ビーグレンホワイトケアで透明感のある肌を手に入れる

カテゴリ:2019/07/09

ビーグレンホワイトケアは、肌にできてしまったシミやくすみが気になる人のために販売されています。ホワイトケア トライアルセットには、ビーグレンが誇る、肌に艶を与え滑らかにする美容成分がたっぷりと入っています。

しかし、難しい美容成分名を言われても「何がどのように効くのかはわからない」という人も多いものです。そこで、ビーグレンホワイトケアに含まれている成分や、その配合成分に期待できる効果について紹介します。

スキンケアプログラム トライアルセット 1

↓まずはトライアルセットから始めよう!↓
公式サイトからホワイトケアを試す

ホワイトケアのトライアルは1,980円(税込)

ビーグレンホワイトケアってどんな成分が入っているの?

ビーグレンで販売されているスキンケアアイテムの中でも、特にシミやくすみに悩む人に作られているのがホワイトケア製品です。

単品での購入も可能ですが、洗顔料、化粧水、美容液と2種類のクリームといった5つのアイテムがピックアップされたトライアルセットも販売されています。トライアルセットは、単品購入よりも安い価格設定なので、気になる人は、まずトライアルセットから試すのがおすすめです。

ホワイトケア トライアルセットに含まれている5つのビーグレン製品を紹介します。

1.クレイウォッシュ

ビーグレン(b-glen)クレイウォッシュ(洗顔料)
まず、洗顔料のクレイウォッシュです。このアイテムは非常に細かい粒子で肌の汚れを吸着する天然クレイのモンモリロナイトが使われている点が特徴です。クレンジングでは落とせなかったメイク汚れや、古い角質のカスなどをきれいに落とすことが期待できます。

2. QuSomeローション

QuSomeローション
2つ目に化粧水のQuSomeローションです。角層の状態を整えてなめらかな肌にするホメオシールド、外部刺激から肌を守るバリア機能を作り出すアッケシソウエキスが含まれています。

また、ビタミンC誘導体の一種でコラーゲンの生成をサポートするVCエチルも配合されているのが魅力でしょう。VCエチルは、他のビタミンC 誘導体と比べて肌への浸透力が高く、即効性と持続性も持ち合わせているとされています。さらに、EDP3も含まれています。

3. Cセラム

ビーグレン(b-glen)セラム(美容液)
3つ目のアイテムは美容液のCセラム。この美容液には、高い即効性と美肌効果が期待できるピュアビタミンCが7.5%の高濃度で配合されています。Cセラムはビーグレン独自の浸透技術を用いることで、不安定な性質のピュアビタミンCを肌の角質層へと浸透させます。

4. QuSomeホワイトクリーム1.9

ビーグレン(b-glen)QuSomeホワイトクリーム1.9
4つ目のアイテムであるQuSomeホワイトクリーム1.9は、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ美白効果が期待できるハイドロキノンが配合されています。ハイドロキノンはシミの元であるメラニン色素を作り出す酵素、チロシナーゼの力を弱める効果が科学的に証明されているほど信頼性の高い成分です。

5. QuSomeモイスチャーリッチクリーム

モイスチャーリッチクリーム
5つ目のアイテムQuSomeモイスチャーリッチクリームには、肌に弾力を与えてシワなどの改善をする効果が期待できるポリアミン、アップレビティなどの成分が含まれています。また、肌を紫外線から守るハイビスカス花発酵液など、サポートに特化した美容成分も配合されています。

シミ、くすみができる原因とは

シミ、くすみができる主な原因は「紫外線」「乱れたターンオーバー」の2つです。人間の肌は紫外線を浴びることでメラノサイトという細胞がメラニンを生成します。

これは紫外線の強烈なダメージから肌を守るために起こる大切な細胞反応でもあるのですが、皮肉なことにメラニンが増えすぎてしまうと色素沈着を起こしてシミになってしまうのです。対策としては、日焼け止めやホワイトケア製品などでのスキンケアが有効といえるでしょう。

紫外線は、ターンオーバーの乱れにも関与してきます。良い状態の肌細胞は、一般的に28日間周期で生まれ変わるといわれており、その際に古い角質と一緒に蓄積されたメラニンもはがれ落ちて行くのです。

しかし、紫外線のダメージを強く受けてしまうと肝心のターンオーバーの働きが弱くなり、うまく古い角質やメラニンを排出できなくなります。すると、メラニンの蓄積が進んでしまい色素沈着が発生します。結果としてシミができたり、くすみのある透明感のない肌になってしまうのです。

ビーグレンホワイトケア使用時の注意点

ビーグレンホワイトケアの化粧品はシミ、くすみに悩んでいる人のための製品です。しかし、使用者の中には、使用により肌トラブルが発生したというケースもあります。これはホワイトケアに含まれている美白成分が影響した可能性が否定できません。

QuSomeホワイトクリーム1.9に配合されているハイドロキノンは塗布後に紫外線に当たることで酸化し、炎症を引き起こしてしまう場合があるのです。対策として、紫外線を浴びないように気をつけることです。

ビーグレン公式サイトでも、QuSomeホワイトクリーム1.9は紫外線の影響が少ない夜のみの使用が推奨されています。

スキンケアプログラム トライアルセット 1

↓まずはトライアルセットから始めよう!↓
公式サイトからホワイトケアを試す

ホワイトケアのトライアルは1,980円(税込)