自動生成VSライター 伝わる文章は人間にしか書けない!

自動生成VSライター 伝わる文章は人間にしか書けない!

AIと人間が共同で記事を作成し、その記事が中部経済新聞の創刊70周年記念として紙面上に掲載されたことを、アナタはご存知でしょうか? また、人工知能が執筆した『賢人降臨』が配信されたことについては知っていますか?

実は私たちライターが知らないところで、少しずつAIによる侵略ははじまっているのです!さすがに人間のような文章を書くAIは開発段階ですが、それでもシステマチックに文章を作るツールは、2017年現在、すでに手頃な価格で販売されています。

自動生成される文章と人が書いた文章の違いとは?

「記事自動生成ツール」はその名の通り、ボタンを「ポチッ」と押すだけで、あっという間に文章を作ることが出来るライターの敵みたいなツールです。

ただ、あくまでシステマチックに文章を作成するので、その出来は正直かなりお粗末。

自動生成ツールで作成される文章は、ざーっと読む文には「まぁ、読めなくはないかな」というありきたりな文章です。しかし、よくよく、作成された文章を読み込んでみると、内容が一貫しておらず、文章にちぐはぐ感が残っており、さらに文章の細部にまでこだわられてはいないので、「ただ作った」感がアリアリなのです。

ちなみに文章作成が苦手な人の文章も「ただ作った感アリアリ」だったりするので、ご注意ください!

自動生成ツールで作った文章も、文章作成が苦手な人のただ作った感アリアリの文章も、どちらも記事としての質は低いので、サグーワークスでは非承認扱いされてしまいます。

ただ作った感アリアリの記事を納品して非承認になるだけなら良いですが(良くはない)、実際には自動生成ツールを使った記事を納品した人には、何らかのペナルティが与えられることもあるので、絶対に自動生成ツールは使わないでください!

さて、ここで困るのは文章作成が苦手であるがゆえに、自動生成っぽい文章を書いてしまう人ですよね。一生懸命文章を執筆したのにもかかわらず、非承認扱いされてしまったら、とても悲しい気持ちになってしまいますよね?

そういった文章作成が苦手な人が、承認される記事を納品するためには、読み手の想像力を刺激する文章を書くことが大事なのです!

読み手の想像力を刺激する文章を書こう!情報をわかりやすく伝える工夫とは?

「私は怒った」だけの文章では、誰が、いつ、どんな風に怒ったのかわかりませんよね?

端的に言うと非承認扱いされてしまう、ただ作った感アリアリの文章は、読み手の想像力を刺激しない、情報量が少ない「私は怒った」みたいな文章です。

「私は怒った」だけでは、読み手が想像できる内容が少なすぎるので、読み手が面白いと思うことが出来ない…・・つまり、つまらない文章になってしまうのです。それでは「私は怒った」の一文をどうやって読み手の想像力を刺激する文章に変えることが出来るのでしょうか?

それは””文章を肉付けする””という方法です。
例えば「私は怒った」なら誰と・何を・どうして、という情報を付け加えましょう。

「私は怒った」 → 「私は、パパに冷蔵庫のプリンを食べられて怒った」

このように「私」が誰に怒って、なぜ怒ったのかというような情報を一文の中に盛り込むことで、誰もがその状況を想像することが出来るようになるのです!

たかが一文、されど一文。
たった一文であっても、いろいろな情報を肉付けすることで、情報をわかりやすく伝えることが出来るのです!

読み手の想像力を刺激する文章を書く例

  • 美味しそうなすき焼き → 雑巾のように分厚い肉が入ったすき焼き
  • 朝早く営業するお店 → 日が昇る前から仕込みをし、早朝の8時に開店するお店
  • 肌がキレイになる化粧水 → 赤ちゃんのようにツルツルぷにぷにの肌になれる化粧水

上記の例のように、一文に色々情報をプラスすることで、伝えやすい文章に変換することが出来るのです。

文章作成が苦手で、何度も非承認になってしまうという方は、調査内容から読み取れる情報を深掘りし、その調査内容に時間・場所・風景などの詳細な情報をプラスして、””自分だけ””の記事を作り上げることを、まずは目指してくださいね!

