これで決着!文章上達のポイントで大切なのは「量」それとも「質」

これで決着!文章上達のポイントで大切なのは「量」それとも「質」

文章の上達にはさまざまな能力の底上げが不可欠です。さまざまな能力とは代表的なものとして、情報収集力、洞察力、理解力、表現力などが挙げられます。当然、こうした能力の向上には鍛錬が必要です。そこで多くのライター初心者が悩んでしまうのが、こうした鍛錬で重要なのは「とにかく量をこなすべきなのか?」それとも「徹底的に質にこだわるべきなのか?」です。この答えは、文章上達に必須となる2つの要件を知ることで導くことが可能です。以下、その要件を紹介しつつ、「量」と「質」の関係について解説します。

文章の上達に必須となる2つの要件

ライターとして文章の上達を考えるうえで外せない要件が2つあります。それは「執筆時間の短縮」と「執筆内容の美しさ」です。執筆時間の短縮とは、記事などを書き上げるために必要とされる時間を指します。執筆内容の美しさとは、文章の読みやすさ・わかりやすさ、すなわち記事内容の質を指しています。ライターとしての文章の上達には、両者のバランスがとても大切であることは言うまでもありません。

例えば、どんなに早い仕上がりであっても、読み難い文章、伝わらない内容では、誰のためにもなっていません。また、質の高い記事が執筆できたとしても、納期に間に合わないのではライターとして論外です。つまり、文章作成を上達させ、ライターとして活躍するためには、「執筆時間の短縮」と「執筆内容の美しさ(質の向上)」を両立させることが重要です。

初心者はとにかく量をこなし経験を積んで文章作成の効率を高めるのが得策

これは誤解されやすいのですが、決して初心者を理由に質の悪さを肯定しているわけではありません。質の向上について悩み過ぎてしまい、執筆量が減ってしまっては文章の上達は見込めなくなってしまうことを意味しています。仕上げを早くするためには、効率的な文書作成が必須となります。そして文章作成に限ったことではなく、物事や作業の効率化を目指すためには、一定量の経験と試行錯誤が必要不可欠です。

経験を通じて得たさまざまな日々の教訓を事後の作業に反映させることで全体としての効率を高めることができます。こうして、文書作成の効率化に取り組むことで記事1件あたりの執筆に要する時間を短くすることができ、結果として同じ執筆量であっても時間に余裕が生まれます。こうした取り組みによって生まれた時間的な余裕は、質の向上に極めて重要な役割を果たします。

効率化に伴って生まれた時間的な余裕は質を向上させるための好循環を生む

精神的にも時間的にも追い込まれた状態では良い仕事はできません。これは文書作成においても例外ではなく、作業に追われた状態での執筆は、質の低下を招きます。文書作成の効率化に伴って生まれた時間的な余裕は、質を向上させるための時間に充てることができ、この連鎖は文章の上達に極めて重要です。効率化が進めば進むほど執筆全般に余裕が生まれ、情報収集、記事構成など、文書作成にあたっての準備作業をより充実させることができます。

そして、表現方法や内容について熟考できる時間も増え、さらには推敲や校正に充てる時間も増加します。結果として、効率化に伴って生じた余裕は、間違いなく質の向上につながるのです。まさしく文書作成の効率化は、質を向上させるための好循環の起点といえます。つまり、文章の上達には質にこだわることも大切なのですが、そのためには量をこなして効率的な文章作成術を習得し、質向上に充てるための時間を確保することがとても重要なのです。

さらなる上達には扱う範囲を広げて質の安定を確保

文章の上達には「執筆時間の短縮」と「執筆内容の美しさ」が必須であることは上述したとおりです。さらなる上達を目指すためには「安定性」も重要な要素になります。安定性とは、記事の質にばらつきがなく、一定レベルの質が安定的に確保されている状態を指します。ライターとして活躍するためには、この安定性がとても重要です。なぜならば、質にばらつきがあると、実力に関しても不安定さが払拭できないからです。

質の安定を確保するためには、扱う分野を徐々に増やして考え方や知識に幅を持たせることが肝要です。これによって、さまざまな場面に対し柔軟な表現や対応が可能となり、その内容にも深みを増すことができます。

こぶたのまとめ

  • 初心者は「量」をこなして文章作成の効率化を目指すのが得策
  • 効率化は執筆時間の短縮だけでなく質向上のための好循環を生む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの感想文

この記事は役立ちましたか?
はい・・・9人 / いいえ・・・1人
  • 初心者はまず、量をこなすことを大事にするという点は頷けました。しかし、質向上のためには結局何をすればいいのかがわかりづらかったです。量をこなすことで、自らの知識を増やせば質は自然と上がってくるということでしょうか?途中から効率化の話になっていた気がします。
  • 私自身も、執筆活動が初心者なためかなり興味のある記事でした。初心者だからといって質の悪いものを執筆するのは良くないことだと感じてはいました。この記事を読んで、まず量をこなしつつ自ら試行錯誤を行っていきたいと感じました。
  • 文章を上達させるためのコツがわかりやすく書かれていて、大変に参考になりました。今まで文章を書く際に、自分はあまりにも途中で立ち止まり考えすぎてしまうところがありましたが、今後はまずたくさんの量をこなすことから始めたいと思います。そうすれば自ずと質を向上させることができるのではないかと勇気づけられました。
  • 自分自身も、ライターとしての実力がまだまだ足りない中で、量を優先するか、質を優先するか考えた時、とりあえず今は量をこなして経験値を増やしていこうと思っていたので、この記事は、まさに我が意を得たりという感じでした。
  • これからウェブライターを目指す人、サグーワークスでお小遣い稼ぎをしたい人、両方にとって有益な情報でした。初心者でも回数をこなせば要領が良くなり、ライティングのスキルを磨くことができると希望を持つことができました。
  • とにかく量をこなすことが大事だということがわかりました。いい文章を書きたいと思ってもこれまであまり文章を書くことに馴染みがなかったためなかなか納得いく良い文章を書くことが出来ませんでした。これからは文章を多く書くことで文章を書くことに慣れていくことから始めていきたいと思います!
  • 主婦ライターとしてとても参考になりました。専門的な知識が無いので、どうしてもごくごく一般的な誰にでもできるような内容の案件しかできないのですが、それですら他のライターと比べて質が悪いのではないかと初心者の頃から不安でした。記事の通り、とにかく量をこなしてみて、早く作成できるようになったら時間的な余裕を質の向上に充てたいと思います。
  • 記事にも述べられていたように執筆時間の短縮と内容の美しさが必要と言う事は記事を書く上でとても大切と言う事は今まで知っていました。ですが、記事を書く人がどのように取り組めば良い記事が書けるようになるのかを知らなかったので非常に役に立ちました。
  • 初心者こそ量にこだわる、これこそが上達の近道なのだろうと感じます。事実、学生の頃と違って文章を書くことが減った私は、今現在この感想を書くことにすら時間がかかっています。当面は質よりも量を意識し、上達へ自分を導いていきたいと思います。
  • 記事選びに悩んでいた際に読み、とても参考になりました。初心者として、まず字数の少ない記事で数をこなす習慣をつけよう!と気合いが入っています。ひと記事ごとに完成までの目標時間を決め、ストップウォッチも使用することで効率化への意識をさらに高めたいです。
ページトップへ戻る