クマやたるみの目元の悩みはビーグレンのアイケアに特化したクリームがおすすめ!

ビーグレンのおすすめ目元ケアアイテム
カテゴリ:2018/12/19

「年齢とともに目の下のクマが目立ってきた」「若い頃からクマが取れない」など、アイケアについて悩みはありませんか。目の下にどんよりとしたクマがあると、それだけで老けて見えるなど、周りにマイナスの印象を与えかねません。

目元のクマの原因は寝不足にあると思われがちですが、色素沈着や皮膚のたるみなど、寝不足以外の原因によりクマが引き起こされているケースもあります。

bisaco
目の下のクマが黒か茶か、原因に合ったケアが必要なんですね。

幅広い世代の悩みの一つである目の下のクマですが、色素沈着が原因の茶クマや皮膚のたるみが原因の黒クマは、適切なスキンケアにより改善へ導くことが可能です。

このコラムでは、クマが引き起こされる原因や、クマのケアにおすすめのビーグレンのアイテムを紹介します。すっきりした明るい目元を取り戻したい人は、ぜひ参考にしてみてください。

目元ケアのトライアルセットは公式サイトから
ビーグレン公式サイトへ

1,980円(税込)

クマは3つのタイプに分けられます

目元のクマを適切な方法で改善するために、まず自分のクマがどんなタイプなのかチェックしてみましょう。パソコンで目を酷使したり、睡眠不足やストレスで疲れが溜まったりしている人は、血行不良により引き起こされる青クマができている可能性があります。青クマの原因は、疲労などでの目の周りの血流が滞り、毛細血管の色が透けて見えていることにあります。青クマには日によって濃さが変わるという特徴があり、慢性的に冷え性の人も青クマになりやすいといえるでしょう。

青クマを治すには、肩こりや眼精疲労睡眠不足など、体の不調を改善することが大切です。体を健やかな状態に整えることで、明るい目元を取り戻すことができるでしょう。また、蒸しタオルなどで目元を温めるのも、一時的なクマの改善には効果があります。

目の下にくぼみがあったり頬がたるんでいたりして、上を向くとクマが目立たなくなるという人は、加齢が原因である黒クマができている可能性があります。くぼみやたるみがあると肌がでこぼこになってしまい、その部分が影のように見えることで、どんよりと重たい印象の黒クマができてしまうのです。黒クマを改善するには、目の周りの筋肉を鍛えたりマッサージをしたりすることが大切です。また、たるみを改善するケア用品を使って、目元にはりを与えるのも効果があります。

よく目をこする人や、メイクを落とさずに寝てしまうことがある人は、茶クマができている可能性があります。乾燥によるかゆみや皮膚炎などの肌トラブルがあると、メラニンが生成され目の下の皮膚に色素が沈着してしまうため、茶色っぽくくすんだ茶クマができてしまいます。茶クマは新陳代謝の乱れによるものなので、肌のターンオーバーを促し古い角質を落とすことで、目元のくすみの改善が可能です。落としきれなかったメイクも茶クマの原因となりますので、アイメイクは専用リムーバーなどで完全に落とすよう心がけましょう。ケア用品は美白成分が入ったものにすると、メラニンの色素を徐々に薄くすることができます。

ビーグレンのケア用品の特徴とは

目元にできた黒クマと茶クマは、適切なスキンケア用品を使用することで改善へと導くことができます。

黒クマの対策

トータルリペア アイセラム
ビーグレンのケア用品を使用して黒クマの対策をする場合は、「トータルリペアアイセラム」がおすすめです。

トータルリペアアイセラムは目元専用の美容液で、加齢や乾燥などが原因でたるんでしまった目元のハリをよみがえらせることができます。15種類の美容成分と「QuSomeアイリペアコンプレックス」とよばれる複合成分が配合されており、目元への確かな浸透力や高い持続性を実感することができます。みずみずしさと弾力を合わせ持つテクスチャーが特徴で、肌なじみが良いので、メイク前にも安心して使用できます。

茶クマの対策

QuSomeホワイトクリーム1.9

茶クマのには、「QuSomeホワイトクリーム1.9」がおすすめです。QuSomeホワイトクリーム1.9には、メラニンの色素を漂白しクマを目立たなくするハイドロキノンと、ハイドロキノンの働きを助ける3つの美容成分が配合されています。ハイドロキノンは、高いブライトニング効果を持つことで注目されている整肌成分です。QuSomeホワイトクリーム1.9を目元に継続して塗り込んでいくことで、色素沈着を改善し茶クマを目立たなくすることが期待できます。

デリケートな目元にも安心して使える低刺激性

目元の皮膚は敏感なため、ビーグレンの製品は安心して使えるのか心配という人もいるかもしれません。ビーグレンのトータルリペアアイセラムは、敏感な目元にも快適に使えるように、有効成分を微小なカプセルに閉じ込めることで、肌への刺激を軽減しています。

また、美白効果の期待できるハイドロキノンは、やや刺激が強い成分と言われていますが、QuSomeホワイトクリーム1.9に含まれるハイドロキノンは、濃度が1.9%と大変低く抑えられています。低濃度ながら独自の技術力でハイドロキノンの効果を引き出しているため、継続して集中ケアをすることで、色ムラの目立たない、明るい目元を手に入れることが期待できます。

ただし、これまでにスキンケア用品を使用して赤みやかぶれが出たことがある人は、事前にパッチテストを行ってから使用するようにしましょう。使い始めたあとに赤みなどが出た場合は、速やかにかかりつけ医へ相談してください。

ビーグレンの目元ケア用品は、継続して使用することで、気になる茶クマや黒クマを改善へと導くことができます。自分の肌に合うかどうか試してみたいという人は、1週間分のトライアルセットが販売されていますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

ビーグレン 目元ケア

目元ケアは緑色のラインのパッケージ
ビーグレン公式サイトへ

1,980円(税込)