文章を書くのが苦手な人は一文に肉付けする意識を持とう!

サグーワークスのライターとして、承認される記事をバンバン書きたいと思っているのなら、改めて自分の文章を読み直し、「これじゃあ、読み手の文章を刺激しないな……」と思うような一文に情報というお肉を、どんどんと盛り付けてあげましょう。

たったこれだけのことですが、自動生成ツールでは書けないオリジナルの文章を作成することが出来ますよ!

「どうして、この記事も非承認になるの!?」と、なんど記事を納品しても非承認扱いされてしまう人は、一文を肉付けするということから、はじめてみませんか?

こぶたのまとめ

  • 自動生成される文章は、ただ作った感アリアリのわざとらしい文章で面白くない!
  • 自動生成される文章を納品すると非承認になるだけでなく、ペナルティも受ける
  • 私たちライターの仕事は読み手の想像力を刺激する文章を書くこと
  • 非承認にならない文章を書くには一文にさまざまな情報を肉付けすること!

みんなの感想文

この記事は役立ちましたか?
はい・・・9人 / いいえ・・・1人
  • とても参考になりました。自分の文章も肉付けがまだまだ足りないような気がして、ドキッとしました。説明文で肉付けをすると非承認になるような気がしますが、コラムでは使えそうですね。もっと自分の文章力をあげられるように日々精進します。
  • 自分で書いた文章と、AIの書いた文章では大きな違いがあり、自分の文章にはちょっとした肉付けが必要だと理解しました。やはり自動生成の文章よりも、自分で考えて書く文章のほうが独自の記事を書けると思います。
  • 非承認にならない文章を書くために様々な情報を肉付けするというテクニックは私もすぐに実践したいなと感じました。私はまだまだ未熟者ですが読み手の想像力を刺激できる文章が書けるように今後もより一層頑張っていきたいです。
  • 「自動生成される文章と人が書いた文章の違い」が、例も交えていることで分かりやすく書かれています。振り返ると、自分が面白いと感じた新聞記事も肉付けが良くされている文章だと思いました。自分自身が文章を書く時に参考にしたいです。
  • ツールを使わずに人間が書いた文章はオリジナリティがあり、ウェブライディングで好まれやすいことが理解できました。また、読み手の想像力を掻き立てるような文章を書くためのポイントをすぐに知ることもできました。
  • 文章に肉付けしていく大切さが分かりました。ただ文章を肉付けするだけで良いのか疑問が残ります。記事の例文を読んむとかえって肉付けするとイメージが悪くなったり、くどい印象を持たれるのではないかと思いました。
  • この記事を読み、自動生成がどのようなものなのか少し理解できました。現状では人が書くような機微のある文章を作成するのは難しいようですが、今後そうしたツールが出てきてもライティングが続けられるよう努力を重ねて、読み手の興味を引くわかりやすい文章作成を心がけていきたいと思います。
  • 自動生成された文章と人が書いた文章の違いについてはこの記事を読むことで理解できると思います。しかし、文章は書いた人の熱量がないと読み手の興味を惹くことができないと以前から考えていたので、あまり参考にはなりませんでした。
  • 実は、以前からとても気になっていたことでした。ゆくゆくはライターが不要な時代が来るのではないかと。けれど、この記事を読んだおかげで、そうではない可能性がとても高いことを知って安心しました。自信を失いかけている方に是非おすすめしたい記事です。
  • やっぱり、自動生成の文章だと味気なくなりますよね。もし自動生成に負けてしまったら、ライターとしての自信を無くしちゃいそうです。人間にしか書けない文章、そういう所も意識しながら、記事を書いていこうと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サグーワークス
ライティングで在宅ワーク!
                       
サグーワークスはweb上で気軽にできる、ライティングに特化した無料の記事作成ができる在宅ワークサービスです。在宅で好きな時間にお仕事できるので、すきま時間や副業などあなたの都合に合わせた稼ぎ方ができます!また、ライティングのテストを受けてプラチナライターになると、報酬もアップ!まずは、簡単なお仕事から始めてみませんか?いますぐ見に行く
ライター募集中