する

ライター未経験者が仕事を探すのであれば、クラウドソーシングサービスの利用が適しています。クラウドソーシングサービスなら、自宅にパソコンがあれば誰でも気軽に利用することが可能です。

また、クラウドソーシングサービスに登録する方法は簡単であるため、登録後はすぐにライティングの仕事に取りかかることができるというメリットもあります。登録したいクラウドソーシングサービスが見つかったら、まずはメールアドレスや氏名などを指示に従って順に入力していきましょう。

未経験者がライターの仕事を探すにあたっては、安全性などもしっかりと考慮する必要があります。登録後のトラブルを未然に防ぐためにも、複数のクラウドソーシングサービスを比較することが大切です。

そして、実際に利用している人の口コミを確認して、安全性が高いサービスかどうかをチェックするなどして検討を重ねると良いでしょう。

案件契約時の注意点

クラウドソーシングサービスには、非常に多くの案件があるという特徴があります。ライター未経験者に関しては、まずはその案件のなかから自分にできるものや、興味のあるものを選んで挑戦していくということが大切です。

また、スムーズに作業を進めていくためにも、「自分にできる作業量か?」「納期は間に合うか?」などという点を常に考えながら作業に取り組んでいきましょう。ライターは比較的自由度の高い仕事ではありますが、納期などは厳守する必要があります。

たとえば、案件が高単価であることだけにひかれて安易に契約してしまうと、トラブルにつながるかもしれません。契約をしても、結局は知識などが足りずに書けなかったり、納期に間に合わなかったりするなど、クライアントに迷惑をかけてしまうことになります。加えて、報酬はもらえないという最悪の事態を招いてしまうでしょう。

案件契約時には作業量や納期などをしっかりとチェックしておくことが欠かせません。

案件を選ぶときのコツ

多くの案件のなかから自分に合った良い条件の案件を選ぶためには、得意ジャンルから選んでいくことがポイントです。ライターを目指している人であれば、誰にでも得意ジャンルがあるでしょう。得意ジャンルに関しては知識量も豊富な場合が多いことから、作業のスピードもおのずとアップしていくものです。

また、案件を選ぶときには、詐欺などのトラブルを回避するためにも、クライアントの評価も重要なポイントといえます。大手のクラウドソーシングサービスであれば、クライアントの評価をチェックすることが可能です。

他には、報酬ばかりに目を向けないことや、継続して仕事がもらえそうかなどの事柄を、募集要項を通してしっかりと確認しておきましょう。

安定した収入を得られるための2つのポイント

ライターとして活躍するにあたって、「安定した収入を得られるかどうか」は重要なポイントです。安定的に収入が得られなければ、仕事を継続すること自体が困難となってしまうでしょう。

まず、収入を安定させたいなら、企業との契約を目指すことが欠かせません。ライターの場合、個人からの依頼は短期間の仕事であることがほとんどです。個人から継続した仕事を得ることは難しいため、企業と密接な関係を築いておく必要があるでしょう。

次に、ライターの収入に関しては、中長期的な視点で考えるようにすることが大切です。未経験である場合、収入面をすぐに安定させるのは非常に難しいといえます。仕事に慣れるまでは経験を積み、コツコツと仕事を続けていくようにしましょう。

個人だけではなく企業との契約をする

案件の募集要項を見ていると、個人のクライアントでも「継続あり」の案件は確かに見られます。しかし、個人の案件ばかりに集中して取り組んでいた場合、途中で仕事がなくなってしまうということも多々あるのが現状です。

個人の案件に関しては、プロジェクト自体が継続することが少ないことから、個人のクライアントがいなくなってしまう恐れもあります。したがって、ある程度の収入を安定的に得ていくためには、最初は個人の案件を複数こなしてライターとしての経験を積みながら、企業の案件にも挑戦していく必要があるでしょう。

中長期的に安定していればよいと考える

ライターが抱えている仕事には、単発で終わってしまったり、数カ月以上契約が続いたりするものもあります。そのため、毎月の収入に波があるのは当然と考えておいたほうが良いでしょう。

ライターのなかには、毎月の収入面の目標を掲げている人も見受けられます。

しかし、収入を目標にしてしまうと、気持ちの浮き沈みが激しくなってしまう恐れがあります。3カ月・半年・1年などのように長いスパンで捉えて、「自分が希望する収入が得られればOK」とシンプルに考えたほうが良いでしょう。

ライターに求められること

ライターとして案件に取り組み、成果を上げ続けていくためには、いくつかの事柄が求められます。スキルアップをしていくためにも、ライターに求められていることを把握して、意識しながら作業を進めていきましょう。

案件の意図を正確に読み取り分かりやすく書くこと

ライターとして案件に取り組んでいると、テーマやキーワード、文章構成などの指示が出ていることが多いことに気がつくでしょう。ライターは、それらの指示からクライアントの意図を正しく読み取って情報収集をし、指示内容に沿った記事を正確に、かつ分かりやすい文章で書く必要があります。

