2019/06/28
脱毛の基礎知識

妊娠中は脱毛サロンに通えない!その理由と出産後のタイミングを解説

「なんで妊娠が発覚したら脱毛サロンに通っちゃいけないの?」そう疑問に思われることもあるでしょう。「少しくらいならいいんじゃない? 」なんて思う方もいるかもしれませんね。

しかし、妊娠中に脱毛サロンに通うことは、決しておすすめできることではありません。今回は、妊娠中に脱毛サロンに通ってはいけない理由とともに、妊娠をきっかけに休会できる脱毛サロンなど、詳しくご紹介します。

妊娠中に脱毛サロンに通っちゃダメなの?

妊娠中に脱毛サロンに通う行為は、決しておすすめできることではありません。母子にとっても、脱毛効果に関しても、何らメリットはないのです。

「あと〇回でコースが終わるのに」「夏までに脱毛を終わらせたいのに」など、脱毛を続けたいと望む気持ちは持ってしまうものですが、妊娠していることがわかったのであれば、その時点で脱毛は中断するようにしましょう。

妊娠中に脱毛サロンに通ってはいけない理由

理由①|肌トラブルが起きやすい

妊娠中は女性ホルモンの働きが活発になります。また、妊娠中にのみ分泌される女性ホルモンもあり、お肌のトラブルが非常に起きやすい状態になるのです。

そのため、それまでの施術で何のトラブルがなかったとしても、妊娠中に行うことで予期せぬ事態になりかねません。

また、痛みにも敏感になりやすいので、施術によるストレスを感じやすくなるでしょう。

理由②|身体に負担がかかりやすい

例えば背中の脱毛をしていたとしましょう。施術のときにはうつ伏せで行うことになります。妊娠中に長時間うつ伏せでいることが、いい結果を生むことはありません。

また、それ以外の部位であっても、「長時間同じ体勢でいること」は、妊婦にとっては負担の大きなこととなるでしょう。

他にもジェルや薬品などの匂いに敏感になり、気分を悪くすることもあります。これらの負担はつわりを悪化させる要因ともなりかねません。

理由③|脱毛効果がほとんどない

「妊娠中に毛が濃くなった」という話を聞いたことはありませんか? 人体は身体を守るために毛で守ろうとするのですが、妊娠中はこれが顕著に表れます。

その理由は妊娠すると「プロラクチン」というホルモンが分泌されるようになるため。今まで毛が生えていなかった場所にも生えてくるようになるのです。

そのため脱毛効果はほとんど望めませんし、場合によってはすでに施術済みの部位にも毛が生えてくることもあるでしょう。

妊娠に気づかない場合は、胎児に影響ある?

「通っているときに妊娠が発覚した」ということもあるでしょう。このとき心配になるのが胎児への影響ですよね。

しかし、ご安心ください。脱毛サロンのフラッシュ脱毛程度であれば、母体や胎児への影響はないと言われています。

とはいえ、母体や胎児に影響はなくとも、お肌や体調には影響が出るかもしれません。念のため、産婦人科には脱毛サロンに通っていたことは報告するようにしましょう。

妊娠したら脱毛サロンは休止できるの?

妊娠中は脱毛サロンに通うことはできません。そうなると「妊娠したら脱毛サロンは退会しなきゃいけないの? 」という疑問が生まれますよね。

できれば今までの施術や時間、費用を無駄にしないためにも、休会という形を取りたいところです。

しかし、この可否は「脱毛サロンによる」となるでしょう。

中には無制限で休会させてくれる脱毛サロンもありますし、明確なルールがないためスタッフと相談せねばならない脱毛サロンもあります。また、退会という形で返金になる脱毛サロンもあるのです。

妊娠が発覚したのであれば、ご自分が通われている脱毛サロンに報告するのはもちろん、どのような対応をしてくれるのか、しっかりと確認するようにしましょう。

妊娠中に休会できる脱毛サロン

休会が可能な脱毛サロンを、一覧表でまとめてみました。

中にはプランによって異なる対応となることもあるので、ご自分がどの脱毛サロンのどのプランで契約しているのか、確認してみてくださいね。

また、再開するための条件もあわせてご紹介します。再開の目処をつけるためにも、覚えておくといいでしょう。

脱毛サロンプラン休会期間再開条件
キレイモ月額プラン要相談要相談
パックプラン最大5年授乳終了後
銀座カラー無制限プラン無期限生理が2回きてから
回数パックプラン無期限生理が2回きてから
ミュゼ無制限プラン無期限授乳終了後
フリーセレクトプラン5年以内生理が2回きてから
脱毛ラボ月額プラン要相談要相談
パックプラン1年~2年要相談
シースリー全プラン無期限生理が2回きてから

出産後、いつから脱毛を開始できる?

妊娠中は脱毛サロンに通えないことはわかりました。では、出産したらすぐに通うことができるのでしょうか?

結論から言うと、産後すぐに通い始めるのはおすすめできません。最低でも1年は期間を空けるようにしましょう。

授乳中はホルモンバランスが乱れやすく、体調不良となる可能性が高い時期です。また、肌トラブルも起きやすいため、まだ妊娠前のような安全性は確保できません。

また、子宮や骨盤がまだ元通りになっていないため、身体に大きな負担をかけることになってしまいます。

何よりも、乳幼児を育てながら脱毛サロンに通うのは難しい時期でもあるでしょう。

早く再開したい気持ちを抑え、1年ほどの余裕を持ってから、脱毛サロンに通い始めるようにしましょう。

関連記事

アトピーでも脱毛できる?アトピー&敏感肌の脱毛法

脱毛する時期は秋冬がいいって知ってた?夏だと手遅れになる原因

家庭用脱毛器の使用頻度は?効果的な使い方やポイントを紹介

埋没毛は脱毛で改善できる?肌への影響・脱毛後の効果を解説

除毛クリームのメリット・デメリット。濃くなるって本当?

家庭用脱毛器と脱毛サロンならどっち?料金・期間・効果を徹底調査!

全身脱毛前に自己処理した方がいい?正しい処理方法を解説します

脱毛は痛いほうが効果がある?痛みを感じる理由を解説

脱毛は増税前に契約したほうがいい?10月以降の分割料金をサロンごとに紹介

全身脱毛と永久脱毛の違いとは|サロンとクリニック10選