小さな子供がいても大丈夫!webライターで月4万円稼ぐための方法

小さな子供がいても大丈夫!webライターで月4万円稼ぐための方法

子供を幼稚園に入れようと考えているお母さんは、子供が3歳を過ぎて入園するまでずっと子供につきっきりのため外で働くことは一切できないことが多いです。

それでも、「将来のために少しでも貯蓄したい」「家計の足しにしたい」などの理由から、「できれば仕事をして収入を得たい」と考えている方は多いのではないでしょうか。私もそうした中の一人でした。

私はWebライターとして仕事を始めて3年ほどになりますが、自身の経験から言えることは、幼稚園に入る前の小さな子供がいるお母さんでもwebライターとしてなら安定して収入を得ることが可能だということです。忙しい子育てや家事の合間に仕事をしながら、月に4万円を稼ぐ方法をご紹介します。同じように「小さな子供がいても働きたい!」と思っているお母さん方のお役に立てれば幸いです。

小さな子供がいても作業時間を確保するには

私は2歳と1歳と二人の子供がおり、保育園には預けずに子育てしながら完全在宅でwebライターとして仕事をして3年ほどになります。

現在ではクラウドソーシングを利用しwebライターとして月に平均して4万円ほどの収入を得ることができるようになりました。下の子が生後間もないころは少し仕事を休んでいた時期もありますが、下の子が生後4か月を過ぎて夜まとまった時間寝てくれるようになってから仕事を再開しています。

そんな私自身の経験から、忙しいお母さん方に作業時間を確保するためのアドバイスができるとしたら、

  • 朝1時間早起きする
  • 体を使った遊びで子供を疲れさせる(しっかり昼寝+夜早寝させる)
  • 子供の機嫌がいいときはリビングで作業する
  • 夫が休みの日は子供を見てもらって作業時間を確保する

ということくらいです。「こんなこと誰でもやってるよ!」という当たり前のことばかりでお恥ずかしいのですが、このやり方であれば子供たちはもちろん、ご自身や旦那さんの負担にもならずに在宅でのお仕事を続けられるのではないかと思います。

「1文字1円」を基準に仕事を選ぶ

webライターとして仕事を始めたばかりのころは、仕事の単価が安いことが多く、文章を書くという作業にも慣れていないため頑張っても月に数千円~1万円程度の収入にしかなりません。

私も初めのころは、夫が休みときに子供を見てもらいながら1日8時間作業しても1,500円程度にしかならず、時給に換算しては落ち込むほどでした。webライターとして仕事を始めてから半年ほどが経っても単価はいまいち上がりませんでした。

そこで、思い切って「1文字1円以上のお仕事しかやらない!」と決めて仕事を選ぶことにしました。これだけ単価の良い仕事はもともと数が少なく、かつ専門知識やスキルが求められることがほとんどなのですが、中には専門知識もスキルも必要ない場合があります。

そうした仕事を見つけるまでがまず一苦労ですが、私はどうにかして見つけた数少ない高単価の仕事にのみ応募することにしました。

過去の実績をアピールする

そうした高単価のお仕事に応募しても初めは落選することがほとんどでしたが、webライターとしての経験が長くなり、過去のお仕事実績ができてくるうちに応募の際にアピールできるポイントが増え、高単価の仕事に受かりやすくなりました。

継続的に文章を書いていたことで自然とweb向けの文章の書き方が身に付き、無意識に「自分が書きやすいジャンル」の仕事を選んだ結果、「得意ジャンル」というのも定まってきたおかげでwebライターとしての強みができたのではないかと思います。

依頼主との関係を大切にする

過去の実績を作るとともに高単価のカギになるのが、「依頼主との関係を大切にする」ことです。たくさんの仕事を流れ作業で行うのではなく、できるだけ相手とのコミュニケーションをとりながら仕事を進めていくのが理想です。コミュニケーションがきちんととれていれば双方の疑問や不安を解消できるとともに、結果よい仕事につながると思うからです。

▼サグーワークスなら面接やテストなしで、すぐに仕事を始められます。
詳細と無料ライター登録はこちら
468_60

この記事をシェアする

みんなの感想文

この記事は役立ちましたか?
はい・・・10人 / いいえ・・・0人
  • 手のかかる子どもがいて、webライターとして稼ぐのは難しいとあきらめていましたが、工夫次第で稼ぐことができるということがわかりました。依頼主との関係を大切にし、効率よくライティングのお仕事ができるよう頑張ろうと思いました。
  • 小さいお子さんがいるママでもWEBライターの仕事であれば手堅く稼げると知れてとても驚きました。WEBライターの仕事は基本的に場所と時間を選ばないのは、とても魅力的ですし、主婦や子育て中のままならではの視点で書ける案件がもっと増えたらいいなと思います。
  • 子育てとライターの仕事を両立させるのは難しいところがありますが、効率よく仕事をこなすためのポイントをしっかりと理解できました。また、収入額の目標を立てることで、モチベーションの維持につながることも分かりました。
  • 提案されていることが具体的で分かりやすかったです。子育てをしながら、いかに仕事をするための時間を作れるかが大切なのか分かりました。「1文字1円」の仕事を選ぶというのも、基準がはっきりしていて参考になりました。
  • 記事を読んで同じ主婦として共感できました。私は子供はいませんが、子供がいる人の気持ちはわかります。家事だけでも大変なのに子育てをしながら働くのは本当に負担が大きいと思います。在宅でウェブライターとして働けば、子育てや家事をしながら収入を得られるのは主婦には助かると思いました。
  • 実際に育児や子育てをしながら、在宅ワークで月に4万円を稼いでいる方のアドバイスはとても参考になりました。介護などがあり在宅ワークを選んでいるので、朝一時間早起きすることや主人に家事を少し分担してもらいながら続けていこうと改めて思いました。
  • 小さい子供がいる主婦にとっては心強く、励まされる文章でした。ただ「1文字1円以上の仕事」をどうやって探したら良いのかをもっと知りたかったです。私はライター初心者で、毎日目を皿のようにして仕事を探していますが、まだそのような仕事にほとんど出合ったことがありません。コツコツとまずは頑張っていきます。
  • ライターの仕事って、月4万円も稼げるんですね。子育てしながら、この収入が得られるのは主婦にとって大きいです。パートに出る時間もなくて困っていたので、家計の手助けになるようにライターに挑戦してみたいと思いました。
  • 働きたくても働けないという環境の人や、なかなか思うように稼げないと感じている人にとって勇気をもらえる記事だと思います。作業時間を確保するための体験談にもとづいたアドバイスは、子育てと仕事の両立に不安を持っている人にも出来そうな内容なので、読みやすく感じました。
  • ウェブライターの仕事であれば、小さなお子さんを子育て中でも時間や場所に左右せず仕事できるので魅力的だなと思いました。しかし効率よくお金を稼ぐには上手にスケジュールを組むのが一番大事なんだなと感じます。
ページトップへ戻る