たとえば、ブログ記事の案件なら、ブログ運営者になりきった文章であることが望まれます。口語表現などを用いて執筆すると、より現実味を帯びた記事が完成するでしょう。また、コラムであれば主観ではなく、あくまで客観的な視点で書くことがポイントです。

このように、案件に応じて文章の書き方にも工夫をすることが大切といえるでしょう。

正しい情報を収集すること

ライターとしての仕事を続けていくためには、自分の得意分野や好きなことだけでは対応できない場面が多々あります。誰でも全く興味のないものをリサーチすることは苦痛に感じるものです。

しかし、正しい情報を集められなかったり、リサーチ不足であったりすると、分かりやすい文章を書くことはできません。加えて、文章の質も悪いというデメリットにもつながるでしょう。

ライターとして活躍したいなら、自分が興味を持っていることだけではなく、さまざまな事柄に対して好奇心を持つことが大切です。正しい情報を収集していくためにも、普段からなるべくいろいろなことに興味を持つことを習慣化しましょう。

薬機法のなどの表現ルールを理解すること

案件のなかには、美容や健康食品などに関する記事執筆の依頼も多く見られます。ただし、美容や健康食品などにまつわる記事を書く場合には、薬機法に引っかからない言葉を意識的に選ぶことが重要なポイントです。

薬機法については、正式名称を「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」といいます。たとえば、「アンチエイジング」や「治る」「効能がある」「改善する」などの表現はNGとされているため、文中で使用してはなりません。

したがって、こういった言葉を文章のなかで使いたいと考えるのであれば、他の言葉に言い換えて使う必要があると心得ておきましょう。

初心者がライターとしてスキルアップするコツ

初心者がライターとしてスキルアップしていくためには、いくつかのコツがあります。コツを知って忠実に守っていけば、初めは書くことに自信が持てなかったライターでも、十分に活躍することができるようになります。

たくさん記事を書いて経験を積む

ライターとして仕事をするためには、「文章がうまいことが大切」と思われがちです。しかし、最初から文章がうまい必要はありません。文章については、実際にたくさんの記事を書くことを通してだんだんコツがつかめるようになるものです。

たくさんの記事を書いてライターとしての経験を積みたいなら、クラウドソーシングサービスの利用を検討してみましょう。クラウドソーシングサービスのタスク案件は、文字数が少ないライティング案件を豊富に抱えているという特徴があります。そのため、ライター初心者はタスク案件から挑戦してみて経験を積むと良いでしょう。

情報収集力を高める

記事を書くためには、ネット検索などによって正確な情報を収集しておく必要があります。ただ、情報収集にばかり時間をかけていては作業が進みません。

特に、得意ジャンル以外の記事を執筆する場合には、必要な情報を集めるだけで膨大な時間を費やしてしまう恐れがあります。効率よく作業を行うためには、情報収集をするときには「素早く・正確な情報」を意識することが大切です。とにかく経験を積むことで情報収集能力を高めていき、質の高い記事を執筆できるようになりましょう。

過去の記事を見直す

過去に自分が書いた記事を見直すことで、修正点や自分の文章の癖が見つかる可能性があります。

多くの修正点を見つけたり、過去の文章のつたなさから恥ずかしさを感じたりすることは誰にでもあるでしょう。しかし、それは自分がライターとして成長した証です。ライターとしてスキルアップをするためには、悪い点に意識的に目を向けることも必要な作業といえます。

また、過去の文章を見直すことで自信もつくため、定期的に文章を見直して自分の癖やパターンを把握していくことが大切です。

苦手な分野にも挑戦していく

ライター初心者のうちは得意なジャンル、すでに知識があるジャンルを集中的に書き、とにかく経験を積んでいくことが大切です。

初心者の場合、得意なジャンルであると情報収集もスムーズに行うことができ、記事を執筆するスピードもアップしていくでしょう。しかし、作業に慣れてきたら、苦手分野のライティングにも少しずつ挑戦していくことが必要です。

ライターとして執筆可能なジャンルの幅を広げられれば、受けることができる仕事の量も必然的に増えます。仕事の量が増えれば収入アップにもつながるといううれしいメリットも期待できるでしょう。

スキルアップしながらライターとして活躍していこう

ライターの仕事の魅力は、自分の生活スタイルや希望の収入に合わせて、専業でもアルバイトとしてでも自由に働くことができる点にあります。

また、ライターの仕事というと専門的な知識や技術が必要と思われがちですが、初心者からでも経験を積みながら徐々にステップアップしていくことは十分に可能です。

ライターとして自分に合った自由な働き方を実現し、収入を得ていくための努力をしていきましょう。

▼まずは文字数が少ない案件から挑戦して、実績を積んでいってみませんか?
サグーワークスの詳細チェック&無料ライター登録はこちらから
468_60

この記事をシェアする

ページトップへ戻る