プラチナライターが実践する情報収集のコツとは?

プラチナライターが実践する情報収集のコツとは?

ライターとして質が高い文章を書くためには、情報収集が欠かせません。執筆をする時に、インターネットで色々なことを調べる人はたくさんいます。しかし、インターネット上に掲載されている情報は個人による判断で掲載しているものも多く、情報自体が古くなっているものもあるため、決して鵜呑みにしてはなりません。今回は、プラチナライターが普段どのようにして情報を収集しているのか、プラチナライターとして活躍するための対策についてお伝えします。

ケース1:官公庁のページを常にチェック

お金や法律に関する分野の記事を執筆する時には、特に細心の注意を払う必要があります。インターネット上の情報だけを基にして書いていては、その年に法改正があった場合などは、その記事自体が「間違い」になってしまいます。お金や法律に絡む内容の記事を執筆する場合には、官公庁の公式発表などをはじめとする一次資料を確認することが大切です。特に、経済産業省や国税庁などのホームページは使用頻度が高いため、ブックマークするなどして、いつでもチェックできるようにしておくと便利です。

ケース2:時には聞き込み調査も行う

ケース1を見ても分かるように、インターネット上にある情報がいつでもリアルタイムの最新の情報であるとは限りません。情報を確認していく上で「内容が古い」と感じた場合や、「真偽が分からない」と思った時には、その都度調査が必要です。個別に電話やメールで確認するなどして、必ず情報源にたどり着くことが大切です。情報の真偽について自信が持てないまま記事を執筆して案件を提出することは、ライターとして最もやってはいけないことだと言えるでしょう。

ケース3:書籍は常に最新のものを閲覧する

ライティングの仕事をしていくと、「ウェブよりも書籍の方が、信頼性が高い」と思われがちです。しかし、書籍の情報は一度出版されてしまえば、その後アップデートされることはありません。そのため、書籍の情報についても、古く信頼性に欠けているものも多くあります。書籍を閲覧する場合には、その書籍が初版発行された年を確認することがポイントとなります。そして、最新の書籍のみを扱うことが大切です。また、情報に関して疑問が湧いた時には、書籍とウェブの情報を比較して検討することも忘れてはなりません。

ケース4:複数の切り口を持つ

ライティングの仕事を続けていく時に同じような内容やテーマの記事を執筆する場合、単一の情報源だけを頼りにすると、視点が固定されてしまう可能性があります。特に顧客からの指定がない場合には、できるだけ多くの情報を収集し、その情報について検討を繰り返して精査していくことが大切です。ライターが多くの情報を持っているということは、複数の切り口を持っているということにもつながります。客観性のある記事を維持していくためには常日頃から情報収集を行い、複数の切り口を見つける努力をする必要があります。

プラチナライターは遠い存在ではない!

誰でも最初からプラチナライターとして執筆業務を行っていた訳ではありません。プラチナライターの中には、日々の案件に継続して取り組んでいく中で、徐々に力を身に付けていったという人も多くいます。初めはひとつの案件を完成させるのに時間がたくさんかかってしまったという人でも、ライティングのコツをつかんで根気強く取り組んでいくことで、プラチナライターへの道は開かれます。日常的に情報収集を行うことはもちろんですが、執筆の速度を上げて案件を完成させていくことで、記事そのものの価値が高まります。プラチナライターになるためには、努力することと文章力の向上が大切です。

サグーライティングプラチナ テストに挑戦

この記事をシェアする

みんなの感想文

この記事は役立ちましたか?
はい・・・10人 / いいえ・・・0人
  • サグーで一際輝いているプラチナライターですが、地道な努力をすることによって、夢ではないということが分かりました。聞き込みや調べものをしたり、常に新たな知識を吸収することによって、プラチナライターへの道が開けるのだと感じました。
  • 「プラチナライター」というのはあまり意識したことがなかったのですが、やはり違うなあと感じさせられました。情報に関するアンテナが、段違いで驚かされました。中でも「官公庁のページ」というのは盲点だったので、ぜひとも真似したいと思います。
  • 質の高い記事を書くために聞き込み調査をしたり、専門的なことはとことん調べて多くの情報を集めていることに関心しました。プラチナライターの方がどのようにライティングしているか気になっていたので参考になりました。
  • プラチナライターといえば雲の上の存在ですが、情報収集についてもプロフェッショナルだと感じました。特に聞き込み調査など、自分から正しい情報を集める姿勢がすごいです!少しでも文章の質を上げることでだんだんと近づいていきたいと思います。
  • この記事を読んで私自身、まだまだプラチナライターへの道は遠いなと感じました。やはり、ライターとしてある程度の収入を得ようとするためには記事に書かれているように、情報収集をこまめに最新のものを仕入れていく努力が必要であることを改めて感じた記事でした。
  • 情報源の取捨選択は大事ですよね。自分が記事を読む側だとしても大切にしたい習慣ですが、記事を書く側になるなら鉄則にしたいです。「複数の切り口を持つ」は意外とできないことなので、記事を書くときは意識しておきたいですね。
  • プラチナライターを目指す上での情報の探し方に関して参考になりましたし、実践していこうと思いました。情報は日々変化するので最新の情報を集めるために最新の信頼できる情報の取捨選択が必要なんだと知りました。プラチナライターを目指には日々の努力と継続が大切だとわかりました。
  • 日々更新されていく情報を追いかけることの大変さを、改めて知りました。情報収集も技術の一つ、ということですね。特に、情報更新の頻度が高い分野では公式ホームページなど、情報収集できるところが限られる可能性もあるのでは、とも思いました。
  • プラチナライターというと書き方にこだわりがあるのかと思いきや、意外と情報収集にかなり力を入れていることが分かったので驚きました。またネットの軽い情報ではなく、官公庁が公表しているものや最新の本など、幅広いこともわかり、自分も頑張ろうと思いました。
  • プラチナライターがどのように情報収集しているのか気になっていたのでこの記事を読めて良かったです。それにしても情報源が官公庁や最新の書籍など、かなり本格的な感じがしたので、やっぱりプラチナはレベルが違うな、と感じました。
ページトップへ戻る